【妊娠中の栄養補給】~ママにも赤ちゃんにも必要な栄養とは?赤ちゃんの未来にも大きく影響する重要な事~

pregnant woman 051618-eyecatch

20160920-04

【妊娠中の栄養補給】~ママにも赤ちゃんにも必要な栄養とは?赤ちゃんの未来にも大きく影響する重要な事~

妊娠中のカロリー摂取は通常より300~500程余分に必要になると言われています。もちろん、このカロリーはバランスの取れた食事からが望ましいですよね。妊娠中の栄養状態はお母さんと赤ちゃんの健康にはとても重要なのです。タンパク質、穀物、野菜やフルーツをバランス良く摂り、糖分や脂肪分は控えめに、そして十分な水分補給は、妊娠中の吐き気や便秘などの症状も軽くしてくれます。そして産れてくる赤ちゃんの未来の健康まで影響を与えるのです。

pregnant woman eating healthy-630

ヘルシーな妊娠生活に重要なのは、バランスの取れた食生活、定期的な運動、適切な栄養補給。あとは心穏やかに過ごす事も大切です。

地中海料理がおすすめ!

妊娠中のお母さん、そして産れてくる赤ちゃんにとって、伝統的な地中海料理には嬉しい健康効果が沢山あるようです。

meditteranean dish-630

地中海料理は野菜、そして精製されていない穀物、フルーツ、豆やナッツを中心とし、牛肉や豚肉よりも、魚や鶏肉を食べます。またバターでなくオリーブオイル、塩の代わりにハーブやスパイスを使う料理で、妊娠中の女性にとって安全と言われる食事法です。研究によると妊娠中に血糖値が異常に高くなる妊娠糖尿病にかかる確率を35%も減少したそうです。また妊娠中に地中海料理を食べたお母さんから生まれて子供は喘息やアトピー、アレルギー疾患に罹るリスクが大きく減るという研究も発表されています。

妊娠中に重要な主要栄養素とは?

タンパク質:タンパク質は赤ちゃんの発育、次第に大きくなっていく子宮、赤ちゃんとお母さんをつなぐ胎盤、羊水、血液など様々なところに必要な最も重要な栄養素。特に朝食にタンパク質を摂ることが重要なのです。朝食にタンパク質と炭水化物を摂ることで、つわりの減少や低血糖を防ぐ働きがあります。

70925410■ウルトラプロテイン・グリーン
プロティン(タンパク質)は筋肉や骨、皮膚、血管などを構成するのに必要な成分です。タンパク質が不足すると筋肉が衰え、貧血、免疫力が低下、肌のハリがなくなるなど様々な不調が起こります。タンパク質は胃腸でアミノ酸に分解され体内に吸収されます。アミノ酸は再びタンパク質に再合成されて身体の必要な部分で利用されます。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=111008245

 

炭水化物:炭水化物は玄米、全粒粉の小麦粉、キノア、オート麦、などの穀物や野菜やフルーツなどの摂取が最適です。 砂糖、フルーツジュースなどは血糖値が上がりやすく、妊娠糖尿病にかかりやすくなりますので、できるだけ避けましょう。

食物繊維:食物繊維は血糖値のコントロール、便秘の予防、腸内細菌バランスが良くなる、血圧をコントローするのに役立つなど妊娠中に非常に重要な役割があります。食物繊維を多く摂る女性は妊娠中毒症に罹る確率が、そうでない女性と比べると大幅に低下するという利点もあります。

flax seed 051618-630

脂質:良質の脂肪や油の摂取は妊娠中特に重要で、特に赤ちゃんの脳や神経の発達には脂質が欠かせません。 神経、胃腸、呼吸器、免疫系を始めとする様々な細胞の健康は脂肪酸の影響を強く受けます。 特に魚などに含まれるオメガ3のDHAやEPAの摂取は赤ちゃんのその後の認知能力の発達、行動障害、精神状態などに影響を与え、アトピーや喘息などにかかるリスクも減少します。お母さんの精神状態も妊娠中の脂質の摂取によって出産後まで左右されます。

70925410■オメガ3 DHA, EPA
オメガ3 DHA,EPAは通常細胞膜に貯蔵されていますが必要な時に放出され、炎症を防ぐ、血小板の凝集を不活性化する、コレステロールの体内での生産を低下させるなどの働きがあることから心臓病の予防に重要な栄養素です。皮膚炎(湿疹、乾癬)、リューマチ、糖尿病による神経障害、腸炎、動脈硬化、喘息、アレルギーなど炎症全般の治療にも有効です。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=22375187

 

ビタミンやミネラルは?

葉酸:妊娠初期、特に受胎後21-28日の時期の葉酸の欠乏症は、赤ちゃんの脊髄や神経管の不全を引き起します。葉酸は食事からだけだと不足しがちとなるので、サプリメントで葉酸を補うと良いでしょう。

鉄:鉄は酸素を運ぶ赤血球にとって大切であり、妊娠中に最も不足しがちな栄養素。妊娠中にはお母さんと赤ちゃんの二人とも代謝が活発になりもっと多くの酸素を必要とします。そして血液の量が一気に増えますが、血液の生産が追いつかず貧血になりやすくなってしまいます。妊娠中の鉄の不足は、早産、赤ちゃん低体重と貧血の原因にもなりますので、十分に補給しましょう。

