メディカルハーブとは?

メディカルハーブと自然療法

自然療法は、病気の症状のみを診るのではなく、全体を診ることで原因から治療に導くホリスティックな医療です。
中でも、心と体の両面に働きかけるメディカルハーブは自然療法医師が最も利用する治療方法のひとつで、 主に治療に使用されるのは「チンキ」と呼ばれるハーブのティンクチャーや「ハーブティ」などです。

ハーブの写真

メディカルハーブは古代から利用されていた。

メディカルハーブの歴史は古く、紀元前3000年頃にはエジプトなどで薬として使用された記録も残っていますが、19世紀ころにはハーブの中から薬効成分を抽出できるようになり、やがて薬へと発展していきました。
現在でも薬の1/4は薬効のあるハーブを元に作られています。
薬の発展とともに一時は廃れてしまったように見えたメディカルハーブも近年になり薬の副作用の問題や、メディカルハーブ自体の作用が見直され再び注目を浴びています。
アメリカでも自然療法への関心、自然派思考の人々の増加とともに病気の治療や予防、健康維持にメディカルハーブを選ぶ人が増えてきています。

どうやって体に作用するの?

ハーブは幅広く、ハーブと呼ばれる殆どの植物には何らかの薬効が含まれていますが、中でも薬効性が高く治療に用いられるものを「メディカルハーブ」といいます。
日本でも伝統的に風邪などの症状緩和に使われている「生姜」もメディカルハーブのひとつですね。

メディカルハーブは1種類のハーブに対して何十種類以上もの薬効が含まれているものもあり、 これらの薬効成分が体の中で多方面に渡って働きかけてくれます。 対して、薬は単一の有効成分を体にピンポイントに働きかけることを目的に作られています。

メディカルハーブと薬との違いをご説明しましょう。
例えば、頭痛薬で有名なアスピリンは西洋シロヤナギというハーブに含まれるサリシンという鎮痛成分だけを単一に取りだし、 薬にすることで痛みの緩和に集中的に働きかけています。

全身にやさしく作用
ハーブの写真

それに対してメディカルハーブはハーブに含まれるビタミン、ミネラルなどの栄養成分の他に、薬理作用や抗菌作用など、 それぞれのハーブ独自の成分が共鳴することで、体の中でバランスよく働き全身にやさしく作用してくれます。
メディカルハーブを摂取する方法として、古くからチンキやハーブティが利用されてきましたが、 メディカルハーブは体に穏やかに作用し、副作用もほとんどないので安心して使用できるのが利点で、 小さなお子様から高齢者にいたるまで安心して使用できるのが特徴です。

メディカルハーブがオーガニックである必要性と私達のミッション

ハーブの写真

ハーブだけでなく全ての植物に共通して言えることですが、植物の持つパワーはその植物が育った環境によって左右されます。
世界中で環境汚染が進んでいく中では、エコロジカルに植物を育てることが重要であり、それが安全性と効果につながっているということを、私達のハーブ製品の効果を通して知っていただくことも私達のミッションであると考えています。

環境汚染や農薬の使用は人の生命だけでなく植物にも悪影響を与えていますが、エコロジカルに育てられた植物は、 植物そのものがもつ効果を増幅させてくれるだけでなく、自然に土壌を浄化して地球の再生にもつながっていきます。
そうして育てられたメディカルハーブの生育環境、土壌、水など全ての要因がエネルギーのバイブレーションとなり、 最高の効果を生み出すメディカルハーブとなるのです。
私達の心と身体を癒やし、そして地球環境をも癒やしてくれるのが本物のメディカルハーブであると私達は考えています。

Dr.Ozawaの自然療法講座 〜自然療法とハーブの治療〜

トップページに戻る

Naturopathyのハーブチンキ

大自然オレゴンで伝統的な製法を守って作られた大地のエネルギー。

Naturopathyのハーブチンキは新鮮なハーブを水とアルコールに浸し、時間をかけて薬効成分を抽出する方法で作られます。
ハーブチンキはシンプルな素材でありながらハーブの薬効成分を最大限に引き出してくれますが、この有効性を保つためには農薬や環境などで汚染されていない「新鮮なハーブ、新鮮な水、安全な植物性アルコール」が重要です。

原料へのこだわり

私達のハーブチンキは自然豊かなオレゴンの農園で栽培された「有機栽培ハーブ」を使用しています。
農薬、除草剤、遺伝子組み換えされた植物は一切使用せず、最適な収穫期に収穫された植物の薬効の高い部位を、収穫したての状態のまま隣接された製造所でチンキにします。
こうすることで、より有効成分の高いハーブチンキを作ることができるのです。
また抽出に使用するアルコールは穀物を発酵させることで作られる医薬品グレードの植物性のものを使用し、より安全性を保っています。 
またアルコールの代わりにグリセリンを使用することもありますが、その際にはココナツオイルとパームオイルから作られる医薬品グレードのグリセリンを使用します。
全てが有効成分を最大限に引き出す材料にこだわり作られています。

