ただの疲れとは違う【慢性疲労】。その辛い症状の裏にあるのはストレスや副腎の疲労!!

chronic fatigue woman-eyecatch

630 副腎疲労

ただの疲れとは違う【慢性疲労】。その辛い症状の裏にあるのはストレスや副腎の疲労!!

忙しい現代を生きる私たちは、昔に比べて疲労も多いようです。その日の疲れがその日のうちに取れれば良いのですが、休んでも疲労感はなくならず、そのまま6か月以上も続くと慢性疲労と呼ばれるようになります。慢性疲労は体の疲労感に加え、不安、怒りなど精神面にも影響を及ぼします。一つの検査で診断されるものではなく、様々な要因が絡んでいるので、病院に行っても何なのかわからないまま、抗うつ剤や睡眠導入剤などが処方される事が多々あるようです。そして症状は悪化してしまいます。

anxiety 070218-630

慢性疲労の症状

・体力の低下、食欲の低下
・慢性的な喉の痛み、頭痛
・熱っぽい、寝汗
筋肉疲労、筋肉痛
・鬱、集中力や記憶力の低下睡眠障害
過敏性腸症候群などのような消化の問題
・精神面ではイライラ、気分の変動、、罪悪感、パニック障害など

慢性疲労の原因

考えうる原因は多岐に渡っています。貧血甲状腺機能低下免疫力の低下、食品アレルギー、低血糖または高血糖、不眠、解毒機能の低下、胃腸の問題などなど様々な原因があります。大抵の場合は複数の原因が絡んでいますが、その多くはストレス副腎機能の低下によるものと言われています。

70925410■アドレナル サポート ハーブ フォーミュラ

ストレスや疲労が続くと副腎から分泌されている副腎皮質ホルモンのコルチゾールの分泌が減少していきます。副腎皮質ホルモンのコルチゾールはエネルギーを作り出し、ストレスに対抗する重要なホルモンです。ハーブ アドレナル サポート フォーミュラにはストレスにより疲弊した副腎機能を改善するハーブが4種類含まれている副腎疲労のためのハーブです。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=42873023

 

adrenal-630

過度のストレス
ストレスは人間関係や経済の問題など精神的なものばかりではなく、大気汚染や化学品などの毒性や栄養不良などの肉体的なストレスもあります。特に過度のストレスと栄養不良が重なると副腎機能は低下してしまいます。

70925410■ストレスホルモン コントロール 30 タブレット
コルチゾールは血糖値や血圧を上げる作用があります。残業やストレスを多く抱えるとコルチゾールの分泌量が増え、夜になっても眠れなくなってしまいます。「ストレスホルモン コントロール」はこのコルチゾールの分泌を減少させることで、夜眠れない、寝つきが悪いといった症状を軽減させ、慢性疲労を和らげてくれます。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=22654705

 

栄養不良
加工食品やファーストフードを食べがちな現代人。野菜なども昔ほど豊と言えない土壌で栽培されているものが多いため、栄養も十分に摂るのは難しくなってきているようです。副腎に必要なビタミンB群、ビタミンA、ビタミンCビタミンE、マンガンや亜鉛などが十分に摂取できてない場合も多いでしょう。そして炭水化物の摂り過ぎは副腎に良い影響を与えません。またカフェインや砂糖、飲酒も副腎を傷めてしまいます。

慢性疲労を自然療法で改善するには?

NG事項―刺激物を避ける
・砂糖や甘いもの:砂糖は一時的に血糖値を上げますが、その後低血糖を引き起こし慢性疲労を悪化させます。

sweets 070218-630
・カフェイン:カフェインは一時的に疲労を回復させてくれますが長期的にみるとカフェインの取り過ぎは副腎機能を低下させ慢性疲労を悪化させます。
・暴力的な映画など:怖いニュース、大音量の音楽、激しい運動、口論などの興奮状態は副腎ホルモンの過剰分泌により起こるので、これら必要のない刺激は避けましょう。

食生活
栄養のバランスを取りましょう。朝ごはんにタンパク質を摂る事によって、血糖値の上昇と降下を抑えることが出来ます。またファーストフードなどは避け、小麦粉やお米も精製されてないもの、水も質の良いものを選びましょう。

