【セルフヒール】~自ら癒すという意味を持つハーブ。どんな症状を癒してくれるの?~

セルフヒールの健康効果

Naturopathy全体

【セルフヒール】~自ら癒すという意味を持つハーブ。どんな症状を癒してくれるの?~

セルフヒールは古くから傷の治療に使われてきたハーブ。自己回復(Self Heal)という意味を持つネーミングですが、ヒールオール(Heal All-全てを治癒する)という別名も持っており、傷の治療以外にも様々な症状の改善に使われてきたハーブです。

和名ではウツボグサと呼ばれていますが魚のウツボではなく、枯れた花穂が弓矢を収める道具の靭(ウツボ)に似ている事が由来だそうです。セルフヒールはシソ科ウツボグサ属の多年生植物で、ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど多くの温暖な地域で見る事のできる身近なハーブ。日本でも生息しており、生薬として乾燥させた花穂は夏枯草(カゴソウ)と呼ばれています。

夏枯草、ウツボグサの健康効果

セルフヒールは古くから傷の治療や出血を止めるとして使われてきました。16世紀、イギリスのハーバリスト(薬草医)であるジョン・ジェラードは、「世界中でセルフヒールほど傷の治療に役立つハーブは他にはない。」と自著(The Herbal or General History of Plants: The Complete 1633 Edition)の中で述べています。

北アメリカでは、多くのネイティブ・アメリカンの部族たちが、傷治療の他にも解熱、打ち身、おでき、痔、ニキビなどの治療に使ってきました。また中国漢方では強壮剤や解熱、リューマチの症状改善、更に肝臓の機能をサポートする事から肝機能の低下による濁り目も改善すると言われています。

セルフヒールにはどんな成分が含まれているの?

ルチン、シアニジンなどのフラボノイド、ビタミンA、ビタミンBビタミンCビタミンK、脂肪酸、タンニン、コーヒー酸、リノール酸、マンガン、揮発成分、ロスマリン酸、ウルソール酸、オレアノール酸などを含んでいます。抗菌、防腐、解熱、鎮痙、収れん、駆風、利尿、強壮、血圧を下げるなどの働きがあると考えられています。
pickup04-what is medical herb

セルフヒールの効果や効能

ヘルペス
口や性器に症状が引き起こる感染症ヘルペスの治療に使われます。動物を使った実験では、セルフヒールを含む軟膏がヘルペス感染による痛みや皮膚の損傷を改善した事が報告されています。

セルフヒールはヘルペスに効果的

糖尿病に
糖尿病、そしてその合併症の予防に役立つ可能性が研究により示唆されています。試験管研究と動物を使った研究によると、セルフヒールに含まれる特定の成分には、体内の炭水化物を分解して代謝する酵素の働きを阻止する可能性のある事が示されました。これは血糖値の低下と血糖値のコントロールの改善につながる可能性を表しています。

抗炎症作用
急性冠不全症候群、脳卒中や末梢動脈疾患(全身、主に下肢動脈等の末梢血管の動脈硬化性疾患)などとして現れるアテローム性動脈硬化は動脈壁の慢性炎症疾患です。ヒトの心筋細胞を使った試験管研究によると、セルフヒールの抽出物が、これらの発症につながる炎症性タンパク質の活性を抑制する事が分かっています。マウスを使った実験では、セルフヒールの抽出物は、下痢、胃腸、直腸からの出血を引き起こす可能性のある大腸炎などの炎症を効果的に抑えたと発表されています。

セルフヒールの抗炎症作用

ガン予防
試験管研究ではセルフヒールに含まれるコーヒー酸、ロスマリン酸などを含む植物化合物が、ガンの発生に関連する(フリーラジカルによる)細胞のダメージを防ぐ抗酸化物質として働く可能性があると示唆されています。

使い方

アメリカでは、チンキ、カプセル、ドライハーブ、軟膏などが販売されていますが、日本では夏枯草が一般的でしょう。

注意点

妊娠中、授乳中の方のご使用はお控えください。
DETOXチンキReference:
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23096361
https://pharmacologia.com/fulltext/?doi=pharmacologia.2013.441.448
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1684118211000272
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17475343
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25278372
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4133916/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4635162/

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. allium-vegetables-m

    2016-9-8

    【アリウム属の野菜たち】~独特の香りの野菜は健康と食卓には欠かせない~

    【アリウム属の野菜たち】~独特の香りの野菜は健康と食卓には欠かせない~ アリウム属の野菜?聞き…
  2. hair loss M

    2016-9-7

    【L-リジン(L-Lysine)】~発毛や美肌効果のあるアミノ酸~

    【L-リジン(L-Lysine)】~発毛や美肌効果のあるアミノ酸~ L-リジンはたんぱく質の製…
  3. kid in the kitchen M

    2016-9-6

    【ゴキブリ退治】~エッセンシャルオイルでゴキブリから家を守る~

     【ゴキブリ退治】~エッセンシャルオイルでゴキブリから家を守る~ 暑くてジメジメした夏の間に盛…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. sacha inchi - eyecatch
    【サチャインチシード】はオメガ-3やタンパク質豊富なスーパーフード!抗炎症作用や嬉しいダイエット…
  2. PPQ
    アンチエイジング界の新星!「PQQ」は脳細胞〜全身を活性化してくれる注目の成分です。 PQQ、…
ページ上部へ戻る