暑い日の栄養補給〜焼きトマトのサラダ&青じそドレッシング〜

焼きトマト-eyecatch

青汁

暑い日の栄養補給〜焼きトマトのサラダ&青じそドレッシング〜

毎日暑い日が続いて、料理をする気にならない方も多いのではないでしょうか。夏の食卓に良く上がる食材は素麺とよく聞きますが、それだけでは栄養不足になってしまいます。せっかく野菜が美味しい夏の間に旬の美味しい野菜をたっぷり使って栄養補給をしませんか。今回は簡単にできて栄養たっぷりの焼きトマトのサラダをご紹介します。焼くのが面倒と思われる方もいるかもしれませんが、フライパン1つで簡単にできます。トマト丸ごと一個使うので、水分もたっぷり取れて、冷たい飲み物の飲みすぎを防げたり体の冷え予防ダイエットしたい方にもおすすめです。

70925410■ メディカルハーブティー SURISE サンライズ
一年を通して「隠れ冷え性」が多い現代は、体の代謝機能が崩れやすく体調が悪化しやすい傾向にありますが、そんなときSunriseの温め効果が代謝を高め体調を整えてくれます。冷えが原因で食欲がない、胃が重いなど、本来の元気を取り戻したい、そんな方におすすめです。
\ホットでもアイスでも美味しいハーブティー/ https://shizenryouhou.com/shop/products/detail/115

 

トマトの95パーセントは水分ですが、食物繊維含有量も多いので腸の健康やコレステロール低下にも効果的です。そして風邪予防や美容に効果的なビタミンCが豊富で、中位のトマト1個には1日に摂取すべきビタミンCの量が約28%含まれます。妊婦さんには欠かせない栄養素でもある葉酸(ビタミンB9)は、細胞や組織機能を正常に働かせるためにとても大切で、夏バテや日焼けで弱った細胞再生にも欠かせない成分です。

tomatoes-630

そして血液凝固や骨の健康をサポートするビタミンK1も含まれます。油で焼くことにより目や皮膚の健康維持に必要なベーターカロチンの吸収が良くなります。赤い野菜に多く含まれる抗酸化物質の代表とも言われるリコピンはトマトにも豊富に含まれており、体の炎症を抑える役目をするので、特にガン予防に効果的と言われています。

リコピンはトマトの皮に特に多く含まれていますが、トマトの皮にはフラボノイドの一種のフラバノンの一種のナリンゲニンも含まれ、炎症を抑え、病気予防に効果的。またトマトにはコーヒーにも含まれるクロロゲン酸が含まれ、これは血圧を下げる働きがあると言われています。ドレッシングのしその葉は日本のアンチエイジングのハーブとも言われるくらいベーターカロチンや抗酸化作用が豊富です。他にもビタミンCビタミンEカルシウムも含み、ほうれん草やブロッコリーなどの濃い緑の野菜と同じくらい栄養が高い食材です。抗酸化作用の高い栄養素がたくさん含まれるサラダを食べて細胞を元気にして、体調を崩さないように楽しい夏を過ごしてくださいね。
*1日の摂取カロリー2000カロリーとした場合。

70925410■オーガニック ローズヒップ  四倍濃縮エキス

ローズヒップとはバラの果実。ローズヒップにはレモンの20倍と言われる大量のビタミンCが含まれています。他にもβカロチン、ルテイン、ゼアキサンチン、リコピン、ビタミンB群、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄、マンガン、リン、カリウム、亜鉛等非常に多くの栄養素を豊富に含んでいます。ローズヒップを摂取することでコラーゲンの生成を保ち肌の弾力を保つ効果が期待できます。また血管を健全な状態に保つことで鼻炎、むくみを改善します。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=72604183

 

材料 2人分

♥ トマト 大1個
♥ 水 ½カップ
♥ オリーブオイル 大さじ2、焼き具合によっては途中で足す。

大葉-630

<しその葉ドレッシング>
青しその葉 3〜5枚
 にんにく 小さめ1片
 醤油 大さじ1
 米酢 大さじ1
 オリーブオイル 大さじ½

★Tips★
*トマトはミニトマトでも美味しくできます。
*米酢はドレッシングの酸味を抑えたい場合は大さじ½に減らしましょう。

作り方

1. トマトはなり口の芯を取らずに深めに十字に切れ目を入れます。お尻側は縦に切れ目を入れて、横に3本、8当分になるように切れ目を深めに入れますが、下まで届かないように。

ドレッシングに入れる青じそは千切り、にんにくはみじん切りにします。醤油、米酢、オリーブ油と混ぜておきます。

tomato 切り方-630

2. フライパンに水1/2カップを入れて沸騰させ、トマトを丸ごと入れて蓋をして水分が飛ぶまで湯がきます。水分がなくなったらオリーブオイル大さじ2を入れてすぐに蓋をします。中火で5分焼き焦げ目が付くまで焼きます。焦げ目がついたらトマトが崩れないようにひっくり返してさらに5〜7分ほど焦げ目が付くまで焼きます。火力にもよりますので、焦げ目が付くまで焼くようにしましょう。

3. お皿にトマトを盛り付けて、アツアツのうちに青じそドレッシングをかけて召し上がってください。
img_cover041

Naturopathy全体Line kiji banner

Asako Miyashita

Asako Miyashita米国登録栄養士

投稿者プロフィール

宮下麻子 米国登録栄養士/Asako Miyashita, MS, RDN, CDN

ニューヨーク在住、米国登録栄養士。コロンビア大学教育大学院、栄養教育学科卒業後、生活習慣予防を始め、様々な疾患に対する栄養コンサルテーションを行う。特に甲状腺疾患、糖尿病、女性系疾患、副腎皮質疲労、ホルモンバランスの乱れ、女性系がん治療への食事療法が専門。様々なケースを診ているうちに食生活と肌について興味を持ち2015年に La IRIDE, LLCを設立。

ブログ:https://ameblo.jp/foodfortruebeauty/
ウェブサイト:www.asakonutritionsalon.com/
La IRIDE : www.la-iride.com/

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. moringa M

    2016-7-7

    【モリンガ】~抗酸化物質の宝庫「奇跡の木」~

    【モリンガ】~抗酸化物質の宝庫「奇跡の木」~ ここ数年話題になっているモリンガですが、実は40…
  2. portabella M

    2016-7-6

    【ポータベラ】~お肉の代わりにスーパーキノコ~

    【ポータベラ】~お肉の代わりにスーパーキノコ~ ポータベラはマッシュルームの仲間で、その栄養の…
  3. Lemons M

    2016-7-5

    レモンをもっと活用しましょう!

    レモンをもっと活用しましょう! ビタミンCやフラボノイド(抗酸化物質)が豊富なレモンは、心臓病…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. dehydration-eyecatch
    夏だけではありません!死に至る事もある怖い【脱水症状】とは? 暑い夏、沢山汗をかいて脱水症状が…
  2. chickpeas-eyecatch
    小さくて可愛い【ひよこ豆】には栄養が沢山!高タンパクで、ダイエット効果も! 薄いベージュで丸く…
ページ上部へ戻る