放置しては危険な【炎症性腸疾患】! 潰瘍性大腸炎とクローン病を改善する自然療法とは?

IBS-stomach ache-eyecatch

img_cover041

放置しては危険な【炎症性腸疾患】! 潰瘍性大腸炎とクローン病を改善する自然療法とは?

潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患の代表格で、日常生活を脅かす様々な症状を伴います。潰瘍性大腸炎は大腸で炎症を起こしてしまう疾患です。もう一つの代表であるクローン病は主に小腸における炎症ですが、消化系の器官、まさに口から肛門までのどの部分でも炎症が起こりえる疾患です。この二つの疾患には細かい違いはありますが、症状や原因には多くの類似点があります。

潰瘍性大腸炎もクローン病も明確な原因や特効薬もなく、病院へ行くと通常ステロイドやサルファサラジン(抗菌剤と抗炎症剤)、また抗生物質などが処方され、一時しのぎ的に症状を抑える働きはしますが、副作用の多い事も視野に入れておかなければなりません。長期での服用となると、タンパク質葉酸ビタミンCビタミンD亜鉛などの欠乏を招き、自力で回復できなくなってしまいます。

潰瘍性大腸炎、クローン病の症状

nausea woman-630

症状は穏やかな時もあれば、重い時もあり、様々な症状が現れます。下痢、血便、腹部の痛みや痙攣、体重の減少、発熱、貧血、吐き気、疲労、衰弱、口内炎、皮膚や目、また関節などの炎症などがあります。炎症性腸疾患は時に生死にかかわることがあります。高熱、多量の血便、食欲の低下、腹部の膨らみを伴うときには救急病院で診察を受けてください。

潰瘍性大腸炎、クローン病の原因

確実な原因はないとはいえ、いくつかの因子が重なる事で発症すると考えられています。

・欧米型の食事、ジャンクフード、辛い食品、加工食品、砂糖⇒炎症が多くみられる。
・食品アレルギー、過敏性食品⇒胃腸環境を荒らす。
・心理的、肉体的ストレス
・寄生虫、ウイルス、細菌による感染症。
・抗生物質の多用による腸内細菌の異常。
・喫煙、飲酒。
・遺伝的要因。

潰瘍性大腸炎とクローン病の自然療法

≪食事≫

一般的に推奨される食事指導は、高カロリー、高たんぱく、低脂肪、低繊維食ですが、この食事法だとビタミンやミネラルが少なく、栄養が不足してしまいます。また高たんぱくは消化吸収が悪いので避け、傷ついた腸壁に必要なたんぱく質は、調理済のたんぱく質アミノ酸をサプリメントで摂取すると良いでしょう。

70925410■遊離アミノ酸 100錠
アミノ酸は特に筋肉や骨、血管、内臓器官を作る重要な栄養素なので、アミノ酸を補給することで筋肉疲労、筋肉痛を軽減する働きがあります。 またタンパク質の原料だけでなく、アミノ酸単体としても働きがあるものは遊離アミノ酸と呼ばれます。遊離アミノ酸は神経の働きに重要な神経伝達物質やホルモンの原料となることで、正常な脳細胞の働きをサポート。「遊離アミノ酸 100錠」に含まれる19種類のアミノ酸は疲労回復、筋力アップに加えて、肝臓の働きを助ける、肌のハリを保つ、血糖をコントロールする、ストレスを軽減などの他にも様々は働きをもたらしてくれます。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=120898769

 

食品アレルギーや過敏性食品を避けます。血液検査でどの食品にアレルギーがあるかを調べる事もできます。何を食べたかの日記をつけてどの食品は症状が悪化するかなどを書き留め、ご自分に合わない食品を見つけるのもひとつの方法です。

低繊維食となっていますが、食物繊維は腸内環境を整えるのには重要な働きを持っています。生の野菜やフルーツ、豆やぬかは避けますが、調理した野菜や芋類(特にスープ)を食べると良いでしょう。

