抗酸化作用たっぷりの【柿とりんごコンポート】で免疫力アップ

柿とりんごコンポート

Sunrise banner 630_240

抗酸化作用たっぷりの【柿とりんごコンポート】で免疫力アップ

新年が始まりましたね。今年の抱負の1つがダイエット(健康管理)の方も多いのではないでしょうか。年末年始は一年で最も食べ過ぎや飲み過ぎになってしまう時期です。胃腸が疲れると免疫力が下がり、風邪を引きやすくなったりインフルエンザにかかってしまうなど、新年早々体調を崩してしまう方も多いかもしれません。今回は抗酸化物質やビタミンとミネラルをたっぷり含む旬の柿とりんごで作るコンポートをご紹介します。

抗酸化物質やビタミンとミネラルをたっぷり含む柿とりんごで作るコンポート

柿には腸内の健康やコレステロール低下には必須の食物繊維がたくさん含まれます。また、βカロテン、βクリプトキサンチン、ゼアキサンチン、リコピンなどのカロテノイド、抗酸化作用が高いビタミンCなどの栄養素が含まれています。

βカロテンには皮膚や目の健康を維持する他、中性脂肪や悪玉コレステロールレベルの上昇が原因で血管が詰まるのを防ぐ効果があります。βカロテンは調理することで栄養素が高まります。

カロテノイドの中でもリコピンに含まれる抗酸化作用は最も高く、ビタミンCと同様に免疫力を高め、風邪予防、疲労回復、美肌維持、老化防止にも効果的。

柿に含まれるカリウムはナトリウムの排泄をする役目があり、高血圧予防や筋肉痙攣予防に大切な栄養素です。また柿にはマンガンが含まれます。マンガンは糖質、タンパク質、脂質の代謝に関わり、骨の形成に必要なコラーゲン合成にも欠かせないミネラルです。

柿には渋み成分のタンニンも含まれているので、止血作用や二日酔い防止にも効果的です。

柿のタンニンは、止血作用や二日酔い防止にも効果的

お酒に含まれるエタノールは、肝臓で酸化されるとアセトアルデヒドに変わり、アセトアルデヒドは分解されて酢酸になるのですが、肝臓の働きが弱いと酢酸に分解しきれない為、酔いが早くなったり、二日酔いにつながってしまいます。タンニンは、アセトアルデヒドを吸着して排出する働きがあります。

また柿に含まれる酵素のカタラーゼもアルコール酸化や分解を促すので、血中アルコール濃度の上昇を防いだり、二日酔い防止にも効果があります。しかしタンニンを取りすぎると、鉄分と合体して鉄分の吸収を妨げるとも言われるので、貧血の方は食べ過ぎないようにしましょう。また利尿作用もあるので血圧を下げますが、体内温度を保つナトリウムが過剰に排泄しすぎると、体が冷える原因にもなります。

pickup03-herb tea
りんごにも柿と同じ様にビタミンCや食物繊維がたっぷり含まれ、カリウムも多く含まれます。クエン酸やリンゴ酸の有機酸も多く含むので抗菌作用、胃腸機能を上げたり、疲労回復に効果的です。レシピにりんごの皮を入れるのは、ペクチンが多く含まれるためです。ペクチンは、整腸作用を促して、下痢や便秘の予防になります。りんごに含まれるポリフェノールは活性酸素を抑える働きもあり、病気予防に繋がります。

りんごの皮はペクチンが豊富

生姜に含まれる辛み成分のジンゲロールは、血行促進作用、抗炎症、抗菌作用、整腸作用の働きを助けます。

シナモンは強力な抗酸化物質(ポリフェノールなど)が含まれ、抗炎症作用やインスリン抵抗性を下げる効果もあると言われるので、血糖値調整のサポートにもなります。シナモンは自然の食品保存料としても使われます。

