ギリシャ神話の英雄が、傷の治療に使っていたハーブ【ヤロウ】その苦みは胆石にも効果的!

yarrow eyecatch
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

630 カレンデュラ

ギリシャ神話の英雄が、傷の治療に使っていたハーブ【ヤロウ】その苦みは胆石にも効果的!

ヨーロッパが原産のキク科の多年草ヤロウは、3000年前から生薬として使われてきた大変古いハーブです。ヤロウの学名(Achillea millefolium)は、ギリシャ神話の英雄アキレスが、傷の治療に使った事に由来しており、実際にも傷の治療として使われています。アメリカ先住民たちは傷、感染症、止血に、中国の漢方医は腎臓、脾臓、肝臓を始め身体全体の気の流れを良くする生薬として利用してきました。また生理にまつわる症状緩和にも役に立つことから「女性のハーブ」とも呼ばれています。

yarrow field

和名は西洋ノコギリソウと言われるだけあって、ヤロウの葉は細かい羽状でギザギザとしており、初夏から初秋にかけては白~薄ピンクの花を咲かせます。線路脇や塀沿いなどにも見られ、乾燥にも強く、水はけが良ければ栄養の少ない土地でも育つ強いハーブです。

どんな働きがあるの?

 消化促進、胆石に
ヤロウの苦みと脂肪酸は胆汁の流れを促進する働きがあり、消化を助け胆石の形成を予防します。また酵素の分泌を刺激するので、食欲を増し消化も促進してくれます。

 抗炎症作用
ヤロウに含まれるセスキテルペンラクトンやアルカミドと呼ばれる成分は、炎症を抑える働きがあり、関節炎やリューマチの治療に効果があります。

 風邪やインフルエンザに

cold-girl

ヤロウは最も発汗作用のあるハーブのひとつと言われており、高熱、風邪インフルエンザの治療に役立ちます。解熱にはエルダーフラワー、ペパーミント、カイエン、ショウガ、ボーンセットとブレンドすると一層効果的です。

 傷や湿疹に
消毒作用があるので、煎じ薬や軟膏として傷や湿疹の手当に使われます。

 収れん作用
カビ、ホコリ、花粉などによる鼻水や涙目などのアレルギー症状を抑える効果、そして下痢の症状を緩和してくれます。

使い方

yarrow tea

 ヤロウの葉は調理しても生でも食べられます。苦みがあるので、サラダに少し散らすと良いでしょう。
 ヤロウティー:大さじに1~1.5に熱湯を注ぎ、3分程抽出します。
 チンキの作り方はコチラをどうぞ。
メディカルハーブチンキ

注意点

発疹や、肌が日光に敏感になる恐れがありますので、長期に渡るご利用や過剰な摂取はお控えください。敏感肌の方はヤロウに触れる際にもご注意ください。妊娠中、授乳中の方のご利用はお控えください。
PMSサポート 630

【胆石の治療】~発症するととても痛い予防が大切な病気~

キャッツクロー【Cat’s Claw】~WHOも認めた抗炎症効果~

インフルエンザ、風邪、気をつけていたのにひいてしまった!免疫力を高めてウイルスを撃退する方法。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. shutterstock_edamame

    2015-2-25

    枝豆が大豆より栄養豊富って知っていましたか?

    【枝豆が大豆より栄養豊富って知っていましたか?】 日本ではビールやお酒のおつまみとして枝豆はと…
  2. shutterstock_kava

    2015-2-24

    カバ 【Kava】

    カバ【Kava】~宗教的な儀式にも使われる神秘的なハーブ~ 南の島々に住む地元住民が熱帯植物の…
  3. shutterstock_baby sunbathing

    2015-2-23

    【最近「ビタミンDの重要性」が話題になっています!】 その2

    【最近「ビタミンDの重要性」が話題になっています!】 その2 今回は前回その1の続きで、レポー…
  1. Lemons M
    レモンをもっと活用しましょう! ビタミンCやフラボノイド(抗酸化物質)が豊富なレモンは、心臓病…
  2. Sunday Yoga
    股関節を大事にする4つのポーズ 股関節は骨盤と大腿骨をつなぎ、身体のバランスや歩行などに大変重…
ページ上部へ戻る