ミルクシスル【Milk Thistle】~本場ドイツでも認められている肝臓強化のハーブ~

Milk Thistle m

banner06

ミルクシスル【Milk Thistle】~本場ドイツでも認められている肝臓強化のハーブ~

ミルクシスルは他にもマリアアザミやオオアザミという別名を持つ地中海沿岸が原産のキク科の2年草で、道端や野原に野生のミルクシスルが自生しているくらい欧米ではとてもポピュラーな植物です。高さは1~2m位になることもあり、大きくとげのある葉を持ち夏に赤紫の花を咲かせます。メディカルハーブとして利用は勿論ですが、すべてが食用になる植物で、花や葉はサラダに、茎は茹でてアスパラガスのように、そして、根は漬け物などに利用されています。

ミルクシスルは2,000年以上前からから肝機能障害の治療のために使われてきた長い歴史があり、今でも肝臓を保護して、肝細胞と肝臓組織の再生を促進させる、副作用のない肝臓薬として認められています。昔のローマ人はミルクシスルを野菜として栽培し、その樹液に蜂蜜を加えて、胆汁の分泌を調整するために利用していました。12世紀頃のヨーロッパでは既に肝臓の治療ためにミルクシスルが有効であるということが確立されていて、多くの文献にその記録が残っています。

その後アメリカでは肝臓、脾臓、および腎臓の病気の治療薬として利用されるようになりましたが、20世紀の初め、やはり肝臓に良いと言われるハーブから効能がある化合物の抽出に成功したところからミルクシスルへの関心も再び高くなりました。

ミルクシスルにはシリマリンというフラボノイド化合物が含まれていて、アルコールやアセトアミノフェン、またある種の毒素によって引き起こされる肝細胞の損傷を保護する事が確認されています。ウイルス性肝炎、慢性肝疾患、肝硬変などに有効で、他にも、キノコ中毒の解毒剤としてヨーロッパの医療現場で活躍しています。

また、シリマリンには抗酸化作用があり、病気や老化の原因である活性酸素を除去する働きのほか、体内の抗酸化物質であるグルタチオンの合成も促し、肝臓だけではなく体全体の老化防止にも大事な働きをしてくれます。

副作用もなく安全で、古くから肝臓の為のハーブとして長い歴史と信頼のあるミルクシスルです。お酒の量が多い人、多くの薬を服用している人はこのミルクシスルで肝臓をいたわってあげてください。

banner05

【関連記事】
【肝機能異常が急増中】~糖分の摂り過ぎが原因の1つ。そして糖分の種類も大事~
http://shizenryouhou.com/wp/?p=4152
【砂糖のとりすぎで肝炎に!非アルコール性肝脂肪と非アルコール性脂肪性肝炎】
http://shizenryouhou.com/wp/?p=2381
【グルタチオンは全ての細胞で活動できる優れた抗酸化物質】
http://shizenryouhou.com/wp/?p=1514

630 副腎疲労

Yuhei

Yuhei編集スタッフ

投稿者プロフィール

このサイトへの投稿記事を編集しています。
神経質でストレスをため込む性格が災いして、日本では何かと体調不良な日々を送っていましたが、ここカリフォルニアに移住して快適な青い空の下、食事やライフスタイルに気を付けながらの生活が功を奏したのか、今は毎日健康そのものです。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. white teeth m

    2016-1-26

    黄ばみにさよなら!一週間で歯を真っ白にする「炭」の歯磨き粉レシピ

    【黄ばみにさよなら!一週間で歯を真っ白にする「炭」の歯磨き粉レシピ】 良い第一印象のためには健…
  2. AdobeStock_100482083-1

    2016-1-23

    とろ~り、冬のごちそう。リークとフェンネルのスープ

    【とろ~り、冬のごちそう。リークとフェンネルのスープ】 あったかいスープは冬の何よりのごちそう…
  3. Slippery Elm m

    2016-1-22

    【スリッパリーエルム】~米国食品医薬品局が認めた定番のハーブ~

    【スリッパリーエルム】~米国食品医薬品局が認めた定番のハーブ~ 日本名はアカニレといい、アメリ…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. carrot seeds
    【精油:キャロットシード】~やわらか肌が欲しい人必見!今使っているクリームに足すだけでOK!~ …
  2. fun exercising
    見た目だけでない!脳も機能も内側から若返らせるには?【運動のススメ】 運動が身体に良いという事…
ページ上部へ戻る