カフェ酸

cm%e3%82%b3%e3%82%a2

【カフェ酸 (caffeic acid)】 ~ 今、研究者たちが有望視する成分 ~

かつて身体に有害と言われたコーヒーも、近年の研究によって、健康に有益であることがわかってきました。今回のテーマは、コーヒーに含まれる成分のひとつであるカフェ酸(caffeic acid)。カフェ酸は今、医学研究者の間で、様々な疾病・症状の予防や治療に利用できる有望な成分のひとつとして注目されています。

カフェ酸とは?

ポリフェノールの一種であるカフェ酸(化合物名3,4-ジヒドロキシケイ皮酸)は、コーヒーはもとより、多くの植物性食品に天然に含まれている成分です。ポリフェノールの最大の特徴とは・・・ そう、抗酸化作用が強いこと!このカフェ酸も例に漏れず、強力な抗酸化物質です。抗酸化物質は、万病の元凶である酸化ストレス(活性酸素・フリーラジカル)から細胞を守ります。また、カフェ酸は抗炎症、抗腫瘍、抗ウイルス作用も有します。

なお、名前は似ていますが、カフェ酸とカフェインは異なる物質です。(カフェインはアルカロイドの一種です。)

カフェ酸を含む食材

カフェ酸はニンニクに含まれる

カフェ酸を含有するサプリメントも存在しますが、カフェ酸は植物性食品から実に簡単に摂取できる成分なのです。カフェ酸を多く含むのはコーヒーですが、ワイン、ひまわりの種、ガーリック、キャベツ、りんご、ベリー類、カリフラワー、ケール、キノコ類、オリーブオイル、ターメリック、ナツメグ、シナモン、バジル、タイム、オレガノ、セージ等々、実に多くの野菜・果物・種子・ハーブ・スパイス類にカフェ酸は含まれています。

カフェ酸の効果効能

カフェ酸の利点を示す研究の多くは、主に動物試験やイン・ビトロ(in vitro: 試験管やシャーレ内でヒトや動物の組織を用いて行われる試験)によるものです。今後のさらなる研究でヒトへの有効性が確認され、臨床で利用され得ることが期待されています。

一部ガンのリスクを減少。ガン治療を助ける効果も。
研究者達がカフェ酸を有望視する理由のひとつに、ガン予防や治療応用への期待があります。それは、以下のような効果が研究で示されているためです。

まずは、イン・ビトロ試験およびがんモデルマウスを用いて行われた複数の研究で、カフェ酸には、乳がん、口腔がん、大腸がんなどのがん細胞の成長を阻害・抑制する効果がみられました。中でも、口腔がんに関する研究では、カフェ酸は口腔内の正常な細胞に悪影響を及ぼすことなく、がん細胞のみに作用することが示されました。この研究結果は、カフェ酸は化学療法の安全な代替法になり得る可能性があるということを意味しています。

カフェ酸はガンのリスクを軽減

また、コーヒー摂取とガン発生率の関連を調べた研究によると、カフェインレス(デカフェ)コーヒーでも、毎日飲用することによって、大腸がん発生率が低くなることが示されました。研究者は、カフェインの有無に関わらず、カフェ酸のようなポリフェノールがガンリスク軽減に寄与すると考えています。

ガンの予防だけではありません。カフェ酸はガン治療の副作用を減らす可能性もあります。抗がん剤の種類によって副作用が異なりますが、腎臓や肝臓などの臓器に悪影響を及ぼす抗がん剤もあります。動物試験およびイン・ビトロ試験にて、カフェ酸誘導体を用いることによって、このような抗がん剤の毒性を軽減できることが示唆されました。
pickup05-7 LA発 Organic herb tincturre
疲労回復
ラットを用いた研究では、カフェ酸によって持久力の改善、そして疲労マーカーの減少がみられました。

抗炎症作用
複数の研究により、カフェ酸が炎症源のみに反応することや、炎症に関与する酵素を抑制することが示されています。

糖尿病や心血管疾患の予防
糖尿病モデルマウスを用いた研究では、カフェ酸によって血糖値低下、そして炎症抑制効果がもたらされることがわかりました。また、別の研究で、カフェ酸が動脈硬化などの心血管疾患の原因となるトリグリセリド(中性脂肪)を減らすことも示されています。

お肌のアンチエイジングに

カフェ酸はアンチエイジングに効果的

ある研究で、ガーリックに含まれるカフェ酸をマウスの皮膚に局所的に塗布すると、UV-B(紫外線B波)を照射しても肌の炎症は抑制され、UV-Bを浴び続けることによって引き起こされるシワなどの肌老化を予防することがわかりました。

骨の健康にも!
酸化ストレスは、骨芽細胞と破骨細胞の活動を妨げ、結果として骨の健康を低下させます。抗酸化物質であるカフェ酸は酸化ストレスからこれらの細胞を守ります。

HIVの治療の助けに
カフェ酸およびカフェ酸誘導体は、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を阻害することが研究でも示唆されています。研究者達はカフェ酸自体がHIV治療に有効とは考えていませんが、カフェ酸を含む食材を日常の食事に取り入れることが治療のサポートになると期待しています。

まとめと注意点

ポリフェノールの一種であるカフェ酸には、身体や肌の老化、慢性炎症、がん、心血管疾患、糖尿病など、様々な病気の引き金となる酸化ストレスから細胞を守る効果が期待できます。

カフェ酸を摂取する最も簡単かつ効率的な方法はコーヒーを飲むこと。ただ、現時点では、カフェ酸の目標摂取量や許容量は明らかになっていません。また、カフェインなど他成分を含むコーヒーを過剰摂取すると、興奮、不眠、胃荒れなどを引き起こしますので、飲み過ぎは禁物です。

抗酸化物質を積極的に取り入れるには、コーヒーだけでなく野菜や果物など多種多様な食品をバランスよく食べること、加えて、過度のアルコール摂取・喫煙・大気汚染物質・加工食品を避けることが重要です。
01
Reference:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3774756/
http://jpet.aspetjournals.org/content/318/2/476.short
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10779629
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14625298
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19678956

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. デザートレシピ さつま芋と甘酒パフェ

    2019-11-16

    【さつま芋とりんごの甘酒パフェ】~秋の食材で作る食物繊維たっぷりスイーツ~

    【さつま芋とりんごの甘酒パフェ】~秋の食材で作る食物繊維たっぷりスイーツ~ 美味しい食材が出回…
  2. イエロードック

    2016-10-28

    【イエロードック(Yellow Dock)】~デトックス効果抜群のハーブ~

    【イエロードック(Yellow Dock)】~デトックス効果抜群のハーブ~ イエロードッグはお…
  3. おねしょ解決法

    2016-10-27

    【おねしょのお悩みに】~原因から探る!おねしょ解決法~

    【おねしょのお悩みに】~原因から探る!おねしょ解決法~ 赤ちゃんにオムツはつきもの。や…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. 戦士のポーズⅢ
    【戦士のポーズⅢ】ココロやカラダ、揺れてませんか?体幹を鍛えてバランス力アップ! 戦士のポーズ…
  2. シベリア人参
    【シベリア人参】旧ソ連のオリンピック選手たちが飲んでいた健康増進ハーブ! 人参というと朝鮮人参…
ページ上部へ戻る