stomachahce-gastritis-eyecatch

20160920-03

【胃炎】~胃がんに繋げたくないから、予防と早目の治療を~

胃炎は割と良く耳にする症状ですね。胃炎は胃の粘膜がただれたり、炎症を起こしている状態で、中には症状をまったく感じない方もいるようですが、通常痛みや消化の問題などの症状を伴います。胃の痛みや不快な症状、消化不良などは時に誰でも経験する事ですが、続けて症状がある場合は胃炎を疑った方が良いかもしれません。

gastritis-630

胃炎には急に痛みが起こる急性胃炎、徐々に時間をかけて炎症が大きくなる慢性胃炎、そして慢性胃炎の中には胃の腺細胞が少しずつ失われていき、それを腸や線維組織がカバーする萎縮性胃炎などの種類があります。

胃炎から胃がんが発生するリスクがあるので、早目の治療や予防が大事です。

胃炎の症状

・腹部や胃に絶え間なく続く焼けるような痛みがある。食事を取ると痛みが悪化もしくは良くなる。
・吐き気や嘔吐
・腹部膨満感
・食欲不振
・しゃっくり、げっぷが増える。
・黒くタールのような便が出る。

胃炎の原因

胃の粘膜に炎症を起こす原因は多くあります。

 ピロリ菌

pylori in stomach-630

世界中の人口の約半分がピロリ菌に感染していると言われており、まったく症状が無い方もいるようですが、感染者のほとんどは胃の粘膜に棲むピロリ菌が増殖して胃潰瘍や胃炎を引き起こしているようです。ピロリ菌が原因の場合は、慢性的な胃炎となり、胃の粘膜を守る力が次第に弱くなってしまいます。胃がんになる可能性が大きいです。

 大量のアルコール摂取
アルコールは胃の粘膜を刺激し、消化液にも過敏にさせてしまいます。アルコールが原因の場合は急性胃炎が起こりやすくなります。

drinking too much-630

 頻繁な痛み止めの服用
アスピリンや非ステロイド系抗炎症薬などの痛み止めを頻繁に服用すると、酸の生産に影響を与え、胃の粘膜が荒れてしまうので、胃炎を起こしやすくしてしまいます。

 慢性的なストレス
ストレスは胃酸の生産を増やすので、胃炎の症状を悪化させてしまいます。

 偏食や栄養不足
ビタミンB12不足、またマグネシウム、カルシウム亜鉛、そしてセレンなどのミネラルの不足は胃炎に繋がるリスクがあります。

 加齢によるもの
加齢に伴い胃の粘膜は薄くなっていきます。また若い人に比べてピロリ菌に感染している方や自己免疫を患っている方が多いので、胃炎になるリスクも高くなっているようです。

自然療法

 ピロリ菌退治:ピロリ菌は胃炎だけでなく、胃がんの原因にもなってしまいます。

―ピロリ菌に強い食品
ブロッコリー:特にスプラウトにはピロリ菌退治に効果的な成分のスルフォラファンを多く含んでいます。

broccoli florets and sprouts-630
ニンニク:研究により、ニンニクはピロリ菌退治に役立つ事が証明されています。

その他、ハチミツ(特に生ハチミツやマヌカハニー)、オリーブオイルなども良いでしょう。

ピロリ菌についてはコチラをご覧ください。

 食生活の改善

―胃を荒らす食品や炎症を悪化させる食品を控える

no to chocolate-630

辛い食品、加工食品、揚げ物、チョコレート、カフェイン、甘い飲み物などは控えましょう。個人差もありますので、何を食べたら悪くなるのか、または大丈夫なのかを記録して合わない食品を探してみるのも良いでしょう。

―抗酸化作用のある食品や胃炎の症状を抑える食品を食べる
ベリー類、ニンニク、玉ねぎ、ショウガ、ビーツ、ピーマン、ナッツ類、豆類、海藻類など。またビタミンAは粘膜に良いので、ニンジン、ほうれん草、アスパラなども良いでしょう。

 サプリメント

脱グリセル甘草根:甘草根は伝統的に胃腸の問題に使われてきた漢方薬です。

70925410■DGL(脱グリセル甘草根)チョコフレーバー
DGL(脱グリセル甘草根)は胸焼け、食道炎、胃炎を素早く解消するサプリメント。胃の粘膜を守る作用に優れ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治りを早めます。甘草根は伝統的に胃腸にまつわる疾患に長年使われてきた漢方薬です。内容成分の「DGL」(脱グリセル甘草根)は胃の不快感を素早く和らげます。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=66687646

 

プロバイオティクス:腸内環境を整え、消化を改善してくれます。
マスティックガム:古代ギリシャやエジプトの時代から胃腸疾患の治療に使われてきたハーブです。
亜鉛:胃の粘膜の修復し、胃腸の不快感や痛み、その他の症状を改善してくれます。

 アロエジュース

shutterstock_aloe vera

アロエは荒れた胃をなだめる働きを持っている他、炎症を抑える働きがあります。

 痛み止め薬を減らす
辛い痛みは早く抑えたいものですが、胃の為にはできるだけ減らし、ペパーミントなどのエッセンシャルオイルやハーブなどを使う自然な方法で痛みを抑えるようにしましょう。

 運動⇒ストレス解消
運動はストレス解消の他、免疫力を上げたり、ホルモンバランスも整えてくれます。ウォーキングなど習慣的に行いましょう。
Line kiji banner

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. herb tea detox m

    2016-2-16

    本格的な花粉シーズン前に!「デトックスハーブティ」レシピ

    【本格的な花粉シーズン前に!「デトックスハーブティ」レシピ】 もうすぐ、いや〜な花粉症の季節。…
  2. bath salt rosem

    2016-2-13

    【バレンタインに心も体も温まるローズのバスソルト!】

    【バレンタインに心も体も温まるローズのバスソルト!】 世界中の女性に愛される香りの代表といえば「ロ…
  3. チョウセンゴミシSchisandra chinensis m

    2016-2-12

    【チョウセンゴミシ】~アダプトゲンハーブといわれる万能ハーブ~

    【チョウセンゴミシ】~アダプトゲンハーブといわれる万能ハーブ~ 中国北部、韓国、日本、ロシア極…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. marshmallow tea
    【マシュマロウ】~身体の外から内からよみがえる!粘液パワーを使いこなす方法~ 丸くてフワフワの…
  2. ladies overweight and slim with logo
    なぜ 減量が重要なの?その理由と方法を教える【身体のためのダイエット術】 テレビや雑誌、薬局な…
ページ上部へ戻る