ハーブの写真

有効性にこだわった伝統的な製法

伝統的なハーブチンキの製法は新鮮なハーブと山の湧き水、有機アルコールを撹拌することのみで作られます。
通常、伝統的な製法を用いたハーブの有効成分の抽出には数週間~数ヶ月が必要ですが、一般に流通するハーブチンキの中には抽出物を早めるため熱や圧力を加え、わずか2日で製造されている製品もあります。
Naturopathyのハーブチンキは25年以上に渡りハーブチンキを製造してきた製造所で手を抜かず、伝統的な製法を厳密に守って作られており、チンキ本来の治療効果を発揮するためには、この伝統的な製法を守るということが大変重要なのです。

また製造されたハーブチンキは、ラボで高速液体クロマトグラフィー、Pro-Tectアレルゲン監視システムや顕微鏡検査などの複数の分析を行い高い安全を確保しています。

Naturopathyだけの自然療法の医師によるブレンド

Dr.Ozawaは自然療法の専門医師としてロサンゼルスで10年以上のキャリアを持っています。

通常、100種類以上のハーブチンキの中から個人の症状に合わせてブレンドしたものを患者さんに処方しますが、 Naturopathyでは症状の中でも一般的に多い悩みにあわせたものを選んで、Dr.Ozawaのオリジナルブレンドでお届けしています。 実際に患者さんを治療している医師が処方しているハーブチンキだから「効果」「安全性」ともにご安心ください。

こだわりの原料、製法で作られたハーブチンキを鮮度を保つため大量生産せず、 クリニックで少量づつブレンドしたものをお届けいたしますので場合によって、お届けまでお時間を頂戴することもございます。

ハーブのブレンド
メディカルハーブチンキ一覧 トップページに戻る

Naturopathyのハーブティー

「こだわりの原料」と「Dr.Ozawaの経験値」から生まれる本物のメディカルブレンド

Naturopathyのハーブ 原料選びの基準

メディカルハーブに重要なのは「良い土壌で栽培され、最適な時期に収穫された、農薬や科学肥料などを一切使わないオーガニック栽培されたもの、もしくは自然環境で生育した生命力あふれるワイルドクラフトのハーブを使用することです。

環境汚染の激しい地域や、大量の農薬を使用して栽培されたハーブには重金属や化学物質に汚染されている可能性が高く、ハーブの効能以上に体への負担も大きくなるため、 私達がハーブティーに使用する原料はオーガニック、もしくは野生環境で生育したワイルドクラフト栽培のみに限定しています。
そしてメディカルハーブに重要なのは原料の安全性だけではありません。野菜などに旬の時期があるように、ハーブにも旬が大切で、最適(旬)な時期に収穫されたハーブは薬効が高く、大地のパワーが詰まっています。

ハーブの原料を選ぶ際には適性な時期に、安全な栽培方法と土壌で栽培されたハーブを使用することが重要なのです。 私達のハーブティー使用されるハーブは原料の安全性と品質を確保するため、殆どのハーブをブレンダーが直接現地に出向いて少規模農園から買い付けています。
またバイオダイナミック農法で栽培をしている農園から生命力の強いハーブを積極的に買い付けを行うなど、環境への配慮も心がけています。

ハーブの写真

効果と味のバランスはDr.Ozawaの経験値によって生み出される

Naturopathyのメディカルハーブティーは自然療法医師Dr.Ozawaの治療経験によりハーブの配合を決めています。
多いものでは1つのブレンドティーに対して14種類ものハーブが配合されていますが、その絶妙なバランスによりそれぞれのハーブの相乗効果を高めて、より効果を感じるよう設計されています。

健康のためにハーブティーを購入したのに、「効果が感じられなかった。」または「口にあわなくて飲めなかった。」という経験はありませんか?
多くのハーブティーは、味や見た目を重視するため、効果に対して本来必要なハーブがブレンドされていなかったり、反対に効果を重視したため飲みにくくて続けられない、といったことがよくありますが、ハーブの効果とおいしさが両立するハーブティーを見つけるのは、実は簡単なことではありません。 Naturopathyのメディカルハーブティーはハーブの個性を生かした繊細な味のブレンドと効果がバランスよく両立しているのが特徴です。

Naturopaty ハーブティ スピリット

「ハーブのブレンド力は経験値の差によって決まります。」

Dr.Ozawaはひとつひとつのハーブの味と効果を熟知していますから、配合量の微調整によってメディカルハーブ本来の効果を最大限に発揮させると同時に、ハーブ単体の繊細な味を表現した、おいしいハーブティーを作ることができるのです。
また日本向けの販売にあたっては、日本の水(軟水)を取り寄せ、より美味しく召し上がっていただけるよう調整も行っておりますので、Naturopathyのメディカルハーブティは、どのブレンドを選んでも効果的で美味しくお飲みいただけます。

Naturotpathyメディカルハーブ製品が一人でも多くの皆様の健康維持と増進のお役に立ちますことを心より願っております。

ハーブティ