怖い慢性炎症

01

【炎症】~怖い慢性炎症~

「炎症=赤み+腫れ+熱感+痛み」。
このような症状の時、気持ちが滅入ってしまいますね。しかし炎症とは、生れながらにして備わっている身体の免疫反応(自己防衛反応)。体内に侵入した病原菌や有害物質への攻撃、死滅した細胞の排出、そして損傷箇所の修復にも関わります。「炎症なくして治癒無し」と言っても過言ではないほど、身体の健康を取り戻すための大事なプロセスですから、炎症時には「炎症さん、頑張って!」ぐらいの気持ちを持って、その数日間をなんとかやり過ごしましょう。

炎症が長い期間続くことを慢性炎症と呼び、この慢性炎症が多くの疾病を誘発することがわかってきた

とはいえ、これはあくまでも一時的な急性炎症であるときのケース。炎症が“必要以上に”長い期間続くことを慢性炎症と呼び、この慢性炎症が多くの疾病を誘発することがわかってきました。

炎症のメカニズム

病原体の体内侵入や組織損傷を感知すると直ちに業務開始です。まず毛細血管が拡張し、白血球やタンパク質を含む血液が患部へどっと流れ込みます(赤み・熱感の原因)。そのうち、患部付近に血液成分が溜まり(腫れ)、腫れが周囲の神経を刺激して痛みを引き起こすのです。病原体が退治されると、組織再生の過程に入ります。残存する細胞によって欠損・損傷した患部は補充され、組織は修復されるのです。

急性炎症と慢性炎症

急性炎症と慢性炎症の違いを簡単にまとめると、次のようになります。

急性炎症と慢性炎症

炎症を抑えるには?

炎症(急性炎症)とは、身体を治癒するために現れる一時的かつ不可欠な反応です。毎回必要というわけではありませんが、時には炎症を抑えることが回復の助けにもなります。また、慢性炎症の場合、炎症の抑制に取り組むことが、疾病症状の緩和や改善につながります。アスピリンやイブプロフェンのような非ステロイド性抗炎症薬は便利なのですが、長期服用による消化性潰瘍などの副作用が懸念されます。そこで、もっと自然なもので身体の抗炎症性を高めてみませんか?それは、ハーブ、食品、そして生活習慣です。

抗炎症効果のあるハーブ

慢性炎症の軽減には、抗炎症効果のあるハーブを摂取することもオプションのひとつです。確実な効果や安全性の面から、医師や専門家に相談してから摂取することを強くお勧めします。以下は、抗炎症効果のあるハーブの一例です。ハーブティー、サプリメント、チンキ、或いはスパイスとして入手できます。

慢性炎症の軽減には、抗炎症効果のあるハーブを摂取することが効果的

デビルズクロー
南アフリカ原産のデビルズクローに抗炎症効果があることは、複数の研究でも示されています。

ジンジャー
ジンジャーは、消化不良、便秘、疝痛などの胃腸疾患、そして関節リウマチの民間療法として何百年もの間用いられてきました。

70925410■インフラマコアー(炎症ストップ) ジンジャー(生姜根)配合
インフラマコアー(炎症ストップ)は慢性的な炎症を改善するのに必要な栄養素がブレンドさせています。特に胃腸系統への炎症を止めるのに有効です。新成分【カフェ酸フェネチルエステル】は蜂蜜のプロポリスに含まれる炎症を抑えることのできる注目の成分です。また炎症を抑えるだけでなく免疫細胞を正常にする働きがあります。
https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=52450202

 

ターメリック(ウコン)

ターメリックに含まれるクルクミンが炎症を抑える効果がある

ターメリックに含まれるクルクミンという成分には炎症を抑える効果があります。関節炎やアルツハイマー病に対するターメリックの治療効果については現在も研究が続けられています。

ヒソップ
抗炎症作用をもつヒソップは、気管支炎などの呼吸器系トラブルに効果があります。

炎症を抑える食品&炎症を悪化させる食品

これを食べれば炎症が即時におさまるという食品・食事療法はありません。しかし、免疫作用が必要な時に適切に働くよう、普段から体調を整えておくことは非常に大切なことです。

炎症と闘う身体づくりに最適な食品

鮭や鯖など脂肪の多い魚は抗炎症作用をもつ魚油が豊富

抗炎症作用を持つオメガ3不飽和脂肪酸は魚油に豊富に含まれているので、鮭や鯖など脂肪の多い魚を積極的に摂るようにしましょう。また、緑黄色の葉野菜(ケール・ほうれん草など)、オリーブオイル、トマト、ナッツ類、フルーツ(ブルーベリーやオレンジなど)、アボカドなども炎症改善に有効とされています。

炎症を悪化させる食品例
ファーストフード全般、脂肪分の多い揚げ物、精製された炭水化物、ソーダや糖分の多いドリンク、加工食品、赤身肉、マーガリンやラードなど。

生活習慣と慢性炎症

食事だけではありません。肥満、喫煙、運動不足、睡眠不足なども炎症を促進し、この炎症がやがて重大な病気へとつながっていきます。適度な運動、十分な睡眠を心がけてください。そしてアルコールもほどほどに!

ドクターサプリバナー

 

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. デザートレシピ さつま芋と甘酒パフェ

    2019-11-16

    【さつま芋とりんごの甘酒パフェ】~秋の食材で作る食物繊維たっぷりスイーツ~

    【さつま芋とりんごの甘酒パフェ】~秋の食材で作る食物繊維たっぷりスイーツ~ 美味しい食材が出回…
  2. イエロードック

    2016-10-28

    【イエロードック(Yellow Dock)】~デトックス効果抜群のハーブ~

    【イエロードック(Yellow Dock)】~デトックス効果抜群のハーブ~ イエロードッグはお…
  3. おねしょ解決法

    2016-10-27

    【おねしょのお悩みに】~原因から探る!おねしょ解決法~

    【おねしょのお悩みに】~原因から探る!おねしょ解決法~ 赤ちゃんにオムツはつきもの。や…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. 戦士のポーズⅢ
    【戦士のポーズⅢ】ココロやカラダ、揺れてませんか?体幹を鍛えてバランス力アップ! 戦士のポーズ…
  2. シベリア人参
    【シベリア人参】旧ソ連のオリンピック選手たちが飲んでいた健康増進ハーブ! 人参というと朝鮮人参…
ページ上部へ戻る