【こむら返り対処法】~「イタッ!」急な痛みで夜中に目がさめてしまう事ありませんか?

leg-cramp
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

630 アルファベース

【こむら返り対処法】~「イタッ!」急な痛みで夜中に目がさめてしまう事ありませんか?

こむら返りやつま先のつりなど、きっと誰でも一度は経験した事があると思います。筋肉の痙攣は昼夜問わず、突然訪れますよね。ふくらはぎやつま先だけでなく、ももや腰、腹部、肋骨周辺、手、足首などにも襲ってきます。夜中に急に痛みが起こり、何とか早く収まって!とさすったり伸ばしたりした事ってありませんか? 原因を知って対処しましょう。

原因と対処法

◆ 水分不足
水分が不足すると、筋肉が痙攣を起こしがちになります。体の約70%は水分ですから、水分補給はとても大切です。利尿作用の高いコーヒー、紅茶、ソーダやアルコール類、特にビールを多く飲んでいると、尿や汗により水分が排泄されます。水分量が低いと毒素が体内から排出されずに残ってしまい、筋肉に痛みや炎症や痙攣を起こしてしまうので、1日にコップ8~10杯の水を飲む事をおすすめします。また、利尿作用の高い飲みものは避け、暑い時、運動の後、汗をかいた後は特にたっぷりの水分を補給するのが良いでしょう。

◆ マグネシウム不足
マグネシウムは必須ミネラルのひとつで、身体が正しく機能するのに必要な成分です。マグネシウムが不足すると、筋肉の痛み、収縮、痙攣を起こします。

マグネシウムを多く含む食品:魚類、海藻類、アーモンド、ヘーゼルナッツ、緑色の濃い野菜、玄米、レンティル豆など。

エプサムソルトで入浴:エプサムソルトは塩ではなく、硫酸マグネシウムの事です。アメリカでは古くから入浴剤として利用されてきました。リラックス効果もあり、ストレス解消、そして皮膚からマグネシウムが吸収できるので大変おすすめです。

◆ カリウム不足
カリウムは、マグネシウムと同様に必須ミネラルのひとつです。マグネシウムが低下するとカリウムレベルにも影響し、低カリウム血症を引き起こしてしまう事があります。低カリウム血症になると、強い疲労感を感じたり筋肉のつりや痙攣が発生します。

カリウムを多く含む食品:アボカド、ほうれん草、ケフィア、バナナ、アプリコット、レーズン、イチジク、小麦胚芽、ドライフルーツ、種類、豆類など。

◆ 血行不良・冷え
身体、特に足元が冷えるとこむら返りが起こりやすくなります。冷えると血行も悪くなり、毒素が排出されにくくなるからです。その為、夏より冬の方が発生しやすくなりますが、夏でもエアコンで冷える場合もありますので、季節を通し身体は冷やさないように気をつけましょう。

◆ ストレス
生きていればストレスはつきものですが、大きなストレスを抱え続けると不安症、睡眠障害、呼吸障害、そして筋肉の痛みや痙攣が起こる可能性があります。運動や趣味など、ご自分なりのストレス解消法を見つけ、実践する事が大切です。

その他の対処法

◆ 運動・良い姿勢を保つ
ウォーキング、ストレッチ、ヨガなどをすると血流が改善し、新鮮な酸素も補給できますので、痛みや炎症の緩和に効果的ですし、ストレス解消にもつながります。筋肉の疲れやツリ、肉離れなどの予防のためにも運動前後のウォームアップとクールダウンも面倒くさがらずに行いましょう。また、加齢に伴いこむら返りが多く起こるのは、筋肉量の減少が原因と言われていますので、40代以上の方は特に筋肉量を意識された方が良いでしょう。

PC作業など長時間デスクに向かって仕事をしているとどうしても姿勢が悪くなりがちで、ひどい場合は脊柱後弯症(背中が丸くなる病気の総称)を引き起こし、背中に痛みや痙攣が発生する事もあります。デスクに座っていても、良い姿勢を保つ事を心がけましょう。

◆ 寝る前にはストレッチ

leg-cramp-yoga-stretch

お風呂上りの暖くリラックスした身体をマッサージ、そしてストレッチを行いましょう。特にふくらはぎやももの裏側が伸びるストレッチが良いでしょう。しかし急なストレッチは禁物です。ゆっくりと息を吐きながら、伸ばしてくださいね。

◆ こむら返りにはこんなハーブがおすすめです。
・クランプバーク(セイヨウカンボク)
パッションフラワー
ローズマリー
・カバカバ
カモミール
バレリアン

注意点

もし、上記のような療法を行っても筋肉の痙攣が頻繁に続くようでしたら、何かの慢性症が隠れているかもしれませんので、専門医にご相談ください。

01

【マグネシウム】~骨に大切なミネラルはカルシウムだけではない~

【カリウム(Potassium)】~多くても少なくてもNG、標準値をキープしよう!~

【美人は冷えない!】~今すぐできる。アロマの足湯レシピで冷えとサヨナラ~

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. shutterstock_elderberry

    2015-3-3

    エルダーベリー【Elder】

    エルダーベリー【Elder】~ヨーロッパではとても親しまれている万能ハーブ~ エルダーベリーに…
  2. shutterstock_vegan

    2015-3-2

    ビーガンを成功させる10の秘訣

    【ビーガンを成功させる10の秘訣】 ベジタリアンを目指していろいろな食事法を試みたものの途中失…
  3. shutterstock_balm

    2015-2-27

    切り傷、おむつかぶれにも。安心して使える天然万能バームの作り方

    【切り傷、おむつかぶれにも。安心して使える天然万能バームの作り方】 赤ちゃんから大人まで、家族…
  1. Lemons M
    レモンをもっと活用しましょう! ビタミンCやフラボノイド(抗酸化物質)が豊富なレモンは、心臓病…
  2. Sunday Yoga
    股関節を大事にする4つのポーズ 股関節は骨盤と大腿骨をつなぎ、身体のバランスや歩行などに大変重…
ページ上部へ戻る