antarctic krill-eyecatch

オメガ3 DHA, EPA

【クリルオイル】 ~ 地球の生態系の底辺を支える生物からのありがたい贈り物 ~

魚の脂に含まれるEPAやDHA(オメガ3不飽和脂肪酸、以下オメガ3)は抗炎症作用、血液サラサラ効果、脳の活性効果など素晴らしい働きが期待できるため、健康維持のために積極的に摂りたい成分。

脂肪の多い魚、魚油(フィッシュオイル)をベースとしたオメガ3サプリメントに続く、次世代のオメガ3供給源として今注目を集めているのがクリルオイルです。

krill oil capsule-630

クリル(krill)とはオキアミの英語名。クリルオイルはナンキョクオキアミという小さな甲殻類から抽出されたオイルで、EPAやDHA を豊富に含んでいます。

ナンキョクオキアミとは?

オキアミは世界中の海に分布していますが、ナンキョクオキアミ(学名Euphausia superba)という種はその名の通り南極海に生息しています。エビのような外見をもつナンキョクオキアミは植物プランクトンや微細藻類を捕食し、体長約6cm、体重1〜2gにまで成長します。バイオマスは5億トンにも及び、地球上の人類の総重量よりも重いとされています。

krill macro detail-630

クジラやペンギン、アザラシ、魚など多くの動物の餌になるナンキョクオキアミは、地球上の食物連鎖の底辺を支える重要な生物。何らかの原因でこのオキアミがいなくなると生態系は崩壊してしまいます。南洋の生態系を守るべく、南極海洋生物資源保存条約の下、ナンキョクオキアミの捕獲量は制限されています。

クリルオイルの特徴

  1. リン脂質結合型オメガ3だから、容易に吸収されやすい

魚油とクリルオイルは共にオメガ3(EPAやDHA)を豊富に含みますが、吸収性という点ではクリルオイルに軍配が上がります。それはオイルの構造に秘密があります。魚油のオメガ3はトリグリセリド (中性脂肪)と結合しています。このトリグリセリド結合型オメガ3は水に溶けにくいため、体内で分解と乳化というプロセスを経て吸収されます。一方、クリルオイルのオメガ3は、リン脂質に結びついた構造をしています。このリン脂質結合型オメガ3は親水性で胃液に容易に溶け込むため、吸収されるまでの時間やプロセスが短いのです。

  1. スーパー級の抗酸化物質“アスタキサンチン”を含む

クリルオイルにあって、魚油にないもの – それはアスタキサンチンという抗酸化物質です。アスタキサンチンとはカロテノイドの一種で、エビ、カニ、鮭などの体に多く含まれる天然の赤い色素です。このアスタキサンチンの抗酸化力は最強!フリーラジカルへの対抗力はビタミンCの6000倍、ビタミンEの550倍、βカロチンの40倍とも言われています。

krill red shrimp-630

  1. 重金属汚染の懸念がない

海洋汚染が極めて少ない南極海に生息するため、水銀をはじめとする重金属による汚染の心配がありません。

  1. 持続可能性(サスティナビリティ)

海洋汚染・気候変動・乱獲などにより、魚油の原料になる魚の数は減少の一途をたどっています。一方、オキアミは、前述の通り膨大な生息数を誇る上、漁獲量制限もあることから、魚よりも持続性が高いと考えられます。
PMSサポート 630

クリルオイルの効果・効能

現時点ではクリルオイル自体に関する研究数は少なく、クリルオイルの健康効果を実証するにはさらなる研究や調査が必要です。しかし、クリルオイルには私たちの身体に有益なオメガ3やアスタキサンチンが豊富に含まれています。

心血管疾患リスクを下げる

heart health-630

魚油やクリルオイルに含まれるオメガ3には、心拍や血圧の安定化、血小板凝集抑制、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を低下させる作用があります。さらに、クリルオイルにはHDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあり、心血管機能改善や疾患予防の効果があります。

脳の健康に
オメガ3は脳の発達や機能にとっても重要な成分。これまでの研究でも、オメガ3によるうつ病、双極性障害、統合失調症、ADHD、認知機能低下などに対する改善効果が示唆されています。血圧やコレステロール値を正常化させることで脳梗塞リスクを下げ、血流改善により脳機能を活性させます。さらに、アスタキサンチンの強い抗酸化力が酸化ストレスから脳や神経を保護することが期待されます。

リウマチや関節炎の緩和

arthritis elbow-630

オメガ3の抗炎症作用により、関節炎や関節リウマチの腫れや痛みを緩和します。軽度の膝関節痛を抱える50名にクリルオイルを30日間摂取させたところ、就寝中や起立時の痛みが軽減し、膝の動きも良くなったとの研究結果が報告されています。

PMS(月経前症候群)の改善
PMSの診断を受けた70名の女性にクリルオイルか魚油のどちらかを90日間摂取させたところ、腹痛やむくみなどの身体的症状の緩和は両グループともにみられました。胸の張りや感情面(イライラ、気分の落ち込み)に関しては、クリルオイルを摂取したグループの方により大きな改善がみられました。PMS 2-630

お肌のトラブルに
ニキビから皮膚炎まで、炎症が原因のお肌のトラブルにはオメガ3が有効です。また、アスタキサンチンが酸化ストレスから皮膚細胞を守ります。このようにクリルオイルには、オメガ3とアスタキサンチンのダブル効果でお肌を健やかにすることが期待できます。

使い方

サプリメントで摂取することができます。
人によって、クリルオイルによって胃のむかつき、げっぷ、戻り臭といった症状が出ることもあります。まずは少量から始め、食事と一緒に摂ることで、これらの不快な症状を軽減することができます。

注意点

魚介類や甲殻類に対するアレルギーがある方は摂取をお控えください。
また妊娠中や授乳中の方、健康上のトラブルを抱える方や服用中の薬がある方は、事前に主治医にご相談ください。
総合ビタミン ミネラル高活性、高濃度

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. Swiss chard M

    2016-6-15

    【スイスチャード(フダンソウ)】~カラフルで栄養豊富な葉野菜~

    【スイスチャード(フダンソウ)】~カラフルで栄養豊富な葉野菜~ 日本では不断草(フダンソウ)と…
  2. shutterstock_280737197-1

    2016-6-14

    【使い方いろいろ。ローズとラベンダーポプリの作り方】

    【使い方いろいろ。ローズとラベンダーポプリの作り方】 ほんのリ香りやさしい香りのポプリ。キレイ…
  3. Chamomile M

    2016-6-13

    癒やしのハーブ 【カモミール(Chamomile)】

    癒やしのハーブ 【カモミール(Chamomile)】 ハーブに興味がない方もカモミールという名…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. sunflower seed patty
    セレブも実践するローフード!ひまわりの種を使って作ってみよう【ローフードハンバーガーパテ】 ロ…
  2. chrysanthemum-eyecatch
    【クリサンセマム(菊)】生薬の伝統を受け継ぐ~古くから飲まれている美しく、爽やかな菊花茶 日本…
ページ上部へ戻る