【アルビジア(ネムノキ)】 ~暗くなると眠るように葉を閉じる植物は、ヒトを眠りに誘う効果も持っている!~

ねむの木

スイートモーメント

【アルビジア(ネムノキ)】 ~暗くなると眠るように葉を閉じる植物は、ヒトを眠りに誘う効果も持っている!~

今回ご紹介するハーブはアルビジア(Albizia)。当サイトではしばしば珍しいハーブをご紹介しているので、「アルビジアとは、また一体どんな珍物なの?」とドキドキしているあなた。どうぞご安心ください。日本では「ネムノキ(合歓木)」の名で親しまれているマメ科の落葉樹です。

ネムノキとは150以上の種を持つ属

夜になると葉を閉じ眠っているような姿になることから、日本で「眠る木」→「ネムノキ」と呼ばれるようになったこの植物。大きく生長し、刷毛のような美しい色の花を咲かせるネムノキは観賞用としても人気があります。

ねむの木の健康効果

ネムノキ(学名Albizia/アルビジア)とは、本来は植物学上の「属」名。ネムノキ属には150以上の種があり、アフリカ、マダガスカル、アジア、オーストラリア、アメリカなど、熱帯〜温帯に広く分布しています。日本でネムノキという場合、多くは“Albizia julibrissin”という種を指します。

伝統医学におけるネムノキ

ネムノキはアーユルヴェーダや中医学で古くから利用されてきました。生薬として使用される部位は樹皮、果実、葉、花です。漢方薬の「合歓皮」は“Albizia julibrissin” の樹皮を原料としたもの。アーユルヴェーダでは “Albizia lebbeck” という種も用いられるようですよ。
チンキのコピー

ネムノキ(属)に含まれる有効成分

ネムノキには、サポニン、トリテルペノイド、ケルセチン、イソケルセチンなどのフィトケミカルが高濃度で含まれています。

ネムノキ(属)の効果・効能

ネムノキは、内服・外用の両方で使用可能なハーブです。

♦ 抗不安作用

ねむの木は不安症に効果的

ネムノキは、古くからストレスや不安感を緩和する鎮静薬として利用されてきました。これは、ネムノキに含まれるケルセチンやイソケルセチンという2つのフラボノール配糖体(フラボノイド)が、神経系やストレスホルモンに働きかけ、過敏な神経を和らげることによるものと考えられます。

♦ うつ症状の緩和
神経の鎮静や体内ホルモンの調整を促すネムノキは、気分の改善にも寄与します。

♦ 不眠症の改善に

 

ねむの木の睡眠効果

暗くなると、まるで眠りにつくかのように葉を閉じるネムノキ。なんと、このハーブは、ヒトを眠りにいざなうことも可能なようです。心身をリラックスさせることで、安らかな眠りをもたらしてくれるのです。

♦ 抗酸化特性
強力な抗酸化物質であるフラボノイドやサポニンを含むネムノキ。万病の元凶である酸化ストレス(活性酸素・フリーラジカル)から細胞を守ります。

♦ 関節炎や痛風にも

ねむの木は痛風に効果的

ネムノキは外用剤としても使うことができます。抗酸化物質を有するネムノキは炎症を抑える効果も抜群!ネムノキのペーストを関節炎や痛風の患部に塗布すると、腫れは軽減し、鎮静作用によって痛みも緩和します。

♦ 肌を健やかに
ネムノキの抗酸化・抗炎症作用は、傷、湿疹、ニキビ、乾癬などの皮膚トラブルにも有効です。外用にて患部の炎症や刺激を取り除くことが可能です。

♦ 喘息や慢性呼吸器疾患にも

ねむの木は気管支疾患に効果的

喘息やアレルギー、慢性呼吸器疾患を抱える方にも、ネムノキは助けになるかもしれません。ネムノキが持つ抗炎症作用により、鼻腔や気管支の炎症を軽減し、咳や喘鳴(ゼーゼーという呼吸)を抑えます。

♦ 消化の助けに
パウダー状のネムノキを内服すると、水や食物に結合し、まるで食物繊維のような働きをします。消化を促し、腸の動きを規則的にします。

使い方

ネムノキを原料としたチンキ、パウダー、カプセルなどのサプリメントがあります。

ネムノキの樹皮を煎じて飲用する場合は効き目が強すぎる場合もありますので、慎重に使用する必要があります。

注意点

妊娠中や授乳中の方、健康上の問題や服用中のお薬がある方は、摂取をお控えください。
女性チンキ

Reference:
https://innovareacademics.in/journal/ijpps/Vol5Suppl3/7501.pdf
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6463593/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19168425
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20109037
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16481160
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10904180
http://interscience.org.uk/v5-i1/2%20ijahm.pdf
https://pdfs.semanticscholar.org/ec16/6ae97e18a455f53bb42b75b20c5a4f938ce8.pdf
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6150411/

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. 辛い頭痛を予防したい

    2016-11-14

    【頭痛】~辛い頭痛を予防したい!痛くて不機嫌になる前に~

    【頭痛】~辛い頭痛を予防したい!痛くて不機嫌になる前に~ 頭痛を経験した事のない人はいないと思…
  2. ビタミンC爆弾 ローズヒップペースト

    2016-11-12

    【ビタミンC爆弾!ローズヒップペーストの作り方】~風邪の季節に~

    【ビタミンC爆弾!ローズヒップペーストの作り方】~風邪の季節に~ ローズヒップは「ビタミンCの…
  3. オレンジピール

    2016-11-11

    【オレンジピール】~ちょっと苦いけどお腹に良いハーブ。リラックス効果もあるから、気分も前向きに~

    【オレンジピール】~ちょっと苦いけどお腹に良いハーブ。リラックス効果もあるから、気分も前向きに~…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. ピロリ菌
    【ピロリ菌】症状がなくても要注意!胃がんの発生率を数倍に高くする細菌 ピロリ菌は、一旦体内に侵…
  2. アボカドアイス
    コレステロールが気になる方も安心♪ 「Avocado Matcha アイスクリーム」 アイスク…
ページ上部へ戻る