【ルバーブ】~野菜?フルーツ?甘酸っぱい味と香り、栄養満点の赤い茎~

ルバーブ

ドクターサプリバナー

【ルバーブ】~野菜?フルーツ?甘酸っぱい味と香り、栄養満点の赤い茎~

ルバーブは、日本ではまだあまり馴染みのない野菜かもしれません。タデ科の多年草で、太い根茎から成長し、赤い茎とグリーンの葉を持っています。中国では近種(大黄)の根が生薬(下剤)として数千年も使われてきたそうです。17世紀頃になるとヨーロッパに渡り、イングランドで食用として使われ始めました。というのも当時は、高価な砂糖は富裕層にしか買えなかったので、一般庶民は甘酸っぱい味のするルバーブをパイなどのデザートに使っていたのです。

ルバーブでパイなどのデザート

冒頭では野菜と言いましたが、アメリカでは1947年にフルーツとして分類されました。科学的には野菜、しかし分類はフルーツというちょっと珍しい植物なのです。実際使われるのも煮込みなどよりもジャムやパイなどが多いようです。ルバーブは野菜であってもフルーツであっても、私たちにとって重要なのは栄養が豊富で美味しいという事ですよね。

ルバーブにはどんな栄養が含まれているの?

ビタミンやミネラルが満載です。ルバーブにはビタミンB群、ビタミンC、ビタミンKなどのビタミン類、カルシウム、マグネシウム、カリウム、マンガンなどのミネラル類、食物繊維やタンパク質も豊富な上、ケルセチン、タンニン、βカロテン、ルテインやゼアキサンチンなどを含んでいます。

ルバーブにはどんな働きがあるの?

骨の健康に

ルバールは骨の健康に大事なビタミンKが豊富ルバーブには骨の健康にとって大事なビタミンKが豊富に含まれています。ビタミンKは骨の代謝に重要な役目を持ち、骨粗しょう症を予防するのに役立つ上、骨の形成や維持に重要なタンパク質のオステオカルシンの働きにも必要なビタミンです。カルシウムも含まれていますので、ルバーブは骨が喜ぶ食材のようです。

消化促進―便秘や下痢にも
ルバーブは古くから消化の問題に使われてきた生薬です。豊富に含まれる食物繊維が良い消化を促進します。便秘や下痢などの症状を緩和し、お通じを正常に規則正しくしてくれるでしょう。

脳の健康にーアルツハイマー病予防

ルバールはアルツハイマー病予防に効果的ビタミンKは脳や神経の健康にも重要な成分です。ビタミンKは脳細胞の酸化を防いで認知能力を刺激してくれるので、卒中、アルツハイマー病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの予防に役立ちます。

強力な抗酸化作用―ガン予防
ルバーブには、ケルセチン、ルテイン、ゼアキサンチンなどのポリフェノールが多く含まれていますが、これらはフリーラジカルから体を守る働きのある抗酸化物質です。シワの予防を始め、白内障や黄斑変性症、そしてガンの予防にも効果的です。

注意点

赤い茎の部分は食用として問題はありませんが、葉の部分はシュウ酸が多く含まれていますので、葉は食べないように気を付けましょう。

 

≪併せて読みたい≫
【ルバーブのジャム】抗酸化作用たっぷりの春の野菜~トーストはもちろん、オートミールクランブルとも相性ピッタリ~

DETOXチンキ

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. グレープフルーツ
    【精油:グレープフルーツ】~爽やかな香りは、疲れた顔に笑顔を取り戻してくれる!~ グレープフル…
  2. メラトニン
    【メラトニン】眠りのホルモン。実は免疫力アップや抗がんにも効果的! 眠れない時や時差ボケの時に…
ページ上部へ戻る