疲労の改善
・朝鮮人参:疲労には効果的ですが、威力が強いため、血圧が上昇したり眠れなくなる事もあるので、注意が必要です。
シベリア人参
アシュワガンダ(インド人参)

Ashwagandha-630
ロディオラ
マカ
・甘草:血圧を上げる事があるので、ご注意ください。

70925410■アドレナル アダプト
ストレスや疲労が続くと副腎から分泌されている副腎皮質ホルモンのコルチゾールの分泌が減少していきます。副腎皮質ホルモンのコルチゾールはエネルギーを作り出し、ストレスに対抗する重要なホルモンです。 アドレナルアダプトは疲労した副腎の働きを改善して正常なコルチゾールの分泌を促す疲労回復サプリメントです。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=35903982

 

副腎機能の必要な成分は?
ビタミンCビタミンB5ビタミンB12、その他のビタミンB群マグネシウムカリウムなどのミネラル、コエンザイムQ10 など。特にビタミンB12の筋肉注射は慢性疲労を短期間で改善するのに有効です。
また副腎疲労に有効なものとして、動物の副腎そのもののサプリメントをおすすめします。。

70925410■アドレナル リビルダー 150タブレット
ストレスや病気により疲労した副腎はその機能と細胞組織が退化し始めます。アドレナル リビルダーは疲労した副腎と関連した組織の機能の補修と再生を促進する副腎疲労のためのサプリメント。 副腎、視床下部、脳下垂体、生殖腺組織を直接サプリメントから摂取することで、疲労した副腎組織の修復に必要なたんぱく質、酵素、ビタミン、ミネラルなどを摂取することができます。
https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=39294524

細胞の活性化
慢性疲労患者の脳には抗酸化物質のグルタチオンのレベルが低い事が多いと言われています。グルタチオンのレベルを上げるには、L-アルギニンアルファリポ酸CoQ10が効果的で、体内の発電所であるミトコンドリアの機能も上げる働きをします。

胃腸を元気にする
腸は第二の脳と言われていますが、幸せホルモンのセロトニンのほとんどは腸で作られ、腸で保存されています。腸の内壁が損傷を起こすと、リーキーガット症候群や腸透過性になりやすく、そうなると免疫系にも影響を及ぼし、体全体に炎症を起こすリスクが高まります。食品アレルギーを避けて、オメガ-3、L-グルタミン、亜鉛プロバイオティクスなどを摂取しましょう。

生活習慣の改善 リラックス、運動、睡眠

yoga class-630

軽度の運動はストレスの解消と疲労の有効な治療です。簡単な体操や柔軟体操でかまいませんので毎日続けましょう。ヨガ、ストレッチ、呼吸法などを取り入れて事でもストレスの解消になります。夜も寝るギリギリまでのPCやスマホは避け、リラックスできる環境を作り快眠につなげましょう。

エッセンシャルオイルで慢性疲労を改善する方法はコチラをご覧ください。是非併用してみてくださいね。

♥ 処方量や注意点など、「ストレスと慢性疲労」についての詳細はDr.Ozawaのブログ「Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと」で説明していますので、是非お読みくださいね。

ブログはコチラから⇒【ストレスと慢性疲労】

Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと

http://ameblo.jp/dr-oz/

Unknownグルタシールド20160920-03

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. white teeth m

    2016-1-26

    黄ばみにさよなら!一週間で歯を真っ白にする「炭」の歯磨き粉レシピ

    【黄ばみにさよなら!一週間で歯を真っ白にする「炭」の歯磨き粉レシピ】 良い第一印象のためには健…
  2. AdobeStock_100482083-1

    2016-1-23

    とろ~り、冬のごちそう。リークとフェンネルのスープ

    【とろ~り、冬のごちそう。リークとフェンネルのスープ】 あったかいスープは冬の何よりのごちそう…
  3. Slippery Elm m

    2016-1-22

    【スリッパリーエルム】~米国食品医薬品局が認めた定番のハーブ~

    【スリッパリーエルム】~米国食品医薬品局が認めた定番のハーブ~ 日本名はアカニレといい、アメリ…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. carrot seeds
    【精油:キャロットシード】~やわらか肌が欲しい人必見!今使っているクリームに足すだけでOK!~ …
  2. fun exercising
    見た目だけでない!脳も機能も内側から若返らせるには?【運動のススメ】 運動が身体に良いという事…
ページ上部へ戻る