【グラウンドアイビー(カキドオシ)】 ~食用、薬用、そしてアルコール飲料の原料だったハーブ~

ground ivy-eyecatch


キャロットシード小

【グラウンドアイビー(カキドオシ)】 ~食用、薬用、そしてアルコール飲料の原料だったハーブ~

今回のテーマは、グラウンドアイビー(Ground Ivy) 。日本で「カキドオシ」と呼ばれているシソ科の常緑多年草で、淡紫色の小花や丸く小さな鋸歯の葉という可愛らしいパーツを持つ植物です。見た目の可憐さとは裏腹に、グラウンドアイビー(カキドオシ)という名の如く、蔓状の茎が地面を這いながら垣根を通り越すほど力強く伸長します。

シソ科独特の爽やかな芳香と苦味を持つグラウンドアイビーは、生の葉はサラダやスープの風味づけに、そして乾燥させた全草(花・葉・茎)はハーブやチンキとして利用できます。

fresh ground ivy-630

呼称いろいろ

この植物を指す名称は、英語だけでも複数存在します。「グラウンドアイビー」は最も一般的な呼称ですが、学名(Glechoma hederacea) をそのまま使って「グレコマ (Glechoma)」と呼ばれることもあります。また、英国で使われる呼び名のひとつに「エールフーフ (Alehoof)」というものがあります。これは、17世紀初頭にホップが登場するまで、この植物がエール(ビールの一種)の風味づけ・清澄化・雑菌繁殖抑制に使われていたことに由来します。

豆知識

ヨーロッパ及びアジア原産のグラウンドアイビーは、今では北米を含む世界各地に分布しています。どのようにしてアメリカ大陸に渡ったのか?それはグラウンドアイビーがヨーロッパからの初期入植者たちによって、アメリカ大陸に持ち込まれたハーブのひとつだったからなのです。それだけ当時のヨーロッパの人にとって身近な植物だったのでしょうね。

グラウンドアイビーに含まれる有効成分

豊富なビタミンCに加え、フラボノイド類、トリテルペノイド類(ウルソール酸やオレアノール酸)、揮発性油(プレゴンやメントン)、サポニンなど、様々なフィトケミカルが含まれています。これらの天然有機化合物を有することで、抗酸化作用、抗炎症作用、鎮静作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、去痰作用、利尿作用、殺菌作用等、多くの効果が期待できます。
pickup04-what is medical herb

生薬としてのグラウンドアイビー

煎じて内服するだけでなく外用薬としても、古くから利用されてきたグラウンドアイビー。その薬用効果は、「薬理学の父」と称されるディオスコリデスや解剖学を創始したガレノス等、古代西洋の代表的医学者たちから高く評価されていました。

民間療法では、壊血病、軽度の肺疾患、気管支炎、咳、関節炎、耳鳴り、消化不全、下痢、痔、膀胱炎、尿管や腎臓の結石、裂傷、皮膚潰瘍などの治療や、鉛中毒の解毒に用いられてきました。

現在、その効能を「科学的」に実証すべく、さらなる研究やデータ収集が行われる一方、白血病、ガン、肝炎、HIVに対する予防効果についても研究が進められています。

dried ground ivy-630

グラウンドアイビーの効果・効能

粘膜の炎症抑制・収れん作用
口腔や耳鼻咽喉、消化器官などの内壁を覆う粘膜。グラウンドアイビーには、粘膜の充血や炎症の抑制、さらには収れん作用(タンパク質と結合して皮膜を形成し、粘膜への刺激を緩和する作用)も期待できます。風邪によって生じる過剰な粘液(鼻水や痰)の改善、副鼻腔炎や中耳炎などの粘膜炎症の抑制、また下痢症状などにも有効です。

お肌のトラブルに

boil-odeki-630

抗炎症、鎮静、消毒作用をもつグラウンドアイビーは外用薬としても優れた効果を発揮します。傷、膿瘍、炎症性の腫物(おでき)にはグラウンドアイビーの絞り汁を塗布または湿布します。日焼けしたお肌には、グラウンドアイビーを含むローションが、ほてりを鎮め、紫外線による肌ダメージの回復を助けます。グラウンドアイビーを入浴剤として湯船に入れると、お肌に潤いを与えるだけでなく、皮膚炎の改善効果も期待できます(同時に、アロマによるリラックス効果も得られるという嬉しいおまけ付き)!

使い方

手軽にご利用いただくには、ドライハーブがおすすめです。

注意点

安全なハーブとされますが、過剰摂取は胃腸粘膜や腎臓に炎症を引きおこす可能性があります。
また、グラウンドアイビーに含まれるプレゴンという成分には肝毒性、堕胎作用、刺激作用がありますので、妊娠中や授乳中の方、肝臓疾患や発作性疾患(てんかん)に罹患している方は、摂取をお控えください。
banner06

Nobuko

Nobukoライター

投稿者プロフィール

最近、脱・白髪染め宣言をしたアラフィフ女。 日常の食生活に様々なスーパーフードを取り入れながら、身体の中からのエイジングケアに取り組んでいます。   
〔ほぼ日課〕 ヴィーガンの夫と共に、オーガニックストアやヘルシーレストランをチェックすること
〔好きな物〕 オーガニック&ナチュラル&アロマ関連アイテム / あんぱん・和菓子 / 昭和のドラマ

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. Swiss chard M

    2016-6-15

    【スイスチャード(フダンソウ)】~カラフルで栄養豊富な葉野菜~

    【スイスチャード(フダンソウ)】~カラフルで栄養豊富な葉野菜~ 日本では不断草(フダンソウ)と…
  2. shutterstock_280737197-1

    2016-6-14

    【使い方いろいろ。ローズとラベンダーポプリの作り方】

    【使い方いろいろ。ローズとラベンダーポプリの作り方】 ほんのリ香りやさしい香りのポプリ。キレイ…
  3. Chamomile M

    2016-6-13

    癒やしのハーブ 【カモミール(Chamomile)】

    癒やしのハーブ 【カモミール(Chamomile)】 ハーブに興味がない方もカモミールという名…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. sunflower seed patty
    セレブも実践するローフード!ひまわりの種を使って作ってみよう【ローフードハンバーガーパテ】 ロ…
  2. chrysanthemum-eyecatch
    【クリサンセマム(菊)】生薬の伝統を受け継ぐ~古くから飲まれている美しく、爽やかな菊花茶 日本…
ページ上部へ戻る