ココナッツオイルの主成分”ラウリン酸”!抗菌にもダイエットにも効果あり!

ラウリン酸

img50

ココナッツオイルの主成分”ラウリン酸”!抗菌にもダイエットにも効果あり!

ココナッツオイルはここ何年かヘルシーフードの定番と言っても過言ではないように思えます。日本でもココナッツオイルやココナッツミルクの他、シャンプーなどのヘアケア商品やローションなどのスキンケア商品にも、ココナッツオイルは引っ張りだこのようですね。そのヘルシーの理由は、一体何なのでしょうか?答えは、ラウリン酸!ラウリン酸は、ココナッツオイルの成分の約半分を占める中鎖脂肪酸です。ラウリン酸はココナッツオイルの他、母乳、バター、パームカーネルオイル(バーム核油)に多く含まれています。

産まれたばかりの赤ちゃんの免疫力は弱くまだまだ未熟ですが、最初の何か月間は、母乳の主成分であるラウリン酸が、赤ちゃんを感染から守ってくれる事が研究により示されています。「母乳で育った子は強い」というのが、納得できますね。

母乳の主成分であるラウリン酸が、赤ちゃんを感染から守る

ラウリン酸は一旦体内に入ると、抗菌、抗ウイルス、抗真菌などの作用を持つモノラウリンに変換されます。モノラウリンは、あらゆる病原菌から身体を守ってくれますが、毒性がないので、一般的な薬品に比べて副作用がない点が大変大きなメリットと言えます。またラウリン酸はニキビ治療や美肌、そしてダイエットにも効果があるのも嬉しいですね。ラウリン酸はこういった感染症に効果的な上、アルツハイマー病予防の効果も研究されています。

70925410■モノラウリン お徳用特大サイズ ウィルス対策
モノラウリンは風邪、インフルエンザ、などに対して強い抗ウィルス性を発揮します。特にヘルペスや帯状疱疹など原因となるウィルスに対して強い抗ウィルス効果が確認されています。また細菌、寄生虫、カビなどに対しても強い抗菌作用があります。 通常のラウリン酸は吸収しにくい特徴がありますが、その点を改善したのがモノラウリンです。本製品は吸収力が強化され持続放出特性があり効果が持続するのが特徴です。
https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=106210437

 

専門家によると、一日に10~20gのラウリン酸摂取が推奨されています。乾燥ココナッツやココナッツミルクにもラウリン酸は含まれていますが、やはりココナッツオイルの含有量は高く、大さじ1杯につき約7gと言われています。毎日のココナッツオイル摂取は、代謝を上げ、肌の調子を良好にして、そして細菌やウイルスから身体を守ってくれると言えます。もちろん、オーガニック、エクストラバージン、コールドプレスのココナッツオイルをお選びくださいね。お料理やスキンケアに使ってみましょう。但し、過剰摂取にはご注意ください。

≪併せて読みたい≫

アメリカではもう定番の【ココナッツオイル】ナチュラルプロダクト界で大ブームを引き起こしているその効果とは!?

どんな働きがあるの?

強い抗菌力―免疫力の強化
数ある脂肪酸の中でも抗菌力ナンバー1なのが、このラウリン酸です。ラウリン酸が体内でモノラウリンに変換されると、あらゆる病原菌から身体を守ってくれます。風邪やインフルエンザの予防や治療を始め、カンジダ菌などのイースト菌や、水虫や白癬のような真菌感染の治療にも効果的。更にはヘルペス、はしか、そしてHIVやエイズ、C型肝炎、淋病などの性感染症、寄生虫による腸の感染症など、様々な病原菌と闘い、それら疾患の予防や治療に役立っています。

脂肪酸の中でも抗菌力ナンバー1は、ラウリン酸

コレステロール値を下げる
ラウリン酸は、抗菌作用が強いだけではありません。ラウリン酸は、善玉コレステロール値を上げ、悪玉コレステロール値を下げる事で、コレステロールのバランスを改善する働きがあり、心臓の健康に役立っています。また膵臓に働きかけてインスリンの分泌を促進します。

ニキビ・美肌効果
ニキビはアクネ菌が増殖すると引き起こされますが、研究によりラウリン酸の抗炎症作用と抗菌作用は、アクネ菌退治に大変効果的であると示されました。(注:研究ではココナッツオイルを塗布したわけではなく、純粋なラウリン酸が使用されました。)また、乾燥肌を潤おす働きも知られており、乾癬にも効果を発揮します。

ダイエット効果

ラウリン酸は脂肪酸ですが、燃焼と代謝が速く、蓄えられずに肝臓が吸収してエネルギーに変換してくれます。肥満の成人20人を対象に行われた研究では、4週間に渡り毎日大さじ2杯のココナッツオイルを摂取させたところ、男性の被験者はお腹の脂肪が減りウエストラインが平均で2.86㎝減少したと報告されています。

ココナッツオイルには満腹感を感じる効果もあるようですが、減量したい方は糖質制限も併せて行いましょう。健康的な体重維持にもおすすめです。

ココナッツオイルの摂り方

先ずはココナッツオイル選び。無添加はもちろん、オーガニックのヴァージンココナツオイルを選びましょう。最初は大さじ1杯から始めてみてください。中にはムカつきを感じる方もいるようですので、体が慣れてきたら最大で大さじ2~3杯摂取します。ココナツオイルにもカロリーがありますので、過剰な摂取は控えましょう。

お湯、ハーブティーやコーヒーに入れたり、また調理に使うのも良いでしょう。お菓子作りの際などにも是非利用してみてください。

≪ココナッツオイルやモノラウリンを含むサプリメント≫

●抗菌・抗ウイルスに
モノラウリンのご購入はこちら

●コレステロールが気になる方に
オプティ-EPAのご購入はこちら

●免疫力アップに
免疫活性のご購入はこちら

※2020年3月24日、情報を追記しました。
メディカルハーブチンキのコピー

img_cover005 のコピー

%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
Reference:
ISRN Pharmacol. 2011;2011:949686. doi: 10.5402/2011/949686. Epub 2011 Mar 15.

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. アロマテラピーの基礎知識
    今回からスタートのする「アロマテラピーの基礎知識」第1回目はアロマテラピーの歴史とエッセンシャル…
  2. デトックス
    【デトックス】解毒の鍵を握るのは胃腸!弱った胃腸の機能を修復するには? 現代人は、毎日の生活の…
ページ上部へ戻る