【食べ過ぎ】が習慣的になってないですか? 食べ過ぎの裏にあるものとは?

share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

img_cover016%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

【食べ過ぎ】が習慣的になってないですか? 食べ過ぎの裏にあるものとは?

毎日の食事は適量ですか?もうお腹いっぱいなのにケーキは別腹とか、残したらもったいないから苦しいけど食べてしまおうなんて事ありますよね。失恋などのショックや、退屈や寂しさを紛らわす為に食べてしまう、気がついたら凄く沢山食べていた…なんて事も。

食べ過ぎて不快な状態になり、後からしまった!と後悔する事は誰しも経験した事があると思います。しかし、こういった食べ過ぎが習慣的になっていると、不快な症状や体重の増加だけではなく糖尿病心臓病などのような重大な病気になってしまう可能性も出てきます。

だからといって食欲を抑えるようなダイエットピルを飲んでしまうと、減量には成功しても頭痛、不安、卒中などの副作用を引き起こすリスクもついてくるので要注意です。

overeating and sick-630

食べ過ぎの原因は様々。ストレス、睡眠不足、不規則な食事、精神的な問題などがあるようですが、食べ過ぎが気になる方は何か思い当たる節があるかもしれません。知らない間につい沢山食べていた、何故か毎回苦しいと思うほどに食べてしまうという方、是非この機会にご自分の食べ方をよく見直してみてくださいね。

70925410■カルム アンド リラックス
リラックスサプリメント【カルム&リラックス】は日々強いストレスを感じていて、イライラする、リラックスできないという方の精神を落ち着かせてイライラや不安症などを改善するためのサプリメントです。また、イライラや不安が原因で眠れないという時にも最適です。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=47824797

 

食べ過ぎを防ぐ方法

水を飲む
食事の前に水を飲みましょう。食事の前にコップ一杯の水を飲む事は、食べ過ぎを防ぐ事ができると研究でも示されています。食事の直前だと胃液が薄まってしまいますので、30分ほど前くらいに飲むと良いでしょう。但し朝の場合、起床時には口腔内に細菌が増えていますので、まずはオイルプリングや歯磨きをして口の中をきれいにしてから水を飲む事をおすすめします。また脳は喉の渇きを空腹と勘違いする事もあるそうです。食間に水を少しずつ補給することでも空腹感を抑える事ができ、代謝も活発にしてくれます。

食事に意識を、そしてゆっくりと
食事をするという事にもっと目を向けましょう。テレビやパソコンを見ながら、または移動しながら食べている方も多いと思いますが、そういった方は意識が食べる事以外に向けられているので食べ過ぎる傾向にあるようです。また食べるのが早いというのも、脳が満腹を感じるのに追いつない状態になってしまいます。よく噛んで味わいながらというのが理想ですね。

ストレスの解消
ストレスによる食べ過ぎ、ありがちかもしれませんね。イライラするからもう食べてやる!なんて最初から食べる気満々な場合もあるでしょうし、気がついたら食べ過ぎていて苦しい、苦しいと思いながらも食べてしまうなど。ストレスが多いとストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールが過剰分泌して、食欲は増加してしまいます。またコルチゾールはインスリンの分泌のバランスを乱すため、インスリンの過剰分泌を起こし脂肪が蓄積されやすくもなるのです。ストレスは様々な病状をもたらしますので解消する術を見つける事は大切です。散歩、ハイキング、ダンス、ヨガなどで身体を動かしたり、歌う、楽器をひく、瞑想する、お友達との楽しいおしゃべりなど、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

精油を使う
精油の良い香りが食欲を自然に抑えてくれるとしたら嬉しいですよね。そんな嬉しい精油はグレープフルーツジンジャーシナモンペパーミントなどです。精油は私たちの嗅覚を刺激して、中枢神経まで届きます。食欲を抑える働きを持つこれらの精油をディフューザーで焚いたり、キャリアオイルとブレンドして手首などに塗布します。また清潔なガーゼやティッシュに1~2滴落として吸引するのも効果的です。気分も上がって心の隙間も埋めてくれるかもしれませんね。

70925410■オーガニック グレープフルーツ
グレープフルーツの香りを嗅ぐと脳内でドーパミンが分泌され、幸福感を与えてくれます。またリンパの流れを刺激し毒素や余分な水分を排出させ、セルライト、浮腫み、リューマチ、関節炎などにも効果的。美容面では美白効果が高く、くすみやしみのケアにも有効です。毎日のストレスや緊張をやわらげてリフレッシュさせてくれる精油です。https://shizenryouhou.com/shop/products/detail/44

 

睡眠不足はNG
食欲は睡眠にも関係しているようです。研究によると、たった一晩の徹夜や睡眠不足も、ホルモンのバランスを崩してしまうそうです。睡眠不足はグレリンという胃から分泌され食欲を増加させる強力な成長ホルモン、そして前述のコルチゾールを増加させ、食欲を抑えるレプチンの分泌は減少させてしまいますので、毎晩7~8時間は寝るように心がけましょう。なかなか眠りにつけないという方は、寝る1時間くらい前から灯りを暗めにしたりゆっくりと入浴するなどリラックスできる環境を作る事をおすすめします。リラックスできる精油、ラベンダーフランキンセンスイランイランローマンカモミールベルガモットなどをディフューザーで焚いたり、カモミールティーなどを飲むと良い睡眠に繋がるでしょう。

70925410■メディカルハーブティ Night time flower (ナイトタイムフラワー)
一日の終わりに飲むのハーブティー。一日の緊張をほぐし、頭の中に溜まったモヤモヤした考えやネガティブな思考を軽減しリラックス効果を与えてくれます。寝付きにくい時や眠りが浅くてお悩みの方にもおすすめです。ラベンダー、カモミール、ホーリーバジル、パッションフラワー、キャットニップ、ローズ配合です。
https://shizenryouhou.com/shop/products/detail/61

banner01-2

【つい食べ過ぎてしまった時の対処法】~その後のケアで断然違う!お腹の不快感を解消する自然療法〜

食べ過ぎのこの時期に心掛けたいこと

睡眠薬に頼らない「眠りのコツ」をお教えします。睡眠不足の積み重ねで起こる病気とは?

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル
  1. shutterstock_ginko

    2015-6-5

    ギンコ【Ginkgo】~古代からの生命力が宿るイチョウのパワー~

    ギンコ【Ginkgo】~古代からの生命力が宿るイチョウのパワー~ イチョウを漢字で書くと古い世…
  2. shutterstock_soursop

    2015-6-4

    ガンと闘う頼もしい食品は?

    【ガンと闘う頼もしい食品は?】 今や3人に1人はガンにかかると言われていますが、私達が普段食べ…
  3. shutterstock_spinach

    2015-6-3

    食べやすくなっても変わらないほうれん草の栄養

    【食べやすくなっても変わらないほうれん草の栄養】 ほうれん草と言えばニンジン、ピーマンと並んで…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. Dr & girl Fecal Transplant M
    【便移植】~腸の健康を取り戻す治療法~ 初めて便移植という言葉を見たり聞いたりした人は、戸惑っ…
  2. veg & fruits juice M
    【消化酵素】~栄養を吸収するのに必要不可欠な成分~ 酵素は全ての細胞に存在するたんぱく質の一種…
ページ上部へ戻る