生はちみつはミネラルを多く摂取できる

生はちみつを加えることで甘みが増すだけではなく、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸などのビタミン、そして鉄分、葉酸、亜鉛、カリウム、カルシウムなどのミネラルが多く摂取できます。また、酵素、抗酸化物質、オリゴ糖も多く含まれます。これらの栄養素が身体に溜まった毒素を出す作業をする肝臓のエネルギー源となり、デトックス効果が高まります。

栄養豊富で食材の味を楽しめるコンポートをジャムとしてパンやパンケーキと食べたり、焼いたお肉のソースとして使用してみてください。

材料 2カップ分

富有柿 3つ
ふじりんご 大1個
バター 大さじ1
赤ワイン* 50㏄
生はちみつ 大さじ 2
塩 少々
生姜のすりおろし 小さじ 1
シナモンパウダー 小さじ½
バニラエッセンス 小さじ 1

シナモンは強力な抗酸化物資を含む

作り方

① 柿は皮をむいて種を取って角切り。りんごはオーガニックであれば、皮つきのまま使う。種と芯を抜いて角切り。生姜はすりおろしておく。

② 鍋にバターを熱して、柿とりんごを中火で5分くらい炒める。ワイン、塩、ハチミツを加えてさらに6-8分煮る。沸騰してきたら、生姜、シナモン、バニラエッセンスを加えて弱火〜中火で20分ほど煮る(その際、蓋を1~3cm程ずらして置く。)。水分が少なくなって焦げそうだったら水を1/4カップを加えてかき混ぜて、さらに20分煮る。煮汁がなくなってとろみが出たら出来上がり。

★Tips★
*ワインの代わりにラム、オレンジジュース、アップルジュースでも代用可能。
*バターで柿とりんごを炒めるとコクが出てとても美味しくなりますが、バターは入れなくても美味しく仕上がります。

 

≪併せて読みたい≫

【富有柿(Fuyu)】~アメリカでも人気上昇中~

柿の渋が二日酔いにいい!!

【りんごの栄養は?】
pickup05-7 LA発 Organic herb tincturre

Asako Miyashita米国登録栄養士

投稿者プロフィール

宮下麻子 米国登録栄養士/Asako Miyashita, MS, RDN, CDN

ニューヨーク在住、米国登録栄養士。コロンビア大学教育大学院、栄養教育学科卒業後、生活習慣予防を始め、様々な疾患に対する栄養コンサルテーションを行う。特に甲状腺疾患、糖尿病、女性系疾患、副腎皮質疲労、ホルモンバランスの乱れ、女性系がん治療への食事療法が専門。様々なケースを診ているうちに食生活と肌について興味を持ち2015年に La IRIDE, LLCを設立。

ブログ:https://ameblo.jp/foodfortruebeauty/
ウェブサイト:www.asakonutritionsalon.com/
La IRIDE : www.la-iride.com/

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント



  1. ヨガポーズ

    2017-6-17

    腰痛は疲れのサイン?!腰痛を改善する4つのヨガポーズ

    腰痛は疲れのサイン?!腰痛を改善する4つのヨガポーズ 腰痛といっても痛みの程度や原因は様々でし…
  2. 第3チャクラ

    2017-6-13

    「自分を信じて前進できる!決断力の黄色いチャクラ」第3チャクラに効くエッセンシャルオイル&ブレンド

    「自分を信じて前進できる!決断力の黄色いチャクラ」第3チャクラに効くエッセンシャルオイル&ブレン…
  3. シーズスロー

    2017-6-10

    【コールスローの進化系!】小さな粒に栄養たっぷり「シーズスロー」レシピ

    【コールスローの進化系!】小さな粒に栄養たっぷり「シーズスロー」レシピ 暑い夏には食欲が落ちて…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. 芳醇な香りのローズミスト
    【ときめくバレンタインに】〜恋に効く!芳醇な香りのローズミスト作り〜 大好きな人の“記憶 ”に…
  2. ジンジャーのエッセンシャルオイル
    【精油:ジンジャー】~温め効果で身体も心も元気を回復~ ジンジャーはとても身近な食材で、味、香…
ページ上部へ戻る