【ルチン】強い抗酸化作用は身体の味方!身体のサビつきを防ぐバイオフラボノイド

buckwheat noodles 080917
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

1101

【ルチン】強い抗酸化作用は身体の味方!身体のサビつきを防ぐバイオフラボノイド

ルチンはバイオフラボノイドのひとつで、ビタミンPと呼ばれることもあります。バイオフラボノイドは野菜や果物に見られる植物色素の事で、黄色、赤、青などの色を作る成分ですが、害虫、カビ、細菌から自分を守るという働きもしています。カテキン、アントシアニン、ヘスペリジン、イソフラボンなどもバイオフラボノイドの仲間です。高い抗酸化作用を持つ他、ビタミンCと一緒に摂取するとコラーゲンの生成を促進します。また血流を改善したり、コレステロール値高血圧を下げるなどの働きがあります。

ルチンを多く含む食品

apple peel

・蕎麦
・リンゴ(特に皮の部分)
・アスパラ
・イチジク
・トマト
・きび
・エルダーフラワーティー
・柑橘系フルーツ
・濃い色のベリー類(ブルーベリー、ブラックベリーなど)

どんな働きがあるの?

抗酸化作用
身体をサビつかせる活性酸素を無害化するので、がん、動脈硬化、糖尿病、高血圧の予防や改善をし、アンチエイジング効果や美肌効果にも期待できます。

コレステロール値を下げる
ある研究によると、40~60代の2型糖尿病患者にルチンを60日間、一日に500mg摂取させたところ、LDL(悪玉コレステロール)値が下がった事が報告されています。

血流改善・血管の強化

varicose veinルチンには動脈や毛細血管など血管を強くしたり、柔軟性を促進する働きがあり、血流を改善してくれます。この働きはあざ、静脈瘤、痔の予防や症状改善に役に立ちます。

血栓を防ぐ
動物実験において、ルチンは血液が凝固するのを阻害する事が分かっています。これにより、血栓症を始め、高血圧や動脈硬化、そして生命に関わる心臓発作や卒中などを防ぐ事に期待ができます。

注意点

研究が十分ではありませんが、妊娠中、授乳中の方は、ルチンのサプリメントを摂取するのは控える方が良いでしょう。食品からの摂取は問題ありません。
青汁

【プロアントシアニジン】抗酸化作用はビタミンEの50倍!病気予防や美肌効果が高いポリフェノール

ビーツ【Beets】~血流を促進して心臓を強化する野菜~

【レスベラトロール(Resveratrol)】~若返りだけではない。病気予防に是非ともとりたい成分~

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

Misako

Misako管理者 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. eyebright m

    2016-6-3

    【アイブライト(Eyebright/Euphrasia)】~見直したい目の健康~

    【アイブライト(Eyebright/Euphrasia)】~見直したい目の健康~ PCやスマホ…
  2. body brush M

    2016-6-2

    【ドライブラッシング】~皮膚への刺激でデトックス~

    【ドライブラッシング】~皮膚への刺激でデトックス~ ブラシでカラダをブラッシングするドライブラ…
  3. shutterstock_234970696 m

    2016-6-1

    【ジャガイモ】~知ってびっくり、ジャガイモってヘルシー~

    【ジャガイモ】~知ってびっくり、ジャガイモってヘルシー~ ジャガイモはナス科ナス属の多年草の植…
  1. Swiss chard M
    【スイスチャード(フダンソウ)】~カラフルで栄養豊富な葉野菜~ 日本では不断草(フダンソウ)と…
  2. shutterstock_280737197-1
    【使い方いろいろ。ローズとラベンダーポプリの作り方】 ほんのリ香りやさしい香りのポプリ。キレイ…
ページ上部へ戻る