三日月のポーズ

banner01-2

【三日月のポーズ】股関節を伸ばしてエネルギー充電!

デスクワークや日常生活の中ではほとんど伸ばす事のない足の付け根当たりや股関節をグーッと伸ばすポーズです。普段動かす事がない身体のパーツは結構固まっているかもしれません。最初はキツいなと思われるかもしれませんが、ご自分のペースで少しずつ慣れて行きましょう。戦士のポーズⅠの練習にも良いですね。腕も背筋も伸ばすので、エネルギーが湧いてくる感覚もみなぎってきますよ!身体だけでなく、弱ったココロにもエネルギーを与えてくれる、初心者でも行いやすいローランジの三日月のポーズです。

効能

ヒザ、足首、大臀筋(お尻の筋肉)、大腿四頭筋(太もも全面の筋肉)を強化。
筋肉の耐久性を高める

股関節や肩をストレッチ。
胸を広げる。
バランス感覚を養う。
消化を刺激する。
坐骨神経痛を改善
集中力や意志力アップ
ホリーバジル大

やり方

三日月のポーズのやり方

1. ダウンドッグからスタートします。

息を吸いながら、左足を前方に大きく踏み込み、両手の間に持っていきます

2. 息を吸いながら、左足を前方に大きく踏み込み、両手の間に持っていきます。

背筋は真っ直ぐ、右足の甲は床につけましょう。

3. 後ろの足のヒザを床に付けたら、両手を床から離し上体を持ち上げます。腰は前方に向けましょう。

後ろの足のヒザを床に付けたら、両手を床から離し上体を持ち上げます。腰は前方に向けましょう

4. 息を吸いながら、両手を天井に向けて伸ばし、頭上で人差し指を伸ばしたまま手を組みます。

5. 息を吐きながら、腰を床にグーッと下げます。

6. このままの状態で、数呼吸~30秒ほどキープします。

息を吐きながら、腰を床にグーッと下げた状態で、数呼吸~30秒ほどキープ

7. 余裕のある方は、息を吐きながら、首を伸ばし肩甲骨を真ん中に寄せるようにして、上体を反らします。数呼吸したら戻ります。

8. 両手を床に落とし、一度ダウンドッグに戻ってから、反対側を行いましょう。

▼Tips▼
腰は斜めにならないよう、真っ直ぐ前方に向けて行ってください。腰を落とす時は、尾骨を床に近づけるイメージで行ってみましょう。

※血圧の高い方、首やヒザに支障のある方はお控えください。他にも身体に故障のある方、妊娠中の方は必ずお医者さまの指示に従って行ってください。また、ヨガは食後2時間経ってから行いましょう。
img_cover041

630_165_20171113-02

女性チンキ

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. アロマテラピーの基礎知識
    今回からスタートのする「アロマテラピーの基礎知識」第1回目はアロマテラピーの歴史とエッセンシャル…
  2. デトックス
    【デトックス】解毒の鍵を握るのは胃腸!弱った胃腸の機能を修復するには? 現代人は、毎日の生活の…
ページ上部へ戻る