血流大改善ポーズ!【ショルダースタンド】ヘッドスタンドが苦手な方にはこれからチャレンジしよう!

sunday yoga-eyecatch 072917
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

img_cover016%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

血流大改善ポーズ!【ショルダースタンド】ヘッドスタンドが苦手な方にはこれからチャレンジしよう!

ヘッドスタンドは苦手、または怖くて…という方におススメのショルダースタンドをご紹介します。効果はヘッドスタンドと似ていますが、ショルダースタンドは初心者の方でもとっつきやすいかと思います。いつも頭が上にある私たちですが、少しの間逆にする事で血流は改善し下がった胃腸も頭の方向に向うなど、とても良い刺激を与える事ができます。

ショルダースタンドの効果

・血流改善⇒頭にも血が巡り、脳を活性化。頭痛にも効果的
・首、肩のストレッチと強化
・胃腸を刺激⇒消化の改善
・リンパの流れ改善⇒免疫力を上げる
甲状腺、副甲状腺、前立腺を刺激
神経に働きかける⇒イライラ、鬱、不安、不眠症を改善
・心を落ち着かせ、リラックス効果やストレス解消

 ホメオパシー
ホメオパシー デトックスコンビネーションです。毒素の排出をサポートすることで正常な内蔵機能、免疫能力を促進、自然の浄化能力を高めます。また停滞、もしくは炎症したリンパ腺の機能を回復させます。リンパ腺の流れを促進することで、手足、リンパ腺、内臓の腫れを減少させます。
https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=32140566

 

やり方

先ずは鍬(すき)のポーズから

plow pose 072917

1.床に仰向けに寝ます。両手は身体の横で手のひらは床側に向けましょう。

2.息を吸いながらお腹の筋肉を使って脚を上げ、足の裏が天井に向いた90度の角度まで上げます。

3.そこから腰を手でささえながら持ち上げ、脚は頭の上側の床につま先をつけます。
(ここで両手を床の上に戻し、手を組んだら鍬のポーズです。)

4. 両手で腰をサポートしながら、両脚を天井に向けてのばします。肩から足の先まで一直線になるように行ってみましょう。

shoulder stand yoga class 072917

5. ヒジの位置は肩の幅でキープします。このままのポーズでゆっくりと呼吸を10~20回ほど繰り返しましょう。

6. 戻る時は一旦、ゆっくりと鍬のポーズに戻します。腕を床の上、手のひらを床に付けたら、背骨の上の方から少しずつゆっくりと床に落としながら、両脚が床から天井に向かう2.のポーズまで戻ります。息を吐きながら両脚を床に下しましょう。

legs up on the wall 1 072917

▼TIPS!▼

最初は肩から足の先まで一直線にならないかもしれませんが大丈夫です。無理をせずに少しずつ練習を重ねましょう。壁の前で行うのもよいでしょう(レッグス・アップ・オン・ザ・ウォール:壁にお尻をつけ、壁に沿うように足を天井に向けて伸ばします。)背中の下に毛布を折りたたんで敷くと少し楽に行えます。毛布の厚みや位置は調整しながら行ってみてくださいね。

legs up on the wall 2 072917

レッグス・アップ・オン・ザ・ウォールはベッドの上でもできます。寝る前に行うととてもリラックスできるので、是非トライしてみてくださいね。

注意点

首、背中、腰に故障がある方、心臓に問題がある方、高血圧や緑内障の方、頭痛、妊娠中、生理中の方はこのポーズはお控えください。また、他にも身体に故障のある方は必ずお医者さまの指示に従って行ってください。
20160920-02

ビーツ【Beets】~血流を促進して心臓を強化する野菜~

【ヘッドスタンド】~血流改善と集中力アップのポーズ~

見た目だけでない!脳も機能も内側から若返らせるには?【運動のススメ】 

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. shutterstock_elderberry

    2015-3-3

    エルダーベリー【Elder】

    エルダーベリー【Elder】~ヨーロッパではとても親しまれている万能ハーブ~ エルダーベリーに…
  2. shutterstock_vegan

    2015-3-2

    ビーガンを成功させる10の秘訣

    【ビーガンを成功させる10の秘訣】 ベジタリアンを目指していろいろな食事法を試みたものの途中失…
  3. shutterstock_balm

    2015-2-27

    切り傷、おむつかぶれにも。安心して使える天然万能バームの作り方

    【切り傷、おむつかぶれにも。安心して使える天然万能バームの作り方】 赤ちゃんから大人まで、家族…
  1. Lemons M
    レモンをもっと活用しましょう! ビタミンCやフラボノイド(抗酸化物質)が豊富なレモンは、心臓病…
  2. Sunday Yoga
    股関節を大事にする4つのポーズ 股関節は骨盤と大腿骨をつなぎ、身体のバランスや歩行などに大変重…
ページ上部へ戻る