70925410■鉄・お腹に優しいビスグリシネート型
鉄分は女性や高齢者にとって最も不足しがちのミネラルの一つ。鉄分が不足すると疲労、心拍数の上昇、動悸、息切れ、冷え性等の症状が現れますが、これ以外にも脱毛、生理痛の悪化、知覚能力の低減、鬱などの精神障害、白血球の減少と免疫力の低下、不妊、足ムズムズ症候群)、妊娠障害、子供の知能発達障害、行動障害など多くの症状を引き起こします。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=131086124

 

コリン:コリンは神経の発達に必須な栄養素で、その他にも細胞全体を覆う細胞膜、神経伝達物質のアセチルコリンなどの原料になります。アセチルコリンは、骨格筋、心筋、内臓筋などに働きかけ、筋肉を収縮させたり、記憶力や認知能力に関わる海馬の働きなどに関与する神経伝達物質です。妊娠中には胎盤を通して、出産後は母乳から大量のコリンがお母さんから赤ちゃんへ補給されていきます。そしてコリンの不足は赤ちゃんの認知能力の不足を引き起こしてしまいます。コリンは卵、レバー、ぬか、タラ、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜に多く含まれています。コリンフォスホチジルコリン、レシチンなどのサプリメントでも補給するよも良いでしょう。
女性のチンキ小
ヨード:ヨードは主に新陳代謝をになう甲状腺ホルモンの原料として使用されます。妊娠中は甲状腺ホルモンの生産が約50%も高くなるだけでなく、赤ちゃん自身の甲状腺の発達にも必要になります。ヨードの不足は赤ちゃんに甲状腺機能低下症や脳の発達障害をもたらしてしまいますので、ヨード添加の塩、海藻、魚、エビ、貝などを心がけて食べましょう。

pregnant woman in the sun-630

ビタミンD:妊娠中のビタミンD不足は妊娠中毒症、妊娠糖尿病、早産、低体重出産、新生児から青年期までの低身長、その後の糖尿病やメタボリックシンドロームへの罹りやすさなどと関連していることが分かってきています。またカルシウムと共に働き、赤ちゃんの骨や歯の成長にも重要な成分です。日焼け止めクリームを塗らずに20分ほどの日光浴がおすすめですが、日光に弱い方はサプリメントで補給しましょう。

ビタミンB12 :ビタミンB12は葉酸と共に神経の発達やメチル化と呼ばれる細胞の代謝に使用される成分ですが、動物性食品にしか含まれない栄養素なので、ベジタリアンの方はサプリメントで補給しましょう。

newborn baby 051618-630

マルチビタミン・ミネラル:特に妊娠中や授乳中にはビタミンA、B、C、D、E、カルシウム、マグネシウム、鉄、ヨードなどの必要量が増えるので必然的に摂取量を増やさなくてはいけません。また妊娠初期には、つわりにより充分な栄養補給ができないお母さんが多いので、妊婦用にデザインされたマルチビタミン・ミネラルを妊活を始めたときから授乳が終わるまでの期間摂ることで、十分な栄養補給ができます。

70925410■ベビー & ミー マルチビタミン・ミネラル 120錠
「赤ちゃんが欲しい!」という方から「出産後、授乳期」までの女性と赤ちゃんに必要な栄養素が全て含まれた妊娠用総合サプリメント!妊娠初期の葉酸不足は胎児の神経の発達に障害を起し、無脳症と脊椎披裂の原因になりますが、ベビー&ミー 2錠には600mcgの活性型葉酸(メチル葉酸塩)が含まれています。葉酸は妊娠準備中の方にも必須の栄養分。新しくなったフォーミュラには胎児の発育、特に脳や神経細胞の発達に欠かせないコリンが配合されました。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=110141193

 

オメガ-3:オメガ3のDHAやEPAは赤ちゃんの認知能力の発達、行動障害、精神状態、アトピーや喘息などにも影響を与える成分です。

プロバイオティクス腸内細菌はビタミンを製造したり、便通を良くする、免疫力を高める、胃腸環境を整える、カンジタ菌の繁殖を抑える、膀胱炎を予防するなどのお母さんにとって有益な働きが多くあります。

お母さんの栄養状態は赤ちゃんの未来にまで影響するのです。妊活を始めた時からヘルシーな妊娠と、赤ちゃんの健康と成長の為に食生活を見直しましょう!

♥ 処方量や注意点など、「妊娠中の栄養補給」についての詳細はDr.Ozawaのブログ「Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと」で説明していますので、是非お読みくださいね。

ブログはコチラから⇒【妊娠中の栄養補給】

Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと

http://ameblo.jp/dr-oz/

20160920-03
オメガ3DHA EPA
720 フォスホチジルコリン

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. チョコスムージー

    2016-1-9

    デザート感覚!ローチョコスムージー

    【デザート感覚!ローチョコスムージー】 スムージーといえば朝、飲むのが定番ですがデザートの代わ…
  2. Valerian m

    2016-1-8

    バレリアン【Valerian】~睡眠の質を高める人気のハーブ~

    バレリアン【Valerian】~睡眠の質を高める人気のハーブ~ バレリアンはヨーロッパ原産のオ…
  3. blood clots m

    2016-1-7

    気に掛けたい動脈血栓症を教えてくれる3つサイン

    【気に掛けたい動脈血栓症を教えてくれる3つサイン】 血液は心臓から動脈を経て全身をめぐり、そし…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. cold flu
    インフルエンザ、風邪、気をつけていたのにひいてしまった!免疫力を高めてウイルスを撃退する方法。 …
  2. locust pose 2 1-16-17
    【バッタのポーズ】~背中のお肉にさようなら!お腹の調子もスッキリ快調!~ お台所仕事、掃除や洗…
ページ上部へ戻る