【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)】~赤ちゃんが欲しい方は特に要注意!自然に改善する方法とは?~

PCOS eyecatch
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

青汁

【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)】~赤ちゃんが欲しい方は特に要注意!自然に改善する方法とは?~

多嚢胞性卵巣症候群は、妊娠可能年齢の6~8%の方に起こると言われる症状で、ホルモンバランスが崩れる事(男性ホルモンが上昇する)により引き起こされます。排卵が起こりにくくなる為、多嚢胞性卵巣症候群の7~8割の女性は不妊の問題を抱え、妊娠をしても妊娠合併症のリスクが高くなると言われています。多嚢胞性卵巣症候群は英語の病名polycystic ovary syndromeからPCOSとも呼ばれています。

pregnant or 630

PCOSの原因

様々な研究により、PCOSは遺伝や後天性とも言われ、内分泌、代謝、環境の問題が関係していると示されていますが、明確な原因は未だ判明していません。

考えられる原因としては、
インスリン抵抗性インスリン抵抗性が高いとインスリンの分泌量が増え、男性ホルモンを増やす要因となってしまう。

軽度の慢性炎症は男性ホルモンの上昇につながる。

などが上げられます。

70925410■イノシトール粉末タイプ
多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の方は男性ホルモンが上昇するのが特徴です。多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の原因の一つであるインスリン抵抗性は、長期間に渡る糖分、主に砂糖のとりすぎが原因ですが、イノシトールにはインンスリン抵抗性を改善させ血糖値を改善する効果があります。 イノシトールは脳細胞や神経に多く含まれており、細胞の外膜を覆っている主成分の一つで、正常な神経の働きに重要な成分です。特に神経の伝達、セロトニン、ノンエピネフリンやコリンの働きにはイノシトールの存在が欠かせません。 またイノシトールには脂肪が肝臓に蓄積しないようにコントロールすることで肝脂肪を予防する働きもあります。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=94768728

 

PCOSの主な症状

生理不順生理が不順になり、また出血量が増える。

不妊:男性ホルモンの上昇により、排卵が起こりにくい。

ニキビ:脂性になり、顔、胸、背中などにニキビができる。

acne on face and back 630

多毛や薄毛:男性ホルモンの上昇により、ヒゲが生える、体毛が濃くなる、また髪の毛は細く薄くなる。

肥満:太りすぎ~肥満になる、また太りすぎの方はPOCSになりやすい。

頭痛:ホルモンバランスの乱れにより引き起こされる。

こういった症状は不妊、メタボリック症候群、内分泌がん、などにつながったり、肥満は血糖値、高血圧高コレステロールなどの症状が起こりやすく、心臓病や糖尿病になるリスクも上がってしまいます。

自然療法でPCOSを改善する

食生活の改善
インスリンの過剰分泌を抑え、正常なホルモンバランスを保つ
白米や精製された小麦粉の使用を止め、発芽玄米や発芽穀物、食物繊維の多い野菜などを食べましょう。ブロッコリー、セロリ、リンゴ、葉野菜などがおすすめです。

牧草飼育の肉類を選ぶ
ホルモン剤が含まれている肉類は、私たちのホルモンのバランスを崩す原因となってしまうので、気をつけましょう。

・食品を保存する容器にBPAなどの環境ホルモンが含まれていない事を確認しましょう。

GI値の低い食品を選びましょう。砂糖、精製された小麦粉、加工食品などは血糖値を上げてしまいます。高い血糖値は男性ホルモンの上昇にもつながるので、GI値の高い食品は控えましょう。ダイエットや糖尿病の予防にも効果的です。

low GI foods 630

コーヒーの過剰摂取は卵胞期にエストロゲンの分泌を増やし、ホルモンバランスが乱れてしまうので、コーヒーは控える事をおすすめします。

ハーブ
ノコギリヤシ男性ホルモンを減少させる働きがあるので、PCOSの症状の緩和に期待できます。

チェストベリー:生理不順や排卵が起こらないなどの問題は、女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が十分でないという原因がありますが、チェストベリーはホルモンのバランスを整えるのに有効なハーブです。

サプリメント
イノシトールイノシトールは、植物や動物、そして私たちの体内でも生成される成分で、男性ホルモンの分泌を減少させる働きを持っています。

70925410■イノシトール(D-ピニトール)多のう胞性卵巣症候群(PCOS)専用
本製品は多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の治療を目的としたサプリメントです。多のう胞性卵巣症候群(PCOS)の方は男性ホルモンが上昇するのが特徴で、その為多毛症、ニキビ、肌の脂症などが引き起こされますが、イノシトールには男性ホルモンの分泌を低減する効果があります。中でも本製品に含まれるD-チロイノシトール、D-ピニトールには男性ホルモン低減効果が高い事が研究により確認されています。クロムやビタミンDもインスリン抵抗性の改善に有効です。研究ではビタミンD 5,000IUとカルシウムを多のう胞性卵巣症候群(PCOS)患者に投与したところ13人中7人に生理が確認されそのうち2人が妊娠しました。 https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=94768627

 

NAC ( N-アセチルシステイン):高い抗酸化作用を持つNACは、研究で男性ホルモンを低減させる効果のある事が確認されています。

運動
運動はインスリン抵抗性や代謝を改善します。肥満を防ぐ事にもなり、ホルモンバランスを正常に保つのにも有効です。週に5日は1回30分程の運動をしましょう。ヨガ、ピラティス、軽いダンベル運動、早歩きなどがおすすめです。

♥ 処方量や注意点など、「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」についての詳細はDr.Ozawaのブログ「Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと」で説明していますので、是非お読みくださいね。
ブログはコチラから⇒【多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)】

Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと

http://ameblo.jp/dr-oz/

メディカルハーブチンキ

【イノシトール】~幸せホルモン、セロトニンを増やして心も健康に~

辛い【PMS】!いつもただ我慢していませんか?自然療法で改善できます!

女性ホルモンのバランスを整える!朝食スムージー

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル
  1. shutterstock_kid

    2015-5-12

    【ADHDの症状と薬に頼らない自然療法による治療】その2

    【ADHDの症状と薬に頼らない自然療法による治療】その2 ”今回はADHD(注意欠陥多動性障害…
  2. shutterstock_spa

    2015-5-11

    アロマテラピーが心と身体に作用するしくみとは?

    【アロマテラピーが心と身体に作用するしくみとは?】 何かとストレスの多い毎日ですが、皆さん…
  3. shutterstock_274607474

    2015-5-9

    フワッフワッ「ホームメイドバター」

    【フワッフワッ「ホームメイドバター」】 バターは買うものと思っていませんか?実はバターも簡…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. cholesterol M
    【コレステロール】~悪玉?善玉?どう違うの~ コレステロールという言葉は、健康診断の時に限らず…
  2. shutterstock_317212289−1
    【ちょっとだけ本格的。タンドリーチキン】 食欲が落ちやすい季節の食欲アップに、スパイスの効果を…
ページ上部へ戻る