woman dislike suntan-eyecatch

img_cover005 のコピー

知っておきたい案外身近な肌トラブル【日光過敏症】

春から夏にかけ肌の露出が多くなると、肌トラブルの心配を抱える人も多くなります。最も多い<日焼け>のほか、意外に多いのが<日光過敏症>と呼ばれる症状で、日光によって皮膚に発赤や炎症、かゆみを伴う湿疹などが生じるアレルギー疾患です。日光過敏症には<多形日光疹><日光じんましん><薬剤性光線過敏症>などがあり、真夏よりも春先から初夏にかけて最も発症しやすいとされています。遺伝性、自己免疫性、代謝異常や特定の化学物質や植物に対するアレルギーなど原因は様々です。

多形日光疹

最も一般的な症状で、主に日光に当たる機会の少ない地域の人(特に女性)に多く見られ、日光(紫外線)に当たった皮膚部分に、赤く痒みを伴う発疹や水泡が生じるのが特徴です。日光に当たった後、30分から数時間で出現する場合もあれば数日後に出現する場合もあり、発症のパターンは様々です。通常、数日から数週間で徐々に消えていきます。

日光じんましん

じんましん-630

即時型のアレルギーで、日光に当たるとすぐに皮膚が赤く腫れ、痒みも伴い、時にみみず腫れになることもあります。通常は数分から数時間で消失しますが、このじんましんが広範囲になると、頭痛やめまい、吐き気、喘鳴などの症状が起こる場合もあり注意が必要です。紫外線が原因ではなく、可視光線によるアレルギー症状なので、抗ヒスタミン剤が症状緩和に用いられます。

薬剤性光線過敏症

日光に内服薬や外用薬などに含まれる化学成分が反応して起こるアレルギー症状で、2つのタイプに分けられます。

sunlight-630

光毒症
薬剤性では比較的多く見られる症状で、日光(紫外線)が当たった皮膚部分にのみ赤く痛みを伴う炎症が生じます。テトラサイクリン系薬剤、アスピリンなどの抗炎症剤、利尿剤や血圧降下剤、香水などが原因物質とされており、通常24時間以内に出現します。また<フロクマリン>を含む植物(セロリ、パセリ、ライムなど)、<ソラレン>を含む柑橘類などを摂取した一部の人にも<植物性光皮膚炎>として同様の症状が現れることがあります。

光アレルギー
日光に当たってから3日前後に、じんましんの様な痒みを伴う水泡や赤くうろこ状の皮膚が出現します。日焼け止めなどに含まれる化学物質に反応するために起こるとされています。

現在、アレルゲンとされる化学物質は100種類を超えており、今後も増加することが予想されます。

予防と対策

まず医療機関での診断によって、原因となる物質や疾患を特定することが重要です。特に、ポルフィリン症や紅斑性狼瘡などの自己免疫疾患は、日光過敏症のリスクを高めるので要注意です。皮膚症状の緩和には、抗ヒスタミン剤やステロイドなどの外用薬での治療もありますが、副作用などの懸念もあり、ホメオパシーのレメディを用いた自然療法での症状改善も行われています。

homeopathy 022118-630

 

« レメディ例 »

ベラドンナ         突発性の激しい炎症や発疹など

エイピス メリフィカ    赤く熱を持つ腫れや蕁麻疹など

ナトラム カルボニカム   水泡を伴う発疹など

ナトラム ミュリアティカム   頭痛や痒みを伴う炎症や熱傷など

カンファー           日焼けによる発疹や日射病など

サルファー         熱を持ち、痛みや化膿を伴う炎症など

カレンデュラ        日焼け、熱傷、炎症や湿疹など皮膚疾患全般

70925410■ホメオパシーシングルレメディー30C BOIRON
1932年に双子の薬剤師Jean&Henri Boironによってフランスで創設されたボイロン社は、安全なホメオパシーを提供することに専心してきました。80年にわたる専門家による研究開発により高品質な製造方法を作り上げ、他にはない専門的技術を培っています。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=74248297

 

また、インドの伝承医学ではよく知られている<アムラベリー>は、ビタミンCなどの抗酸化成分を豊富に含んでおり、皮膚の炎症緩和と再生を促します。そのほかにも<ベータカロテン>は多形日光疹やポルフィリン症が原因のものに有効とされています。

2003年に出された国連環境計画(UNEP)で、すでにオゾン層の減少が報告されており、地球に届く有害な紫外線は現在も増加傾向にあります。また、新しい化学物質も次々と作られていることで、さらにアレルギーが増える可能性も否定できません。人類とは切り離せない大切な自然の恵みでもある日光と上手に付き合っていくためにも、日光過敏症の傾向のある人はもちろん、現在そうでない人も日常的に日焼け止めを使用し、UV加工等が施されている衣服、サングラスを着用するなどして、日光に当たる時間を必要最低限に留めるよう心がけることが肝要ですね。
img_cover040

MIUKO

MIUKOライター

投稿者プロフィール

健康情報番組が大好きで、より良い健康法の飽くなき探求に日々アンテナを張り巡らす自称「健康探偵シャーロックおばちゃん」。うまい話にはすぐ飛びつきます。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. healthy skin asian woman M

    2016-8-17

    【ビオチン(Biotin)】~カラダも髪も美しく~

    【ビオチン(Biotin)】~カラダも髪も美しく~ ビオチンはビタミンB群の一種でビタミンB7…
  2. itchy skin M

    2016-8-16

    【痒みを抑えるレシピ】~夏の痒い肌にはコレ!~

    【痒みを抑えるレシピ】~夏の痒い肌にはコレ!~ 夏は虫さされだけでなく、汗をかいたカラダに髪の…
  3. Sea Vegetable salad - iodine M

    2016-8-15

    【ヨウ素(Iodine)】~適量レベルを守る事が大事~

    【ヨウ素(Iodine)】~適量レベルを守る事が大事~ ヨウ素は福島原発放射能漏れにより注目度…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. wild lettuce-eyecatch
    サラダとしては食べない【ワイルドレタス】!? ~レタスオピウム(アヘン)という別名もあるハーブ~…
  2. heavy metal-eyecatch
    「体に溜まった重金属が病気を引き起こす、、。」重金属をデトックスする方法と、蓄積させないためにで…
ページ上部へ戻る