shutterstock_tur

01

【毎日のターメリックが認知症のリスクを減らしてくれる】

認知症の原因となる老人斑は、50歳前後から増えていくといわれていますが、その原因自体まだわからないことが多いのが現状です。最近はその予防法もいろいろ考えられていますが、血糖値の高さと認知症との関連を研究した結果では血糖値が高いと認知症のリスクが高まることがわかっていて、糖尿病の合併症としての認知症対策もまた大事な1つになっています。

オーストラリアのモナシュ大学モナシュ・アジア研究所による研究では、まだ治療を受けたことがない糖尿病予備軍の人達の朝食にターメリック1gを与え、食事前と食後に認知能力に重要な能力のひとつであると考えられているワーキングメモリの評価を行ったところ、朝食にターメリックを摂った人達のワーキングメモリが向上し6時間以上も持続したという結果を示しています。

他にもあるターメリックの効果

ターメリックには他にも抗酸化作用やアンチエイジング効果、食欲不振や消化不良の改善、肝臓の強化、美肌効果などが期待できる注目の栄養素です。このターメリックが健康に良いといわれる理由はターメリックに含まれるポリフェノールの一種のクルクミンで、1,000種以上のもの成分が含まれているターメリックの中でもこのクルクミンが最も多く、胆汁の分泌を促進する作用があり、肝機能を強化すると共に腎機能を高める効果もあります。

カレーの黄色はターメリックの色からきていてインド人が健康を考えて毎日のように食べているのがターメリックです。日本ではウコンの名前でも知られていて健康食品としてのサプリメントや食材として売られています。毎朝1gほどのウコンを摂る事で認知症のリスクを減らすことができるのです。50歳を過ぎてから毎日の習慣にしたいですね。

メラトニン広告 630

630 DHEA

cm%e3%82%b3%e3%82%a2

Yuhei

Yuhei編集スタッフ

投稿者プロフィール

このサイトへの投稿記事を編集しています。
神経質でストレスをため込む性格が災いして、日本では何かと体調不良な日々を送っていましたが、ここカリフォルニアに移住して快適な青い空の下、食事やライフスタイルに気を付けながらの生活が功を奏したのか、今は毎日健康そのものです。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. エプソムソルト
    【エプサムソルト】お風呂でマグネシウム補給!リラックスしながらデトックスもできるバスソルト 疲…
  2. ブークー
    【ブークー】~自然の抗生物質、南アフリカのミラクルハーブ~ ブークー(Buchu)は1.5~2…
ページ上部へ戻る