歳を重ねると身体はどう変化していくの? 自分や家族の為にも知っておきたい加齢に伴う現象あれこれ。

aging woman in the mirror-eyecatch
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

グルタチオン

歳を重ねると身体はどう変化していくの? 自分や家族の為にも知っておきたい加齢に伴う現象あれこれ。

鏡の中の自分の姿を見ると、シワも増えたしくびれもなくなってきてて…、あーイヤだ!本も読み辛いし、階段の昇り降りもしんどくなってきた等々、ある程度年齢が行くと誰しも感じると思います。

身体のほとんどの機能は30歳前にピークを迎え、その後緩やかに低下していくそうです。もちろん遺伝、病気、環境、ライフスタイルなどにより個人差はありますが、どのような変化が起こるのか知っていれば、心と身体の準備ができるかと思います。今日は加齢に伴う一般的な変化をご紹介しましょう。

骨、関節、筋肉、脂肪

osteoporosis

骨密度が低くなり、骨が弱く、折れやすくなります。骨量のピークは25~35歳と言われ、その後緩やかに骨密度が低下していくのですが、特に女性は閉経後、骨密度が低下するスピードが早まります。また骨に必要なカルシウムビタミンDの吸収力も低下。脊椎の一番上の部分が変形すると頭部が前に傾き、喉を圧迫して食物を飲み下す事が困難になり、窒息などのリスクも高くなります。また筋肉や、筋肉を骨と結ぶ腱、関節の力や柔軟性が失われていきます。腹筋運動や腕立て伏せなどの筋肉を強くする運動を定期的に行う事で、筋量の損失を防ぐ事ができます。寝込んでしまうと筋力を失うのは早く、取り戻すのには時間がかかってしまうので注意が必要ですね。
更に脂肪の量は75歳までに若いころの2倍になると言われ、加齢に伴い体重も増加すると糖尿病などのリスクも上がってしまします。

目-視覚

水晶体が硬くなり、近くのものに焦点を合わせるのが難しくなります。いわゆる老眼です。暗いところでも見えづらくなったり、水晶体の色も黄色がかってきます。黒目の部分が硬くなり、瞳孔の反応も悪くなるので、明るさによってピントが合いづらくなったり、眩しい光にも敏感になってきます。加齢による目の病気は、白内障、緑内障、黄斑変性症などです。

耳-聴覚

old lady-hearing loss

長年に渡り大きな音を聴く環境にいた方の耳はダメージが大きいそうですが、そうでなくても60歳以上の方の3人に1人、85歳以上だと約半数の方に難聴が見られると言われています。耳道(耳の穴から鼓膜に至るまでの管)は狭まり、鼓膜は厚くなって、高周波の音が聴こえ難くなったり、騒がしい場所での会話の聞き取りが困難になったりします。

口と鼻-味覚と嗅覚

一般的に50代で味覚や嗅覚が衰え始めると言われています。舌にある味蕾(食べ物の味を感じる小さな器官)の感覚が繊細でなくなり、鼻の内側の臭いを感じる膜も薄くなって、乾燥してきます。唾液の分泌が少なくなるドライマウスは、味がよく判らなくなる原因のひとつのようです。また加齢により歯茎が後退し、エナメル質も薄くなってしまう事から歯は感染しやすくなり、虫歯を引き起し、最終的に抜け落ちてしまいます。ドライマウスは更に喋る、飲み込む、味わう事が困難になります。口腔がんは高齢者によく見られる病気ですので、日ごろから歯の検査やクリーニングを定期的に行う事をおすすめします。

脳と神経

old man playing chess

脳内の神経細胞が減少してきます。加齢による身体の変化は脳の機能にも影響を及ぼし、通常反応や行動が遅くなるので、例えば着替えなどの時間が長くかかります。70歳を超えると言葉がなかなか出てこなかったり、ついさっきの事を憶えていなかったり、新しい事を憶える事が困難になるなどの事が始まります。

心臓

若い頃に比べて、心臓や血管は硬くなり柔軟性もなくなるので、ポンプ機能が低下してきます。動脈の中に脂肪が蓄積していると、血の流れは悪くなり、高血圧にもつながってしまいます。

消化機能

senior man stomach pain

他の身体の部分に比べると加齢があまり影響しない部分ですが、やはり消化も遅くなり、便秘がちになる方も多いようです。またラクターゼという乳糖分解酵素が十分に分泌されなくなる為、乳製品を摂取すると上手く消化ができなくなり、膨満感を感じたり、ガスが溜まったり下痢になったりします。

腎臓と膀胱

加齢により、腎臓は多くの細胞が減って小さくなります。30歳頃から血液をフィルターする機能も低下し、糖尿病や高血圧などの慢性的な症状がある場合は、腎臓を傷めてしまいます。65歳以上の3割は失禁を経験した事があると言われますが、失禁の原因は様々で、肥満、便秘、慢性的な咳などがあげられます。

睡眠

睡眠も浅くなっていくようです。75歳以下でも夜中に数回目覚めてしまう方もいます。

生殖機能

senior couple

女性は閉経を機に女性ホルモンは劇的に減少し、卵巣や子宮は縮み、膣の組織は薄く柔軟性がなくなってしまいます。胸も柔らかくなる為、触診による乳がんの発見が難しくなります。対して男性は、女性ほど劇的な変化はありませんが、男性ホルモン、そして精子の数は減少し、緩やかではありますが性的欲望も減少してきます。

肌や髪

加齢により皮膚は薄く弱くなり、柔軟性も低下し、青あざもできやすくなります。自然の皮脂も減少するので、肌は乾燥します。長年に渡り太陽の光を浴びていたり、喫煙をしていると肌へのダメージも多く、そうでない人に比べると肌の老化は著しくなります。また、肛門周辺の皮膚がたるむスキンタグという症状も珍しくありません。
また髪も細く弱くなります。白髪になったり薄くなったりするとより老けて見えることもありますね。

♥ 誰にでもやって来る加齢に伴う色々な症状。とはいえ、ちょっとため息が出てしまうかもしれませんね。しかし整形やボトックス注射などで若返る事よりも、楽しく年を重ねて行きたいものです。
次回は、その方法をご紹介したいと思います。
img_cover005 のコピー

5千年の歴史と伝統のアーユルベーダで使われてきた【ボスウェリア】、そのアンチエイジング効果が今注目されています。

【フィトケミカル】植物って凄い!がん予防やアンチエイジング効果が大きい植物の恵み。

ゴジベリー【Goji】~美容とアンチエイジングでセレブ達も納得の効果~


Misako

Misako管理者 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. shutterstock_53102656

    2016-4-8

    【イランイラン】~あの香水でも有名な男性を魅了するハーブ~

    【イランイラン】あの香水でも有名な男性を魅了するハーブ アジアの熱帯地域を原産としたバンレイシ…
  2. shutterstock_372300460

    2016-4-7

    社会の救世主?わずかな昼寝が健康を守ってくれる。

    【社会の救世主?わずかな昼寝が健康を守ってくれる。】 睡眠不足はイライラや集中力低下の原因にな…
  3. shutterstock_223233166

    2016-4-6

    【ビタミンC】たくさん飲めば効果的なの!? 効果を最大限にするには?

    h2>【ビタミンC】たくさん飲めば効果的なの!? 効果を最大限にするには? 最も…
  1. Motherwort M
    【マザーワート(Motherwort)】~女性とハートに効くハーブ~ マザーワートの歴史は…
  2. honey with honey comb M
    【本物?フェイク?ハチミツの見分け方、知ってますか?】 ハチミツはヘルシーで身体にもお…
ページ上部へ戻る