マグネシウムオイル

ドクターサプリバナー

【新習慣!?】肌から取り込むマグネシウムのオイルの効能や作り方をご紹介!

マグネシウムは必須ミネラルの一つ。全ての臓器に存在しており、300以上もの生化学反応を起こして私たちの健康を支えてくれるミネラルです。骨の健康、血圧のコントロール、心臓を守る、インスリン伝達、筋肉や神経の機能の調整などに重要な役割を持ち、また便秘、偏頭痛、PMS、不眠などの症状改善に役立つ成分です。

アメリカ人の8割はマグネシウム不足と言われていますが、食の欧米化が進む日本人もマグネシウム不足が近年増えており、それに伴い糖尿病やメタボリック症候群などの生活習慣病が増えて来ているそうです。マグネシウムが密接に関連しているという訳です。

アメリカ人の8割はマグネシウム不足

マグネシウムは、海藻類、魚類、ナッツ類、豆類、玄米やキヌアなどの穀類、ケールやほうれん草など濃い緑の野菜類などに多く含まれていますが、食品からは十分に摂取できていない方も多いようです。マグネシウムは、サプリメントでも摂取できますが、実は皮膚からも摂取する事ができるのです。以前にご紹介したエプサムソルトをお風呂に入れて、皮膚からマグネシウムを吸収する法もありますが、今回はマグネシウムオイルスプレーをご紹介します。

 70925410マグネシウム(クエン酸) マグネシウムは筋肉をリラックスさせるので筋肉痛や筋肉のコリに有効です。また便を柔らかくして便秘を改善にも。クエン酸マグネシウムは吸収力が高いのが特徴です。
https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=70925410

 

≪併せて読みたい≫

【エプサムソルト】お風呂でマグネシウム補給!リラックスしながらデトックスもできるバスソルト

マグネシウムオイルスプレーって何?

マグネシウムオイルは、塩化マグネシウムのフレークと蒸留水を混ぜ合わせて作られた液体です。実際にはオイルではありませんが、この二つが混ぜ合わされると、ぬるぬるとオイルのような感触になる為、マグネシウムオイルと呼ばれています。このマグネシウムオイルを皮膚にスプレーして摂取するのです(経皮療法)。

マグネシウムオイルスプレーって何?

このオイルは自宅で簡単に作る事もできます。作り方は、記事の下部をご覧ください。

マグネシウムの経皮療法効果とは?

ある研究では、腕や脚からのマグネシウムの経皮療法は、線維筋痛症の痛み改善に効果があったと示されました。この研究では1か月間、一日に2回、腕と脚にマグネシウムオイルをスプレーをするという方法で行われました。線維筋痛症患者の中には、筋肉細胞のマグネシウムのレベルが非常に少ない方もいるそうですが、経皮による摂取が功を奏したようです。

別の研究でもスプレーなどによる経皮摂取を12週間に渡って行ったところ、細胞でのマグネシウムのレベルが平均で25.2%も上がった事が分かりました。

マグネシウムオイルスプレーの効果

マグネシウムオイルスプレーの経皮から摂取は、通常のマグネシウムの効果と基本的には同じですが、特にスプレーだから良いという効果をご紹介します。

筋肉の痛みを取る

マグネシウムには痛みを軽減する働きがある

マグネシウムには痛みを軽減する働きがあり、筋肉痛や神経痛など局所的に利用する事が出来ます。痛む患部に直接スプレーをしてマッサージすると痛みが早く軽減される事があります。

筋肉の修復
スポーツなど筋肉を沢山使った後の筋肉の痛みや炎症を改善します。患部にスプレーをしてマッサージすると筋肉がリラックスして早く回復できます。痛みを抑えるウインターグリーンやバーチなどの精油を少し加えると一層効果的です。

リラックス効果―良い眠りへ

マグネシウムのリラックス効果は、良い眠りに繋がる

マグネシウムのリラックス効果は筋肉だけではなく、良い眠りも繋がります。脳と神経系のGABA(神経伝達物質で、興奮を抑え神経を安定させる働きがある)の受容体をリラックスさせることで、身も心もゆったりとなり良い眠りにつけるでしょう。スプレーは夕方以降にする事をおすすめします。

マグネシウムオイルの使い方

腕や脚、腹部などに10~20回ほどシュシュっとスプレーします。筋肉などの痛みがあれば、患部にスプレーしください。最初の数回は、チクチクと痒みや刺激を感じる事がありますが、次第にその症状は無くなってきます。もし続くようでしたら、沸騰させた蒸留水で薄めてみてください。スプレーしたら、20~30分そのまま放置します。痛みがある場合は患部にスプレーして、マッサージをしましょう。皮膚に残る感触が気になる場合は洗い流したり、タオルで拭いてください。

劇的にマグネシウムのレベルが上がる訳ではありませんので、気長に続ける事が大切です。

マグネシウムオイルの作り方

«材料»
塩化マグネシウム 1/2カップ
蒸留水 1/2カップ
ガラス製スプレーボトル 1カップ入るもの

«作り方»
1. 蒸留水を沸かして火を止めます。
2. 塩化マグネシウムを加え、よくかき混ぜます。
3. すべて溶けたら、そのまま冷やします。
4. 冷えたマグネシウムオイルをスプレーボトルに入れて使います。常温で約6か月もちます。

※マグネシウムオイルスプレーはデオドラントとしても使えます。ラベンダーなどお好きなエッセンシャルオイルを少量加えてみるのも良いですね。

注意点

・皮膚に刺激が強い場合は使用を直ちに止めてください。特に敏感な方は、薄いマグネシウムオイルを少量使う事から始めて様子を見る事をおすすめします。
・抗不安薬などを服用している方は、リラックス効果が強くなり過ぎるかもしれません。その場合はマグネシウムオイルスプレーをお控えください。
・血圧を下げる働きがあるので、低血圧の方はご注意ください。
・何かしらの処方薬を服用されている方、体調に問題を抱えてらっしゃる方は事前に主治医にご相談ください。

≪併せて読みたい≫

【マグネシウム】~骨に大切なミネラルはカルシウムだけではない~

≪サプリメントでの摂取≫

マグネシウム(クエン酸)のご購入はこちら
総合ビタミン ミネラル高活性、高濃度

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. グレープフルーツ
    【精油:グレープフルーツ】~爽やかな香りは、疲れた顔に笑顔を取り戻してくれる!~ グレープフル…
  2. メラトニン
    【メラトニン】眠りのホルモン。実は免疫力アップや抗がんにも効果的! 眠れない時や時差ボケの時に…
ページ上部へ戻る