「香りを上手にブレンドするコツは?フレグランスを作る。アロアテラピーの基礎知識 第9回」

AdobeStock_64719161のコピー

Naturopathy全体

「香りを上手にブレンドするコツは?フレグランスを作る。アロアテラピーの基礎知識 第9回」

香りのバランスは「トップ・ミドル・ベース」 によって決まる。

エッセンシャルオイルはそれぞれ揮発するスピードによって「トップノート、ミドルノート、ベースノート」という3種類に分類されます。トップノートは分子量が小さく軽いため早く香り立ち、ベースノートは分子量が大きく重いため香り立つのが遅いのが特徴です。ミドルノートはその中間になります。この3つを上手に組み合わせると香りが広がって、持続性のあるフレグランスを作ることができます。

そのコツはトップ、ミドル、 ベースをバランスよくブレンドすること。「1:1:0.5」の割合にブレンドするとバランスのよく深みのある香りになります。
また物語に起承転結があるように香りにも「香りの始まり→始まりの続きと展開→エンディング」といったドラマチックなストーリーを持たせて上げることも大切です。
AdobeStock_158448405

トップノート
空気に触れるとすぐに揮発して香り立つ「香りのはじまり」のエッセンシャルオイルで主に柑橘系から採れるものが多い。
・香りの持続性:30分
スートオレンジライムマンダリンペパーミントレモンティーツリーグレープフルーツジュニパーベリー・プチグレン・ニアウリユーカリ

70925410■オーガニック マンダリン エッセンシャルオイル
柑橘系の中では最も甘く、なつかしさも感じる「癒やしの精油」です。ぐったりと疲れた日に、クタクタの心を温ため落ち着かせてくれるでしょう。その訳は緊張緩和作用が高いメチルアンソラニル酢酸メチルという成分が含まれているためで、この成分は他の柑橘系には含まれていません。またマンダリンの浄化作用は消化を助け、肝臓や腎臓の機能を強壮します。このデトックス作用は血液循環やリンパの流れを刺激し、血液をキレイにする働きも促進してくれます。
https://shizenryouhou.com/shop/products/detail/101

 

ミドルノート
トップからベースまでの香りをつなぐ「始まりの続きと展開」のエッセンシャルオイル。香りが揮発するスピード、持続性ともに中間に位置します。(今回はトップとミドルの中間くらいの位置にあるオイルもミドルに分類します。)
・香りの持続性:2〜4時間

レモングラスパルマローザ、ローズ、ネロリ、ローズウッド、ローズマリーシナモンサイプレスラベンサラジャーマンカモミールローマンカモミールイランイラン、ブラックペッパー、ラベンダーパインブラックスプルースホリーバジルオレガノゼラニウムクラリセージ

70925410■オーガニック パルマローザ エッセンシャルオイル
お肌の健康に優れた効果を持つパルマローザ。細胞の再生、肌のバリア機能を修復、乾燥、老化肌にも効果的。フェイシャルにもボディーにも、そして乾燥肌、オイリーな肌、どちらのタイプにもお使いいただけます。また過敏に反応する神経や、沈んでしまった気分を落ち着かせ、疲れや痛みを癒し、深い眠りに導いてくれる精油です。
https://shizenryouhou.com/shop/products/detail/31

 

ベースノート
香りが揮発するスピードが遅く、香りの持続性がよいので香りが長く続き、最後まで香る「エンディング」のエッセンシャルオイル。主に樹脂などから採れるオイルが殆どです。
・香りの持続性:5~6時間
シダーミルラフランキンセンスジンジャーパチュリサンダルウッド、ベンゾイン、ベチバー

70925410■フランキンセンス・セラータ エッセンシャルオイル
吸入すると心を静めると同時に高揚感も与えてくれることから、生命力が活性化すると言われています。フランキンセンスにはいくつか種類がありますが、フランキンセンス・セラータはレモン、シトラス、パインなどの香りを含み香りと品質において、最も豊かで洗練されているとされています。
https://shizenryouhou.com/shop/products/detail/27

