ガン治療にショウガ

630 アルファベース

【ガン治療にショウガ】~化学療法より効果的~

冷や奴やお寿司のガリ、中華料理などにも使われるショウガは、身体を暖める、殺菌効果があるなど大変ヘルシーで役に立つ食材として知らない人はいないと思います。そしてこの身近な食材はガン治療にも大変効果が高いという事が研究されています。

しぶといガン幹細胞

ガン幹細胞は腫瘍構成部のとても小さな部分ですが、自己複製能力があり分化をし続け、身体をめぐりガンを転移させたり再発させたりするガンの元です。また化学療法に対して抵抗力もあるという大変しぶとく死滅させるのが難しい細胞です。残念ながら化学療法ではガン細胞を死滅させられる率はそんなに高いわけではありません。ガン幹細胞は多くの抗ガン剤に耐性を持っていると言う研究者もいます。今のガン治療では大きな危険を伴いながらガン細胞を取り出したり、焼き切ったりしたその後に再発したりするわけですから、少しでも大元のガン幹細胞に対して効果を出せるのであれば、ガン治療にとって大変画期的な事なのです。

ジンゲロールとショーガオール

ジンゲロールという成分は生のショウガにふくまれる辛みの素で、唐辛子やブラックペッパーの辛みの元であるカプサイシンやピペリンの仲間です。血管を広げ血流を末端までよくする働きがあるので、冷え性改善に良いとされています。このジンゲロールが乾燥や加熱により水分がなくなると成分がショーガオールに変わり、胃を刺激する事により身体の芯を暖めてくれます。このショーガオールがガンに効く成分なのです。

副作用のない治療

アメリカのジョージア州立大学での研究で、ショーガオールによりネズミの前立腺腫瘍が56%も縮小し、抗酸化作用により炎症を抑える事が分かりました。別の研究ではショーガオールが、乳ガンの元のガン幹細胞を標的として優れた効果を発揮する事も分かったのです。卵巣ガンの成長、再発を止めたという治療報告もあります。新しい研究では、ショーガオールはガンを破壊する時に、ガン細胞だけを殺し他の健康な細胞には何のダメージも与えないことが分かりました。従来のガン治療のように患者に大きく有害な副作用を与えなくてすむという極めて大きな違いがあるのです。

もっとショウガを摂り入れたい

日本人にとって、ショウガはとても身近な食材です。この何十年の間に作られた化学療法などと違い、何千年もの歴史の中で人はショウガを使ってきました。身体を暖めたり、免疫力をアップしたり、炎症や吐き気を抑え、殺菌作用もあるなど身体も喜ぶ素晴らしい食材です。ガン予防も含めてもっと頻繁に摂りたいですね。

グルタチオン

【大腸がんを予防するビタミンBとは】

ジンジャー【Ginger】~薬味として簡単に摂れる身近なハーブ~

【乳がんを防ぐ生活習慣とは】~自覚症状が少ないから予防が特に大事~

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. グレープフルーツ
    【精油:グレープフルーツ】~爽やかな香りは、疲れた顔に笑顔を取り戻してくれる!~ グレープフル…
  2. メラトニン
    【メラトニン】眠りのホルモン。実は免疫力アップや抗がんにも効果的! 眠れない時や時差ボケの時に…
ページ上部へ戻る