夏だけではありません!死に至る事もある怖い【脱水症状】とは?

dehydration-eyecatch
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

青汁

夏だけではありません!死に至る事もある怖い【脱水症状】とは?

暑い夏、沢山汗をかいて脱水症状が起こりやすい季節ですよね。しかし、脱水症状は季節に関係なく起こります。水を飲むのも忘れる程忙しかった、旅行中などに安全な飲み水が見つからなかった、また、何らかの原因で下痢や嘔吐をしてしまうと、短時間で身体から水分やミネラルがどんどん排出されてしまいます。

水には体温を調節、老廃物を排出、食糧をエネルギーに変換、栄養吸収や細胞に栄養素や酸素を運ぶ、正常な腎機能の維持など色々な役割があるのです。

脱水症状とは?

woman drinking water

身体から水分が排出され、補給されずに水分が足りなくなる状態が脱水症状です。水分と一緒に、身体に必要な電解質(体液中の塩分で、主にナトリウムやカリウムなどのミネラル)まで排出されると、身体の色々な機能が働かなくなりあらゆる症状が出てきます。電解質が特に必要な身体の部分は脳、中枢神経、筋肉と言われており、脳の85%、筋肉の75%、血液の83%は水分でできている為、水分が不足すると頭も身体も働きが悪くなり、死に至る場合もあります。

特に赤ちゃんは代謝率も高い上に、喉が渇いた事を伝えたり、自分で飲むこともできません。また、高齢者も食が細くなっていたり、身体が動かない為に自分で水を取りに行けない、喉が渇く感覚がわからなくなる事もありますので、赤ちゃんと同様に、周りの人が十分に気をつけなくてはなりません。

また、大人でも暑い環境で働いている人、肉体的な仕事をしている人、アスリート、何らの病気で下痢や嘔吐がある人などは特に、水分補給を念頭に置くべきでしょう。

guy sweating

脱水症状の種類

身体から失われるものの種類により、3種類に分けられます。
♦ 高張性脱水―水分が不足する場合
低張性脱水―電解質、とくにナトリウムが不足する場合
等張性脱水―水分と電解質両方が不足する場合
それぞれの種類に、軽度、中度、重度と段階があります。身体の約70%は水分(体液)でできていますが、その10%が不足すると重度と考えられています。

どんな症状が起こるのでしょう?

脱水症状になるとどんな症状が出てくるのでしょう?喉が渇くという現象以外に、頭痛、疲労感、めまい、吐き気、便秘、痙攣、動悸、筋力の低下、排尿回数の減少などが起こります。赤ちゃんや幼児の場合は、泣いているのに涙が出ていない、3時間以上もオムツが濡れていない、眼や頬、頭頂部が少しくぼんだ感じ、元気がない、または逆にイライラと過敏になるなどがあげられます。

baby crying

脱水症状にならないためには?

日常的に水を飲む習慣をつけましょう。
喉が渇いたと感じなくても、マメに水分補給をしましょう。個人差や諸説ありますが、一般的に1日に必要な水は約1.5リットルと言われています。暑いところにいる人、運動量が多い人などは、それ以上に飲む方が良いでしょう。しかし飲み過ぎると、血液中の塩分が薄くなり、体液を元の状態に戻そうとして水分を多く排出し始め、結局は脱水症状になってしまう場合もあり、ただ水を多く飲めば良いというものでもありませんのでご注意ください。

水分の多い食品を摂る
« 水分の多い野菜 »
セロリ、キュウリ、レタス、白菜、大根、トマト、カブ、キャベツ、ピーマン、アボカドなど

« 水分の多いフルーツ »
柑橘系フルーツ、キウイ、イチゴ、スイカ、メロン、パパイア、パイナップル、グレープなど

« その他 »

coconut water 050417

ここ何年か人気のココナッツウォーター、ココナッツミルク、コンプチャ(紅茶キノコ)の他、ハーブティー、レモンハニー水などもおすすめです。

これらの食品を個別に食べるだけでなく、ブレンドしてスムージーにしても楽しく水分補給ができますよ。

※スポーツドリンクには大量の糖分や人工甘味料、また香料などの添加物を含むものもあります。またアルコール類、過剰な塩分やカフェインも脱水症状の原因となりますので、ご注意ください。
Unknown

【ポータベラ】~お肉の代わりにスーパーキノコ~

【カリウム(Potassium)】~多くても少なくてもNG、標準値をキープしよう!~

~ああ、後悔・・・何であんなに飲んでしまったの~【二日酔い対処法】

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

Misako

Misako管理者 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. FB&記事バナーのコピー eyecatch

    2017-9-12

    Naturopathyの「メディカルハーブショップ」がオープンいたしました!

    Naturopathyの「メディカルハーブショップ」がオープンいたしました! 「本物が欲しい。…
  2. shutterstock_paleo diet 4

    2015-2-10

    【注目のパレオダイエットをシリーズで紹介】その3~食べて良いもの 食べてはいけないもの~

    【注目のパレオダイエットをシリーズで紹介】その3~食べて良いもの 食べてはいけないもの~ シリ…
  3. shutterstock_body lotion

    2015-2-9

    ローズ・ボディモイスチャライザーのアロマレシピ

    【ローズ・ボディモイスチャライザーのアロマレシピ】 ツヤツヤのみずみずしいお肌を保つために毎日…
  1. Potassium M
    【カリウム(Potassium)】~多くても少なくてもNG、標準値をキープしよう!~ カリウム…
  2. Pine cone and leaves M
    【精油:ブラックパイン(Black pine)】~松の香りで呼吸器や痛みを改善~ ブラックパイ…
ページ上部へ戻る