 

ただしこれらは机上の知識で、実際にブレンドするにあたっては感性が一番大切です。ブレンドする時にはエッセンシャルオイルの香りを嗅いで、香りの組み合わせを楽しみましょう。特に自分のためにつくるフレグレンスであれば、その時に嗅いだ香りの中で一番気に入った香りをメインの香りに構成するのがおすすめです。なぜなら人は不思議なことに、その時に必要なエッセンシャルオイルを無意識的に選ぶ傾向にあるからです。
スタートキット小
また一般的に商品として販売されているフレグランスは香りに誤差がなく、いつも全く香りに出来上がっています。商品として販売されているフレグランスの殆どは合成香料でできているため均一の香りを作りだすことが容易です。反対に天然のエッセンシャルオイルで作る場合は天然であるがゆえに、香りを均一にすることは至難の技です。同じ種類であっても気候や収穫場所によって香りは全く異なりますし、またオーガニック、ワイルド、農薬使用によっても違いが出てきます。天然のものである以上、むしろいつも同じ香りという方が不自然とも言えます。

オリジナルの香りを作る工程

AdobeStock_29238406
メインの香りが決まったら、メインとその他に組み合わせる香りの候補をムエットにつけて組み合わせのバランスをみます。
メインの香りと合わせて3種類程度のエッセンシャルオイルを選んでください。香りのブレンドに慣れて、もっと深い香りにしたくなったら、組み合わせるエッセンシャルオイルの種類を増やしていくといいでしょう。

<フレグランスの種類とエッセンシャルオイルの割合>
パフューム 15〜30%
オード・トワレ 5〜10%
オーデ・コロン 2〜5%
AdobeStock_163625587
上記の割合でエッセンシャルオイルをアルコールで希釈することでフレグランスを作ることができますが、中でもパフュームはエッセンシャルオイルの割合が一番高く、香りが長持ちします。
スプレーボトルに材料を入れたら蓋をしっかり閉めて、日の当たらない場所で約1ヶ月寝かせてください。少し待ち遠しいですが寝かせることでアルコールの匂いが消え、全ての香りが一体となって熟成されます。1ヶ月後には熟成されたあなただけのオリジナルフレグランスが完成です!
定期セールバナー
banner03_630px
banner06

Miho

Miho編集スタッフ SHOP担当者

投稿者プロフィール

レシピとアロマ記事。アレルギーや慢性的な体の不調が改善された経験から「自然療法」にハマる。資格;調理師免許、アロマテラピー、CIDESCOエステティシャンetc…。マルチプレイヤーを目指して最近はNaturopathy SHOPのあれこれも担当しています。日々の経験から役立つ情報をお届けします!

◆Naturopathy SHOP 〜メディカルハーブ&アロマ〜
https://shizenryouhou.com/shop/

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. herb tea detox m

    2016-2-16

    本格的な花粉シーズン前に!「デトックスハーブティ」レシピ

    【本格的な花粉シーズン前に!「デトックスハーブティ」レシピ】 もうすぐ、いや〜な花粉症の季節。…
  2. bath salt rosem

    2016-2-13

    【バレンタインに心も体も温まるローズのバスソルト!】

    【バレンタインに心も体も温まるローズのバスソルト!】 世界中の女性に愛される香りの代表といえば「ロ…
  3. チョウセンゴミシSchisandra chinensis m

    2016-2-12

    【チョウセンゴミシ】~アダプトゲンハーブといわれる万能ハーブ~

    【チョウセンゴミシ】~アダプトゲンハーブといわれる万能ハーブ~ 中国北部、韓国、日本、ロシア極…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. marshmallow tea
    【マシュマロウ】~身体の外から内からよみがえる!粘液パワーを使いこなす方法~ 丸くてフワフワの…
  2. ladies overweight and slim with logo
    なぜ 減量が重要なの?その理由と方法を教える【身体のためのダイエット術】 テレビや雑誌、薬局な…
ページ上部へ戻る