【ジャングルピーナッツ】~アマゾン産れのスーパーピーナッツ!アンチエイジングやがん予防に大きな期待~

jungle peanuts-eyecatch

グルタチオン

【ジャングルピーナッツ】~アマゾン産れのスーパーピーナッツ!アンチエイジングやがん予防に大きな期待~

ジャングルピーナッツは、まさにジャングル、アマゾン(エクアドル)の熱帯雨林に古くから生きてきたピーナッツです。私たちがよく知る普通のピーナッツと同じ種なのですが、普通のピーナッツは粒が揃うように、また味の調整などの為に品種改良を重ねてきたもの。対してジャングルピーナッツは品種改良のない種、昔のまま伝えられている在来品種で、しかも生で食べれるピーナッツなのです。英語では先祖伝来の家財という意味のエアルーム(Heirloom)の種類とも言われています。最近では日本でもエアルームトマト(在来品種のトマト)などの品種を見る事ができるようになったようですが、そのエアルームと同じ意味です。

heirloom tomatoes-630

ピーナッツの原産地は南アメリカで、数世紀前にイギリスの探検家たちが発見して世界中に拡がりましたが、現地の人々は3500年もの昔からピーナッツを食していたそうです。ジャングルピーナッツは、エクアドル~ペルーにまたがる地域に住むアマゾンの原住民の一部族であるアシュア族が収穫したもの。この地域からジャングルピーナッツが世界に紹介されたのはまだ最近の事なのです。

カビ汚染の心配が無い

あまり報告はされていませんが、通常のピーナッツ、穀物、コーヒー、トウモロコシやドライフルーツなどにはカビ汚染の問題があります。調理したり火を加えるので大丈夫と思われがちですが、カビは毒性のあるマイコトキシンという物質を生み出し、加熱しても破壊されません。もちろん病気の原因にもなりえます。

fungi image-630

通常のピーナッツにはマイコトキシンの一種であるアフラトキシンという真菌に汚染されており、肝臓がんなどの原因ともなりますが、ジャングルピーナッツは安全とされる基準値の15倍も下回る数値が示されているので、カビ汚染の心配は無くこの多くの栄養を安心して補給できそうです。

70925410■スルフォラファン SGS
スルフォラファンの研究では抗がん遺伝子と抗酸化物質を作り出す遺伝子活性化させ、強力な抗酸化物質グルタチオンの細胞内での生産を促すことが発見されました。ピロリ菌への殺菌効果、紫外線による皮膚や眼へのダメージを防御、肝臓がん、高血圧、心臓病の予防にも効果的です。
https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=41833511

 

どんな成分が含まれているの?

ジャングルピーナッツには、メチオニントリプトファンを含む8個全ての必須アミノ酸オレイン酸タンパク質、一価不飽和脂肪酸、カリウム食物繊維鉄分、リン、マグネシウムマンガン亜鉛などが含まれています。

どんな働きがあるの?

抗酸化作用が高い
抗酸化作用の高いブルーベリーのORAC値は大変高く9,261ですが、生のピーナッツも他の野菜やフルーツよりも高い3,166という ORAC値を持っています。ORAC値とは酸素ラジカル吸収能の事で、活性酸素を消去する能力を数値化したものです。

70925410■ブルーベリーシロップ 120ml
子供から大人まで。疲れ目に効くブルーベリーシロップはブルーベリー100%!ブルーベリーにはフラボノイド、プロアントシアニンを沢山含まれています。プロアントシアニンは強力な抗酸化物質としてまた目への血行を良くする、静脈を強くする、毛細血管をサポートして血行を良くするなどの働きがあります。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=36994926

 

豊富なレスベラトロール

regular peanuts-630

認知症、糖尿病の予防、美肌効果、アンチエイジング効果で知られるレスベラトロールは、赤ワインに多く含まれている事が有名ですが、ピーナッツ約28gには赤ワイン1杯分程のレスベラトロールが含まれています。ワインが苦手な方はピーナッツで補給できますね。ジャングルピーナッツのレスベラトロール値はまだ明確にされていませんが、通常のピーナッツと同等かそれ以上であろうと言われています。

70925410■レスベラトロール 200mg
多くの市販されているレスベラトロールは1日量で200から600 mcg(マイクログラム)という大変少ないものが一般的でしたが、ダグラスラボのレスベラトロール サプリメント、1カプセルにはレスベラトロール、200mg(ミリグラム)が配合されています。これは約1,000倍から400倍のレスベラトロールに相当します。一粒で赤ワイン312杯分のレスベラトロール!https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=32440663

 

コレステロール値を下げるー抗がん作用
ピーナッツには植物ステロールの一種で、抗がん作用が認められているβ-システロールを含んでいます。研究でもピーナッツの摂取が結腸ガンになるリスクを減少する事が知られています。豊富に含まれるオレイン酸などの一価不飽和脂肪酸に加え、このβ-システロールは血中コレステロール値を下げる働きを持っています。

注意点

ピーナッツはナッツかと思ってしまいますが、実は豆類です。ジャングルピーナッツは生ですので、食べる前6-7時間は水に浸ける事で腹部膨満感を引き起こす糖分を分解します。

ドクターサプリバナー
%e3%82%a2%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
720 カンジダ大-1

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. Pelargonium M

    2015-10-2

    ペラルゴニウム【Pelargonium】~呼吸器感染症に効果がある抗菌・抗ウイルスのハーブ~

    ペラルゴニウム【Pelargonium】~呼吸器感染症に効果がある抗菌・抗ウイルスのハーブ~ …
  2. dandelion tea M

    2015-10-1

    肝脂肪の予防にいい、ちょっと意外な方法

    【肝脂肪の予防にいい、ちょっと意外な方法】 糖分や脂質、アルコールを摂りすぎて、皮下や内臓に中…
  3. aroma therapy m

    2015-9-30

    アロマテラピーとは【アロマテラピーの世界】

    アロマテラピーとは【アロマテラピーの世界】 アロマのレシピの他に「アロマテラピーの世界」という…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. middle-age-man-excercise-m
    【男の更年期】~男性にもあるのです。上手に乗り切る方法とは~ 更年期障害は閉経を迎える頃の女性…
  2. pumpkin-cake
    【焼かないパンプキンタルト】 〜卵、乳製品、砂糖、小麦不使用〜 ハロウィンのシーズンです!街は…
ページ上部へ戻る