【クローブ(丁字)】香辛料としてだけではない驚きの効能!口内の健康にも効果的?

クローブ

(新)鼻スプレーのコピー

【クローブ(丁字)】香辛料としてだけではない驚きの効能!口内の健康にも効果的?

肉料理、中華料理、カレー、焼き菓子などに使われるクローブ(Clove)。英語のクローブはその形からラテン語で釘を意味する「Clavus」が由来しているそうです。日本語では丁字とも呼ばれていますね。クローブはインドネシアのモルッカ諸島が原産ですが、現在は商業用に多くの熱帯地方で栽培されています。フトモモ科の常緑樹で12~15メートル程に成長し、花を咲かせる前のピンクのつぼみが収穫されます。その後4、5日間乾燥させるとお馴染みの茶色の硬いクローブとなります。
クローブはアーユルベーダ、漢方でも古くから使われてきた生薬
ヨーロッパではオレンジなどにクローブを突き刺してポマンダーボールと呼ばれる香の玉を飾ったり、ギフトにしたりするそうです。お宅のキッチンではどうお使いですか?買ってはみたものの、棚の後ろに追いやられていませんか?甘味とほんのり苦みもある独特な風味、そして豊富な栄養と素晴らしい働きを持つクローブ、もっと利用したいものです。

どんな成分が含まれているの?

ビタミンC、チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンK、そして鉄、カルシウム、マグネシウム、リン、カリウム、ナトリウム、亜鉛などのミネラルが含まれています。また、抗酸化、抗炎症、肝臓保護、抗菌などの作用を持つフラボノイド、チモール、オイゲノールなどの生化学物質を含んでいます。

どんな働きがあるの?

口の中の健康
口腔疾患の病原体の増殖を防ぐ働きにより、歯肉炎や歯周病のような病気に効果的です。また鎮痛作用があるので、歯が痛む時には少量のクローブオイルをココナッツオイルなどとブレンドし、コットンなどに浸して患部に当てると良いでしょう。口臭を抑える働きもあります。

クローブは歯肉炎や歯周病に効果的

消化を助ける
クローブは荒れた消化管の内側を滑らかにするので、吐き気、下痢、ガスの溜まりなどを解消してくれます。

肝臓保護作用
高い抗酸化作用は、フリーラジカルによってダメージを受けた内臓、特に肝臓を守ってくれます。チンキでの使用をおすすめします。

呼吸器官―風邪

クローブは花粉症、鼻づまり、副鼻腔の圧迫感を抑えるのに効果的

穏やかな抗ヒスタミン作用は、花粉症、鼻づまり、副鼻腔の圧迫感にも有効です。アーユルベーダでは風邪やインフルエンザの予防や症状改善にクローブティーを飲むと言われています。抗菌や抗ウイルス作用は痰や咳にも効果的で、痛みも抑えてくれます。

抗炎症
オイゲノールは、痛みと炎症を抑えてくれます。関節炎やリューマチにはクローブの精油をマッサージオイルとブレンドして患部をマッサージしてください。

香辛料として
釘のような形をしているので、スープやシチューの時は玉ねぎの間に挟んだり、ハムや豚肉に突き刺してベークしたりします。そうすると風味はつくし、出来上がった時に取りやすいですよね。

クローブの選び方

クローブはパウダー状でも販売されていますが、ホールをお求めになる事をおすすめします。パウダー状だと段々と香りが失われるので、必要に応じてホールを挽いて使う方が香り豊かです。高品質のクローブは乾燥していても曲げることができます。また水に入れると、真っ直ぐに浮くものが高品質、沈んだり傾いたりするものはそうでないものです。パウダーでもホールでもオーガニックのものをお選びくださいね。

クローブティーの作り方

1. スプーン一杯(カップ一杯分)のクローブをすり鉢やミルなどで挽きます。細かい粉状にならなくても大丈夫です。
2. 鍋で適量のお湯を沸騰させ、一旦止めます。
3. 鍋に1.のクローブを入れます。抽出時間はお好みに合わせて10~20分程。
4. 茶こしでグローブを濾したら出来上がりです。

クローブティーの作り方

お好みでダンデライオンなど他のハーブやハチミツなどを加えるなどしてお楽しみください。クローブはマサラティーにも使われるスパイスのひとつです。

注意点

クローブは安全なハーブとされていますが、大量に摂取すると胃腸を刺激したり中枢神経障害を引き起こすかもしれませんので、適量に抑えてください。妊娠中の方はクローブの摂取はお控えください。クローブの精油は強いので必ず希釈をして使い、服用もしないようにお気をつけください。

≪クローブを含むサプリメントやハーブティー≫

マイクロフローラバランス(腸内抗菌サポート)のご購入はこちら

メディカルハーブティー Sunrise(サンライズ)70gのご購入はこちら

≪併せて読みたい≫

【ダンディライオン(Dandelion)】〜肝臓のデトックスの効能を持つハーブ。利尿作用でムクミも解消!〜
630 アルファベース

20160920-01

青汁

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. グレープフルーツ
    【精油:グレープフルーツ】~爽やかな香りは、疲れた顔に笑顔を取り戻してくれる!~ グレープフル…
  2. メラトニン
    【メラトニン】眠りのホルモン。実は免疫力アップや抗がんにも効果的! 眠れない時や時差ボケの時に…
ページ上部へ戻る