Italian potato and leek soup with olive oil, parsley and croutons

≪潰瘍性大腸炎とクローン病に良いサプリメント≫

多くの栄養素が劇的に不足するため、高用量のサプリメントが必要になります。

♦ オメガ-3:食生活からオメガ-3が不足し、炎症を引き起こしやすくなっているため、アルファリノレン酸EPAが必要です。

70925410■フラックスシードオイル(有機栽培 亜麻仁油
ダグラスラボラトリーズの亜麻仁油(フラックスシードオイル)は、オーガニック栽培されたの亜麻仁を使用しています。アルファリノレン酸は熱や光に弱く、酸化しやすいため、亜麻仁油(フラックスシードオイル)は低温抽出された製品であることが絶対条件です。DHAは眼や脳の働きに、EPAは心臓や循環器の健康に重要な物質です。またアルファリノレン酸はアレルギーの原因物質や炎症を抑える効果が知られています。https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=78807805

 

ケルセチン:炎症を抑えます。

♦ プロバイオティクス:腸内環境を整えます。

♦ L-グルタミン:腸の栄養源となります。

♦ カテキン:緑茶に含まれるポリフェノールのEGCGには抗酸化作用や抗炎症作用があり、腸炎の改善に有効です。緑茶を飲み過ぎるとカフェインやタンニンにより腸壁があれますので、サプリメントで摂るのが良いでしょう。

♦ 消化吸収不全により食事が取れない方には:ビタミン、ミネラル、電解質が配合され栄養価のバランスの良いサプリメントがお勧めです。

70925410■エレメンタルダイエット
エレメンタルダイエットは、胃腸機能不全患者のための食事管理方法です。 エレメンタルダイエットには、日常の食生活に不可欠なビタミン、ミネラル、電解質が配合され栄養価のバランスよく配合されており、一日に必要な栄養素が全てこれ一つで摂取して頂けます。 胃腸の消化吸収を助けるために、タンパク質の代わりに遊離アミノ酸が配合され、加水分解炭水化物、中鎖トリグリセリドが配合されています。 低アレルギー性を維持するためにタンパク質、ポリペプチド、トウモロコシ、グルテン、小麦、大豆、乳製品が一切含まれません。 エレメンタルダイエットは、食事の代わりとしての栄養補強食品として摂取できるように設計されており、患者のカロリーニーズに応じて摂取量が簡単に調整できます。

 

≪潰瘍性大腸炎とクローン病に良い生薬やその他の自然療法≫

ウコン、スカルキャップアロエ甘草、クロロフィル、マシュマロウスリッパリ―エルムなどが効果的です。

 処方量や注意点など、「潰瘍性大腸炎、クローン病 (炎症性腸疾患)」についての詳細はDr.Ozawaのブログ「Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと」で説明していますので、是非お読みくださいね。

ブログはコチラから⇒【潰瘍性大腸炎、クローン病 (炎症性腸疾患)】

Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと

http://ameblo.jp/dr-oz/

20160920-03
オメガ3DHA EPA
01

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル




  1. herb tea detox m

    2016-2-16

    本格的な花粉シーズン前に!「デトックスハーブティ」レシピ

    【本格的な花粉シーズン前に!「デトックスハーブティ」レシピ】 もうすぐ、いや〜な花粉症の季節。…
  2. bath salt rosem

    2016-2-13

    【バレンタインに心も体も温まるローズのバスソルト!】

    【バレンタインに心も体も温まるローズのバスソルト!】 世界中の女性に愛される香りの代表といえば「ロ…
  3. チョウセンゴミシSchisandra chinensis m

    2016-2-12

    【チョウセンゴミシ】~アダプトゲンハーブといわれる万能ハーブ~

    【チョウセンゴミシ】~アダプトゲンハーブといわれる万能ハーブ~ 中国北部、韓国、日本、ロシア極…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. marshmallow tea
    【マシュマロウ】~身体の外から内からよみがえる!粘液パワーを使いこなす方法~ 丸くてフワフワの…
  2. ladies overweight and slim with logo
    なぜ 減量が重要なの?その理由と方法を教える【身体のためのダイエット術】 テレビや雑誌、薬局な…
ページ上部へ戻る