silicon-eyecatch

img_cover005 のコピー

【シリコン】 ~身体に不可欠な微量ミネラル「ケイ素」~

今回のテーマはシリコン。えっ、シリコンって美容形成で使われるアレのこと?

ここで、さっそく豆知識・・・

いえいえ、コンタクトレンズやインプラントなどの医療用品、調理用品、ヘアケア製品など幅広く使われているあの素材は正確にはシリコーン(silicone)といい、ケイ素と酸素に炭素を含む有機基が結合した合成ポリマーです。

一方、本家本元のシリコン(silicon)は、日本語でケイ素と呼ばれる元素(元素記号 Si)です。あまり聞き慣れない元素名かもしれませんが、地殻を構成する元素としては、酸素に次いで2番目に多い元素。地球規模で重要な存在であるシリコンはハイテク機器や半導体の素材としても利用されており、世界最先端のハイテク企業が集まるシリコンバレーの名も、半導体の主原料であるシリコンに由来しています。またシリコンは水や動植物、そして微量ながら私たちの体内にも存在しています。

Silicon valley exit sign-630

「シリコンケーキ型」「シリコン入りシャンプ&トリートメント」など、本来ならシリコーンと呼ばれるべきものがシリコンと称されることは少なくありません。今回のテーマは元素であるシリコンについてですが、名前が紛らわしく、混乱を招きかねないので、ここでは以下「ケイ素」にてお話を進めます。

ケイ素について

長い間、ケイ素の生理学的な役割はよくわからないままでした。わからない・・・というより、カルシウムやマグネシウムなどの他のミネラルに比べ、ケイ素に対する関心が低かったと言ってもいいかもしれません。ところが、研究が続けられる中で、ケイ素は私たちの健康に対して重大な影響を与えるミネラルであることがわかってきたのです。

ケイ素の効果効能

ケイ素がもつ重要な役割のひとつに、コラーゲンの産生促進作用があります。

骨、そして関節の健康に

bone health-630

骨といえばカルシウム!そんなイメージが真っ先に思い浮かぶでしょう。ところが、カルシウムが豊富でも、コラーゲン無くして骨は成長維持できないのです。カルシウムやリンといったミネラルを骨に吸着させるのはコラーゲン。そして骨の柔軟性もコラーゲンによるもの。つまり骨をより強くしなやかにするのはコラーゲンなのです。さらに、コラーゲンは、骨と骨の緩衝材となる軟骨の主成分です。ケイ素によって十分なコラーゲン量が保たれることで、骨折や骨粗しょう症、さらには関節炎の予防が可能になります。

ビューティー効果! 美髪+美肌+美爪

healthy skin asian 052819-630

コラーゲンは肌、爪、さらには髪の健康に不可欠な成分です。コラーゲンが皮膚の結合組織に働きかけて肌に弾力やハリを与え、シワ予防にもつながります。また、丈夫で美しい爪は、コラーゲンを主成分とする爪床(爪下の皮膚部分)が健康な状態であればこそ!そしてコラーゲンは太く健康的でツヤのある髪を生み出し、髪を美しくするだけでなく、抜け毛や薄毛予防も期待できます。ケイ素は、そんな美の源であるコラーゲンの生成や活性を促すミネラルなのです。

アテローム性動脈硬化リスクを下げる
ケイ素は血管内にアテローム(コレステロールを主成分とする粥腫)のプラークが蓄積するのを抑えるので、動脈硬化の予防につながります。健康なヒトの大動脈と頸動脈をみると、アテローム性動脈硬化症のそれと比べ、ケイ素がかなり多く含まれているという研究報告もあります。

アルミニウム毒性を予防

food cooked in foil-630

ケイ素は、食品や飲料品に含まれるアルミニウムと結合することで、消化管内でのアルミニウム吸収を減少させることが可能です。

ケイ素はどのように体内で吸収されるの?

食品中のケイ素は不溶性のため、消化管で直接吸収することはできません。では、どのように取り込むのか?というと、食品中のケイ素は胃酸によってオルトケイ酸に可溶化され、そのオルトケイ酸が胃壁や腸を通して血中に流れこむのです。言い換えれば、加齢や病気により胃酸度が低くなると、食物からケイ素を(体内に吸収され利用されうる)オルトケイ酸に変換する能力が下がってしまうため、ケイ素欠乏に陥りやすくなります。
ドクターサプリバナー

加齢によるケイ素欠乏

ケイ素は加齢とともに減少していきます。組織を結合させる役割を担うコラーゲンの生成や活性を促すケイ素が欠乏してくると、目に見える形で症状が現れます。骨の弱化、お肌のシワやたるみ、爪のトラブル、抜け毛・薄毛などがその一例です。

ケイ素を含む食品

peanut almond apple-silicon-630

ケイ素は体内で生成することができないため、食物から取り入れる必要があります。ケイ素は岩石や土壌の成分として自然界に存在しているため、土に根ざした植物、特に穀類に多く含まれます。全粒穀物、ピーナッツ、アーモンド、りんご、さくらんぼ、オレンジ、じゃがいも、生キャベツ、人参、玉ねぎ、きゅうり、かぼちゃなどからケイ素を補うことが可能です。また、硬水にも多く含まれています。

注意点

食物から摂取する分には安全とされていますが、ケイ素サプリメントを利用する場合、服用中のお薬や疾病治療中の方、また妊娠中や授乳中の方は、事前に医師にご相談ください。
肝臓解毒サポート

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. Fennel seeds M

    2016-8-23

    【精油:フェンネル(Fennel)】~減量や美肌対策にも~

    【精油:フェンネル(Fennel)】~減量や美肌対策にも~ フェンネルの原産は地中海地方ですが…
  2. Herpes M

    2016-8-22

    【ヘルペス(単純疱疹)を自然療法で治す】

    【ヘルペス(単純疱疹)を自然療法で治す】 ヘルペスはウイルスによって引き起こされる感染症で、皮…
  3. Sunday Yoga

    2016-8-20

    【シータリー呼吸法(Sitali Breath)】~カラダを冷やす呼吸法~

    【シータリー呼吸法(Sitali Breath)】~カラダを冷やす呼吸法~ 8月も後半とはいえ…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. shutterstock_305794487
    全身に使える!伝説の若返りの水「ハンガリーウォーター」作り方 若返りの水として有名なハンガリー…
  2. フローズンヨーグルトレシピ
    「たったこれだけ!?」簡単すぎるフローズンヨーグルトの作り方 今日は、簡単すぎるフローズン…
ページ上部へ戻る