【葛Kudzu】もっと見直したい日本人にとっては身近なハーブ。更年期障害の症状改善にも!

葛

女性チンキ

【葛Kudzu】もっと見直したい日本人にとっては身近なハーブ。更年期障害の症状改善にも!

葛というと、漢方の葛根湯を思い出す方は多いかもしれませんね。今も風邪をひくと葛湯を飲むという民間療法を続けていらっしゃる方もいると思います。葛には体を温める効果があるからのようです。
葛は、漢方では大変古くから使われてきた生薬。マメ科クズ属、蔓性の多年草で、日本では秋の七草の一つでもあります。アメリカでもKudzuというスペルで知られ、サプリなどが販売されています。

葛は、漢方では大変古くから使われてきた生薬
葛がアメリカに渡ったのは1876年の事、南東部の土地が浸食されるのを防ぐ為でした。しかしその繁殖は恐ろしいスピードであらゆる物を覆いつくし、南部が葛に食べられてしまったと表現される程だったようです。そんな歴史もあり、アメリカ南部ではKudzuの葉はサラダや炒めものをしても食べられ、根はジャガイモのように調理されたり、葛粉はソースのとろみ付けや揚げ物の衣などに使われています。

葛にはどんな成分が含まれているの?

ケルセチン、ダイゼイン、ダイジン、プエラリン、ゲニステイン、テクトリゲニンなどのイソフラボンを含んでいます。これらのフィトケミカル(植物化学物質)は、抗酸化作用を有し、アルコール依存症の治療、血圧低下、抗炎症、風邪やインフルエンザ、また更年期の症状改善などに役立つ成分です。

葛にはどんな働きがあるの?

アルコール依存症の治療
葛がアルコール依存症の治療になるかという研究はいくつもあるようですが、飲酒の前に葛のエキスを摂取すると、アルコールを飲む量が減る事が明らかにされています。また、アルコール依存症患者がアルコールを飲まなくても大丈夫な日数が増えた事も報告されています。

アルコール依存症の治療に葛が効果的

更に飲酒の前に葛を摂ると、頭痛や吐き気などの二日酔い防止にも役立つとされています。

炎症を抑える
研究により、葛の根には炎症を抑える働きの他にも酸化を防ぐ作用も見つかったとされています。葛の根が今後、病気予防に役に立つ事が期待されます。

更年期障害の症状改善

葛にはエストロゲンに似た成分が含まれる

火照り、イライラなど気分のムラ、寝汗、膣の乾燥などは、代表的な更年期障害の症状です。葛にはエストロゲンに似た成分が含まれており、そんな更年期の症状を改善する働きの他、骨の減少を軽減したり、乳がんのリスクも低下させるという研究結果があります。副作用もほとんどないので、いわゆるホルモン治療に伴う血栓やガンのリスクがないのも大きな利点です。

使用法

葛湯、サプリ、チンキなどで摂取できます。

葛は、葛湯、サプリ、チンキなどで摂取できる

注意点

葛は安全なハーブとされていますが、経口摂取の場合は4か月を目途に一旦ストップする方が良いとされています。エストロゲンに似た成分が含まれているため、避妊ピルやホルモンに関連するお薬などを服用されている方は、事前に主治医にご相談ください。
青汁banner06 Dr.Oz-detox tea-570定期セールバナー

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. グレープフルーツ
    【精油:グレープフルーツ】~爽やかな香りは、疲れた顔に笑顔を取り戻してくれる!~ グレープフル…
  2. メラトニン
    【メラトニン】眠りのホルモン。実は免疫力アップや抗がんにも効果的! 眠れない時や時差ボケの時に…
ページ上部へ戻る