【精油:ヒソップ(Hyssop)】~聖なる植物で痛みや風邪の症状を改善~

ヒソップ

ユーカリグローブルス

【精油:ヒソップ(Hyssop)】~聖なる植物で痛みや風邪の症状を改善~

地中海地方が原産のヒソップは聖書にも載っている古い精油で、「聖なる植物」として宗教的儀式などにも使用されてきました。50センチほどに成長する多年草で夏になると青紫色の花を咲かせ、葉はハッカのような香りなので、肉・魚料理にも使われます。精油の香りは甘く、スパイシー。痰を切ったり、咳を鎮めたりするなど、気管支系の不調を改善してくれるためくれます。肌には、傷や打ち身の治療、特に傷跡を早く無くすのに使われ、また筋肉の痙攣、リューマチの緩和や予防にも効果があります。

セラピーとして利用する場合は

去痰、鎮痙(けいれんを予防・和らげる)、消毒、鎮痛(生理痛や疲れ)、解熱、瘢痕形成(傷跡を早く無くす作用)、消化を刺激促進、利尿等に使用します。

オイルの詳細

学名:  Hyssopus officinalis
科名: シソ科
抽出法: 水蒸気蒸留法
抽出部位: 全草
主な科学成分: ピノカンフォン、カンファー、α-ピネン、β-ピネン、β-カリオフィレン

ブレンドガイド

ノート: ミドル
相性のよいオイル: ベイリーフ、ラベンダー、ローズマリー、セージ、ユーカリ、アンジェリカ、ゼラニウム、イランイラン、サンダルウッド、ジャスミン、ミルラ

おすすめの使用法

咳、痰、鼻詰まりをやわらげたい時には、ボウルに熱いお湯を張って精油を数滴垂らします。頭の上からバスタオルをかぶり蒸気を吸い込んでください。
キャリアオイルとブレンドして、筋肉の疲労部位、消化不良や生理痛などにはお腹をマッサージ、傷や打ち身の患部には塗布します。

注意点

妊娠中、授乳中の方、また高血圧やてんかんをお持ちの方、そしてお子様へのご使用はお控えください。

ローズハイドロソルーNEW

ホメオパシーはインフルエンザに効果的?

【マグネシウム】~骨に大切なミネラルはカルシウムだけではない~

【リウマチ】~副作用の多い対症療法だけに頼らず、自然療法と組み合わせる事で完治を目指す~

Miho編集スタッフ SHOP担当者

投稿者プロフィール

レシピとアロマ記事。アレルギーや慢性的な体の不調が改善された経験から「自然療法」にハマる。資格;調理師免許、アロマテラピー、CIDESCOエステティシャンetc…。マルチプレイヤーを目指して最近はNaturopathy SHOPのあれこれも担当しています。日々の経験から役立つ情報をお届けします!

◆Naturopathy SHOP 〜メディカルハーブ&アロマ〜
https://shizenryouhou.com/shop/

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント



  1. アロアテラピーの基礎知識

    2017-12-26

    【精油を安全に使用するために知っておくべきこと】成分から考える使用の注意「アロアテラピーの基礎知識 第4回」

    【精油を安全に使用するために知っておくべきこと】成分から考える使用の注意 アロマテラピーを行う…
  2. 手荒れ、かかとのカサカサ解消

    2017-12-14

    【冬の必需品! 】手荒れ、かかとのカサカサ解消「すぐできる♪」アロマのレシピ

    【冬の必需品! 】手荒れ、かかとのカサカサ解消「すぐできる♪」アロマのレシピ 手指、かかとがカ…
  3. キャロットラペ

    2017-12-2

    風邪の季節の「免疫アップ」にモリモリ食べれる!キャロットラペ

    「風邪の季節の免疫アップにモリモリ食べれる!」キャロットラペ 風邪などのウィルスに負けない免疫…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. レモングラス
    【精油:レモングラス】~タイ料理に欠かせない食材。生薬としても古い歴史を持っています。~ レモ…
  2. アロマジェル
    【冷んやり包んで保湿する】肌タイプ別!今すぐ役立つアロマジェル作り 3つの肌タイプ、どれに当て…
ページ上部へ戻る