デオドラントローション

banner02-01

「汗の匂いを抑えて気分もリフレッシュ!」夏のデオドラントローションレシピ

ジメジメした梅雨からじっとり暑い夏。湿度の高い時期に気になるのは「匂い」ですよね。
また季節の変わり目は、疲れやすく気圧の変化で心のバランスも崩しやすくなる時期です。そんな時にはアロマテラピーを使って爽やかに過ごす工夫をしたいものです。
今日はそんな時期にピッタリ。匂いを抑えて気分もリフレッシュするアロマのデオドラントローションレシピをお届けします。

<梅雨から夏にかけての季節の変わり目の生活アドバイス>
季節の変わり目には気分が落ち込んだり、悲しい気分になるという方にはアロマと併せてハーブの力を借りてみるのもおすすめです。自然療法ではセントジョーンズワートは鬱やイライラ、不安症などの症状に処方されるハーブで、サプリメントやハーブティーなどで気軽に摂取することができます。いつの間にか気持ちを落ち着かせてくれるので、感情的になりやすい方の「お守りハーブ」としてもおすすめなんですよ。
スイートモーメント

材料

精製水  95ml
グリセリン  5ml
レモングラスエッセンシャルオイル 4滴
ユーカリエッセンシャルオイル 6滴

レモングラスエッセンシャルオイル  → レモンのような爽やかな香りですが、柑橘系ではなくイネ科の植物の葉から抽出されます。抗菌、デオドラント効果が高いので気になる匂い対策にぴったり。香りを嗅ぐとドーパミンが分泌されるので、幸福感もアップ!

ユーカリエッセンシャルオイル → シャッキリ目の覚めるようなシャープな香りのユーカリは抗菌、高ウィルス効果が高く、頭をリフレッシュさせ集中力アップや怒りを鎮める効果も。レモングラスとの香りの相性もバッチリです。

※ レモングラス、ユーカリともに皮膚への刺激が強めの精油なので、0.5%と低濃度のブレンドにしてありますが、顔への使用は避けてください。

作り方と使い方

汗の匂いを抑えて気分もリフレッシュ!

1, 全ての材料をボトルに入れて混ぜます。

2,汗をかいてスッキリしたい時、コットンにとってやさしく拭き取ってください。気になる匂いや雑菌を抑えて、体も心もリフレッシュしますよ。

 TIPS 

レモングラスには虫よけ効果があるので、レモングラスの量を5滴ほど増やしてスプレーボトルに入れれば虫除けスプレーとしても活躍しますよ。ただしアルデヒド類という刺激のある成分も多いので、量を増やしたことで皮膚への刺激を感じてしまう方は皮膚に直接つけずに服などに使用してくださいね。

ハーブチンキバナー

pickup05-7 LA発 Organic herb tincturre

Miho編集スタッフ SHOP担当者

投稿者プロフィール

レシピとアロマ記事。アレルギーや慢性的な体の不調が改善された経験から「自然療法」にハマる。資格;調理師免許、アロマテラピー、CIDESCOエステティシャンetc…。マルチプレイヤーを目指して最近はNaturopathy SHOPのあれこれも担当しています。日々の経験から役立つ情報をお届けします!

◆Naturopathy SHOP 〜メディカルハーブ&アロマ〜
https://shizenryouhou.com/shop/

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント



  1. エネルギー浄化のバスソルト

    2017-1-24

    お家でスパ気分☆プレゼントでもらっても嬉しい!エネルギー浄化のバスソルト☆

    お家でスパ気分☆プレゼントでもらっても嬉しい!エネルギー浄化のバスソルト☆ 疲れた時こそゆっく…
  2. バッタのポーズ

    2017-1-21

    【バッタのポーズ】~背中のお肉にさようなら!お腹の調子もスッキリ快調!~

    【バッタのポーズ】~背中のお肉にさようなら!お腹の調子もスッキリ快調!~ お台所仕事、掃除や洗…
  3. 肩こり

    2017-1-17

    【肩こり何とかしたい!】肩や首筋に塗り込めば、痛み和らぐ。アロマのレシピ

    【肩こり何とかしたい!】〜肩や首筋に塗り込めば、痛み和らぐ。アロマのレシピ〜 肩こりは多くの方…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. 消化を助けるエッセンシャルオイル
    【胃腸の働きを助けるエッセンシャルオイル】お腹の調子が悪い時のアロマセラピー 消化に問題がある…
  2. アロアテラピーの基礎知識
    【精油を安全に使用するために知っておくべきこと】成分から考える使用の注意 アロマテラピーを行う…
ページ上部へ戻る