毎日を気分良く過ごしたい!【セロトニン vsドーパミン】神経のメッセンジャーはどんな働きをしているの?

セロトニン

img_cover016%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

毎日を気分良く過ごしたい!【セロトニン vsドーパミン】神経のメッセンジャーはどんな働きをしているの?

幸せホルモンのセロトニン、ワクワク快楽ホルモンのドーパミン。この二つの神経伝達物質は、日常生活でも結構耳にする単語になりました。それはこのニックネームのように私たちの気分や感情、食欲や性欲、睡眠や記憶、そして代謝などに関連する物質だからでしょう。

セロトニンとドーパミン

鬱病、躁うつ病、統合失調症、不安症など、セロトニンとドーパミンは精神的な症状に深く関連する物質です。セロトニンとドーパミンは類似する部分もありますが、働き方はちょっと違うようです。それぞれどんな特徴があるのか見てみましょう。

セロトニン

セロトニンは、腸内、血小板、中枢神経に存在する神経伝達物質で、ホルモンとしての働きもあります。セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから作られます。トリプトファンは食事から摂取する事ができますが、トリプトファンの吸収が少ないとセロトニンレベルも低くなり不安や気分の落ち込みなどを引き起こす可能性があります。ですから、セロトニンレベルが高いと、不安が減る、集中力が上がる、より穏やかでいられる、つまり幸福感をより感じる事が出来るというわけです。幸せホルモンと呼ばれる所以ですね。

セロトニンは幸せホルモン

低いセロトニンレベルは、不安症、不眠症、躁うつ病、自閉症、そして強迫性障害にも関連しています。セロトニンと鬱病の関係についての研究は多くありますが、低セロトニンレベルが鬱を引き起こす、というわけではないようです。ただ治療として薬(SSRI-選択的セロトニン再取り込み阻害薬)でセロトニンを増やすと鬱の症状改善効果が見られます。とは言え単にセロトニンレベルを上げるだけが鬱病の治療ではないという事も研究で分かっています。しかも薬によりセロトニンのレベルが高くなり過ぎると、セロトニン症候群が引き起こり、震え、頭痛、混乱、下痢、更にひどくなると筋肉の敏捷性の低下や痙攣、動悸、不整脈、高血圧などの症状が現れてしまいます。薬は大きなリスクも伴いますので、そのような場合は早急に医師にご相談ください。
スイートモーメント
セロトニンの働きは精神面だけではありません。

セロトニン、実は約95%は腸内に存在しています。食べた物が小腸に入ってくるとセロトニンは放出され、腸を介してその食物を押し出す為に収縮を刺激するという働きをします。またアレルゲンや有害な細菌が入ってくるとセロトニンの放出は増量され、何とか体外に排出しようと腸内を刺激して嘔吐や下痢などが起こります。逆にセロトニンの量が少ないと便秘が起こってしまいます。ですから過敏性腸症候群などの胃腸の問題や化学療法の副作用の吐き気や嘔吐の治療にセロトニンが使用される事もあるのです。

セロトニンと腸

幸せホルモンという別名を持つセロトニンの腸内での働きやその他の機能、ちょっと意外ですね。そして、そのほとんどが腸内にいるのに、精神面にも大きく影響するセロトニン。腸が第二の脳と呼ばれるわけも理解できます。

ドーパミン

一方、ドーパミンは主に脳内で分泌され、ニューロン(神経細胞)を行き来してシグナルを伝達し、やる気や欲望などをコントロールします。快楽のほとんどはドーパミンの放出に関連してるといってもよいようです。美味しい物を食べる、大好きな音楽のライブに行く、性行為をするなどワクワクドキドキと興奮する時に分泌される快楽物質です。脳内報酬系の物質ですから、行き過ぎるともっと刺激や興奮を求め始め、ギャンブルや薬物などの依存症をもたらす危険性も秘めています。

パーキンソン病の原因

ドーパミンは、気分、学習、体の動き、睡眠、注意喚起、血流などに影響を及ぼしますが、ドーパミンが多過ぎても、少な過ぎても、ニューロン間のコミュニケーションに問題が生じてしまいます。ドーパミンの機能障害は鬱病、パーキンソン病、統合失調症、ADHDなどに繋がります。ドーパミンの不足のみが鬱病を引き起こしてしまうわけではありませんが、集中力やヤル気がない、以前は楽しかった事が楽しくなくなる、絶望感などの症状はドーパミン不足が考えられます。

次回は、セロトニンとドーパミンを増やす方法をご紹介します。お楽しみに!
メラトニン広告 630
Reference:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2694720/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3055502/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2694720/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK361016/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25625874
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12480364

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. fluoride-brushing-teeth-m

    2016-10-6

    【フッ素】~脳や身体に悪影響でも、そのハミガキ粉まだ使いますか?~

    【フッ素】~脳や身体に悪影響でも、そのハミガキ粉まだ使いますか?~ 毎日使うあなたのハミガキ粉…
  2. nutritional-yeast-m

    2016-10-5

    【ニュートリショナルイースト(Nutritional Yeast)】~栄養たっぷり酵母~

    【ニュートリショナルイースト(Nutritional Yeast)】~栄養たっぷり酵母~ ニュ…
  3. vitamin-b12-m

    2016-10-3

    【ビタミンB12】~貧血気味の方、B12不足かもしれません~

    【ビタミンB12】~貧血気味の方、B12不足かもしれません~ ビタミンB12は不足しがちな栄養…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. spikenard root-eyecatch
    【精油:スパイクナード】眠れない夜に、そして第一チャクラを整えたい時にも役立つ精油 オミナエシ…
  2. clam-iron eyecatch
    【鉄分】不足は貧血の他にも、薄毛、生理痛の原因に!特に女性や高齢者には不足しがちなミネラル 鉄…
ページ上部へ戻る