サツマイモには脂肪燃焼効果も!

shutterstock_104772803

img_cover041

【サツマイモには脂肪燃焼効果も!】

サツマイモは、脂肪燃焼ビタミンであるビタミンB2を含み、糖分の吸収を抑制してくれるクロロゲン酸も豊富です。また食物繊維が多く、便秘解消にも効果的。

サツマイモのベネフィット

食物繊維は血液中のコレステロールを低下させる作用や血糖値をコントロールする働きがあり、大腸がん、高血圧、糖尿病などの成人病予防にも効果があり、ビ タミンCはリンゴの10倍以上も含まれており、細胞の結合を強化するコラーゲン生成を助ける機能や、免疫を強化し風邪を予防する働きがあります。 サツマ イモのビタミンCは、加熱調理しても糊化したでんぷんの作用により壊れにくいのが特徴です。

サツマイモの栄養辞典

ビタミンB2:
ビタミンB2は、3大栄養素の脂質・糖質・タンパク質を分解してエネルギーに変える反応を補酵素としてサポートする作用を持っています。 エネルギーを消費する為にはビタミンB2が必要なのです。
成長を促進したり、皮膚・髪・爪などの細胞の再生にも関係し、更にグルタチオン・ペルオキシダーゼという酵素と共に働いて、有害な過酸化脂質を分解する効果があります。


食物繊維:
食物繊維の定義は「人の消化酵素によって消化されない食物中の難消化性分の総体」とされ、昔は「食べ物のカス」として消化されず役に立たないものと評価さ れませんでしたが、近年では、腸内細菌による分解・発酵を経てエネルギー源になったり、短鎖脂肪酸に変化して様々な生理作用をもたらすなど、次々と健康効 果が明確になってきています。
食物繊維を大別すると、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維に分類され、不溶性食物繊維は、腸を刺激し働きを活性化させ、腸内に発生 した有害物質の排泄を促す作用があります。水溶性食物繊維は、コレステロールや糖質の腸内からの吸収を妨げ、血清コレステロールや血糖の上昇を抑制する作 用があり、脂質異常症や糖尿病の予防効果があります。


ビタミンC:
皮膚や腱、軟骨などの結合組織を構成するコラーゲンというタンパク質の合成に不可欠なビタミンで、有害な活性酸素から人体の細胞を守り、皮膚や血管の老化 を防ぎ、がんやストレスを抑制したりします。また、ビタミンEと一緒に摂取すると、この抗酸化作用はより一層効果的です。


ビタミンA:
ビタミンAには、動物性食品に含まれるレチノールと、植物性食品に含まれ、体内でビタミンAに変わるα-カロテン・β-カロテンなどのカロテン類があります。
皮膚やのど、肺、鼻、消化管などの粘膜を正常に保つ作用があり、感染症を予防し、免疫防御機構を活性化させる働きがあり、抗酸化力を持ち、有害な活性酸素を除去し、老化やがんの予防に効果を発揮します。


カルシウム:
カルシウムは、日本人に不足しがちなミネラルで、丈夫な歯や骨をつくり、筋肉と神経の働きをサポートします。
私達の骨は、新しい骨をつくる「骨形成」と古くなった骨を壊す「骨吸収」が繰り返し行われています。 この活発な骨代謝に最も関与するのがカルシウムなのです。
血液凝固や筋肉収縮、神経の興奮の抑制などのほか、細胞内外のカルシウム濃度を差を利用して、細胞の機能調節を行ったり、ナトリウムを排泄して血圧上昇を防ぐ作用もあります。

20160920-03

Unknown

img_cover040

Yuhei

Yuhei編集スタッフ

投稿者プロフィール

このサイトへの投稿記事を編集しています。
神経質でストレスをため込む性格が災いして、日本では何かと体調不良な日々を送っていましたが、ここカリフォルニアに移住して快適な青い空の下、食事やライフスタイルに気を付けながらの生活が功を奏したのか、今は毎日健康そのものです。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. グレープフルーツ
    【精油:グレープフルーツ】~爽やかな香りは、疲れた顔に笑顔を取り戻してくれる!~ グレープフル…
  2. メラトニン
    【メラトニン】眠りのホルモン。実は免疫力アップや抗がんにも効果的! 眠れない時や時差ボケの時に…
ページ上部へ戻る