【パイナップル】~捨てないで!芯は実より栄養が豊富~

pineapple m

630 アルファベース

【パイナップル】~捨てないで!芯は実より栄養が豊富~

南米の熱帯地域が原産で記録では1493年にコロンブスがそれらを見つけてヨーロッパに持ち込み、その後世界各地に広まりました。熱帯の植物ですが鉢植えのパイナップルを都内で栽培する事も出来るようです。トロピカルフルーツとして昔から定番の果物で、生は勿論、缶詰のパイナップルも料理やスイーツなどに多く利用されています。

甘酸っぱく芳醇な香りを持つパイナップルはショ糖やブドウ糖、果糖を含む糖分と酸味のもととなるクエン酸やリンゴ酸、酒石酸を多く含み、更にタンパク質分解酵素であるブロメニンという酵素を含んでいるのが大きな特徴です。糖分を多く含んでいますがカロリーは100g当たり約50カロリーとほぼリンゴと同じで、ミネラルやビタミン、そして、ペクチンのような食物繊維も豊富なのでダイエットや健康維持には最適なフルーツといえます。パイナップルを肉料理に添えたり、中華料理の酢豚に入れたりしますが、これは甘酸っぱさが料理に合うという以外にもタンパク質分解酵素であるブロメニンが肉の消化を助けるというのも大きな理由の1つなのです。

70925410■消化酵素V
Ortho Molecular Products社の消化酵素サプリメントは全て植物を原料としたベジタリアン消化酵素です。消化酵素-Vには炭水化物、脂質、タンパク質、野菜の消化に必要な広範囲にわたる消化酵素が含まれています。消化酵素-Vに含まれているセレカレーゼは特に野菜の消化を助けてくれる消化酵素のブレンドです。またキバナリンドウ、アーティチョークを加えることで自然な消化な胃腸消化能力を高めます。https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=22615170

 
そして、このブロメニンは実よりパイナップルの芯に多く含まれているのです。ブロメニンにはタンパク質を分解する働きがあるので、消化を助け、腸内の腐敗物を分解して消化不良やガスの発生を抑えてくれます。更に、抗炎症、血液をサラサラにする、傷の治りを早めるなどの効果があり、もし、生のパイナップルを食べる時に芯を捨てていたなら是非見直して欲しいパイナップルの芯なのです。ただ、ブロメニンは熱に弱く、60度以上に加熱するとその効果がなくなってしまいますし、芯は固く食べにくいので細かく刻んでサラダに混ぜるとかスムージーなどにするといいですね。ブロメニンの効果は期待出来ませんが、ジャムにすれば食物繊維が豊富なジャムになります。また、細かく刻んだ芯を肉と一緒に漬け込むか、芯をそのまま一緒に煮込むと肉がとても柔らかくなりますよ。他にも代謝を促すビタミンB1やB2、ビタミンC、クエン酸、ミネラルを多く含み疲労回復老化防止に効果がありあす。

そんなパイナップルの栄養辞典

ブロメニン
強力なタンパク質分解酵素でパイナップルを食べると舌に刺激を感じるのはこのブロメニンによるものです。下痢や消化不良、ガスの発生など消化器系の障害に効果を発揮します。

クエン酸
果物に含まれる酸味成分の一種で、エネルギーをつくり出すために必要不可欠な成分です。乳酸の生成を抑制するので疲労回復にも効果があり、梅干しのようにクエン酸を多く含む食品は古くから親しまれています。

ビタミンC
抗酸化作用による老防止効果、メラニン色素を抑えシミやくすみを減らす美白作用、コラーゲン合成を他付ける美肌作用があります。

630 副腎疲労

ビタミンの宝庫。パパイヤの栄養が見逃せない

生のナッツを食べるときに注意したいことは?

健康な身体と精神は健康的な腸内環境から生まれる

Yuhei

Yuhei編集スタッフ

投稿者プロフィール

このサイトへの投稿記事を編集しています。
神経質でストレスをため込む性格が災いして、日本では何かと体調不良な日々を送っていましたが、ここカリフォルニアに移住して快適な青い空の下、食事やライフスタイルに気を付けながらの生活が功を奏したのか、今は毎日健康そのものです。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. shutterstock_133396742

    2016-5-4

    【グルタミン酸】~疲労回復と脳を元気にするうま味の成分だが、うま味調味料ではない~

    【グルタミン酸】~疲労回復と脳を元気にするうま味の成分だが、うま味調味料ではない~ グルタミン…
  2. shutterstock_171474002

    2016-5-3

    【精油:クラリセージ】~月経前やホルモンバランスを整えたい時に~

    【精油:クラリセージ】~月経前やホルモンバランスを整えたい時に~ クラリセージはヨーロッパでは…
  3. AdobeStock_67792553

    2016-4-30

    じっくり飴色。玉ねぎスープの作り方

    じっくり飴色。玉ねぎスープの作り方 オーブンでじっくり火を通して甘みの増した飴色タマネギをスー…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. sunflower seeds eyeC
    小さくても元気がいっぱい詰まった【サンフラワーシード(ヒマワリの種)】毎日食べて心も身体も前向き…
  2. チャンネル紹介アイキャッチ
    自然療法医Dr.Ozawaー動画チャンネルのご紹介 ロスアンゼルスで自然療法クリニックを開業す…
ページ上部へ戻る