ゴツコラ【Gotu Kola】~日本では馴染みないけどアーユルベーダでは最も重要なハーブ~

gotukola M

オメガ3DHA EPA

ゴツコラ【Gotu Kola】~日本では馴染みないけどアーユルベーダでは最も重要なハーブ~

ゴツコラはインド、インドネシア、中国、東南アジアを原産としたハーブで、歴史はとても古く、約5,000年以上前から利用され、インドの伝統医療であるアーユルベーダの最も重要なハーブの1つとして愛用されてきました。中国でも古くから利用されていて、約2千年前の「神農本草経」にも記載されています。

高さが10〜45cm位の多年生で、細い茎に扇形の無味無臭の葉をつけ、白から紫がかったピンクの小さな花をつけます。インド、スリランカ、マダガスカル、ブータン、中国、インドネシア、パキスタン、タイ、ベトナムを含むアジアの熱帯、亜熱帯地方の湿った草原に広く生息していて、商業的な原料としては主にインド産のものが多いのですが、最も品質が良いのはマダガスカル産といわれています。

ゴツコラの効果と効能

 記憶力の向上と認知症の予防
 静脈瘤・静脈不全の改善
 血行改善、血液浄化、皮膚病、創傷治癒

ゴツコラは神経や脳を活性化させるので、知性を高めて記憶力を強化し、老化や老衰を遅らせることができるアーユルヴェーダの中では最も大切な若返りのハーブです。また、血液を浄化する作用もあり、湿疹や疥癬だけでなく、ハンセン氏病などの慢性の皮膚病にも効果があります。さらに、静脈瘤や慢性静脈不全が改善される事に注目した最近の欧米の研究では、ゴツコラに静脈不全による浮腫や皮膚の変化を正常に戻す働きがあることもわかっています。

健康な高齢者80人にゴツコラの抽出エキス250mgから750mgを3ヶ月摂ってもらい、握力や脚強度などの身体的な機能を測定したところ750mgを摂った人には大幅な機能の改善が見られましたが、その服用を止めたらまた元に戻ってしまいました。

他にも、ゴツコラに含まれているトリテルペン類の一種、アシアチコシドが、健康な皮膚に必要な、脂質やタンパク質、コラーゲンの合成を促進させることから、毛髪・爪の健康を保ち、お肌などの美容効果も期待されています。そして、何かとストレスの多い現代では、ゴツコラのリラックス効果を期待して、うつやストレスの改善、鎮静効果、また脳内の神経伝達物質を調整するストレス解消のハーブとしても利用されるようになってきました。

使い方

カプセルの場合、トリテルペノイド30mgを含むカプセルを1から2カプセル、1日2回服用する。

630 DHEA

今、注目されている古代インドの伝承医学、アーユルヴェーダとは?

毎日のターメリックが認知症のリスクを減らしてくれる

Yuhei

Yuhei編集スタッフ

投稿者プロフィール

このサイトへの投稿記事を編集しています。
神経質でストレスをため込む性格が災いして、日本では何かと体調不良な日々を送っていましたが、ここカリフォルニアに移住して快適な青い空の下、食事やライフスタイルに気を付けながらの生活が功を奏したのか、今は毎日健康そのものです。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. shutterstock_133396742

    2016-5-4

    【グルタミン酸】~疲労回復と脳を元気にするうま味の成分だが、うま味調味料ではない~

    【グルタミン酸】~疲労回復と脳を元気にするうま味の成分だが、うま味調味料ではない~ グルタミン…
  2. shutterstock_171474002

    2016-5-3

    【精油:クラリセージ】~月経前やホルモンバランスを整えたい時に~

    【精油:クラリセージ】~月経前やホルモンバランスを整えたい時に~ クラリセージはヨーロッパでは…
  3. AdobeStock_67792553

    2016-4-30

    じっくり飴色。玉ねぎスープの作り方

    じっくり飴色。玉ねぎスープの作り方 オーブンでじっくり火を通して甘みの増した飴色タマネギをスー…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. sunflower seeds eyeC
    小さくても元気がいっぱい詰まった【サンフラワーシード(ヒマワリの種)】毎日食べて心も身体も前向き…
  2. チャンネル紹介アイキャッチ
    自然療法医Dr.Ozawaー動画チャンネルのご紹介 ロスアンゼルスで自然療法クリニックを開業す…
ページ上部へ戻る