【血糖値と認知能力の関係】他人事ではない!血糖コントロールは糖尿病と診断されてなくても大切! 

blood sugar-dementia eyecatch 033017
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

cm%e3%82%b3%e3%82%a2

【血糖値と認知能力の関係】他人事ではない!血糖コントロールは糖尿病と診断されてなくても大切!

糖尿病じゃないから血糖値なんて関係ない!と思っていませんか?血糖値を正常に保つことは糖尿病と診断されなくても、長年使う私たちの肉体にとってとても大事な事、特に脳の働きにも関係していると聞けば、他人事ではありません。

blood sugar test

アメリカでは人口の1/3が糖尿病予備軍と言われています。また認知能力に関して危惧を感じている人は65歳以上で9人に1人にのぼり、実際に認知能力の問題を抱えているのは520万人とも言われています。血糖値が高い人は60歳を過ぎてから認知能力に問題が出てくるリスクが高く、空腹時の血糖値が正常値範囲内ではあっても高めであれば、晩年に認知症になるリスクがあるという研究も報告されています。

血糖値と認知能力の関係とは?

 フリーラジカルによるダメージ
血糖値がどの様に私たちの認知能力と関係しているのでしょうか。血液中に増加してしまった糖は酸化しやすく、たんぱく質に付着し始めます。この糖とたんぱく質が連結したものはフリーラジカルの一種で、心臓と脳の動脈の壁にどんどん張り付いていきます。研究の結果、認知症の高齢者の脳は、フリーラジカルによる酸化ダメージを受けている事が分かり、認知能力の低下と糖の関連がある事が示されたのです。

 アミロイドプラーク(老人班)の沈着

shutterstock_378962893

アミロイドプラーク、日本では老人班ともよばれるたんぱく質の一種です。認知能力の低下は、このアミロイドプラークが脳に多く沈着する事で起こると言われています。何故このプラークが蓄積されてしまうのかについては諸説あるようですが、一般的にはインスリン分解酵素が足りないのが原因と考えられています。インスリン分解酵素は、過剰な糖分を運ぶインスリンと沈着したアミロイドプラークを取り除く働きをするのですが、糖やプラークが多くなり過ぎると、インスリン分解酵素が足りず、その働きが間に合わなくなってしまうのです。

血糖値をコントロールして脳の働きを維持するには?

 食生活の改善

green salad - blood sugar

クリーンな食を心掛けましょう。特に中年の肥満は危険な事が沢山です。
食物繊維の多い食品、野菜類、ナッツ類、豆類、ベリー類、魚類、たんぱく質、精製されていない穀物を摂りましょう。急がずよく噛む事も大切です。
・赤味の肉、甘いお菓子、バター、チーズ、揚げ物は避けましょう。ドライフルーツや調味料などに含まれる糖分にもご注意ください。

 運動
筋肉を強化する事は、ブドウ糖の処理能力を上げます。血糖値コントロールに限らず、適度な運動はストレス解消にもなり、健康維持と促進に必要です。毎日の習慣にしたいですね。

exercise - blood sugar

 サプリのサポート
プロテイン-植物性のたんぱく質には血糖値を改善する働きがあります。
ギムネマ-アーユルベーダ医療では古くから血糖値のコントロールに使われてきました。
ベルベリン血糖値、中性脂肪を減らす働きがあります。
バコパ-アーユルベーダ医療で神経をサポートし、セロトニンレベルを上げ、脳を活性化してくれます。
オメガ-3-コレステロール値を下げ血液をサラサラにし、炎症を抑える働きもあります。

70925410■バイオギムネマ
ローズマリーの中でもソフトで優しいタイプのローズマリーベルべノンは、細胞を再生する能力がある事でも知られています。頭をスッキリさせ記憶力を上げるなど脳への効果もあり、また冷えた心を暖め失った自信を取り戻してくれます。ローズマリーに含まれるカンファーは、喉や肺の詰りをクリアにする働きもあります。
https://usa-dr-supple.shop-pro.jp/?pid=56449079

 

血糖値は加齢と共に上がっていく傾向にあるので、糖尿病を抱えている人に限らず、定期的にチェックをしてコントロールして行けば、認知能力を始め、色々な病気や症状を未然に防ぐ事ができます。ライフスタイルを改善し、健康的な食事や運動を毎日コツコツと積み重ねて行くことが大切ですね。
img_cover041

【糖尿病】~生活習慣病は改善できる!新しい習慣を身につけ血糖値をコントロールしよう!~

【オート(Oat Straw)】~神経を癒し、コレステロールや血糖値も正常にする~

【アルツハイマー病】~アルツハイマー病と砂糖の関係~

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

SHOP MENU
ハーブティ
ハーブエクストラクト
サプリメント
エッセンシャルオイル
  1. shutterstock_kid

    2015-5-12

    【ADHDの症状と薬に頼らない自然療法による治療】その2

    【ADHDの症状と薬に頼らない自然療法による治療】その2 ”今回はADHD(注意欠陥多動性障害…
  2. shutterstock_spa

    2015-5-11

    アロマテラピーが心と身体に作用するしくみとは?

    【アロマテラピーが心と身体に作用するしくみとは?】 何かとストレスの多い毎日ですが、皆さん…
  3. shutterstock_274607474

    2015-5-9

    フワッフワッ「ホームメイドバター」

    【フワッフワッ「ホームメイドバター」】 バターは買うものと思っていませんか?実はバターも簡…
SNS
FACEBOOK
TWITTER
LINE
INSTAGRAM
PINTAREST
メディカルハーブチンキ DETOX
ハーブの力で内側からデトックス
メディカルハーブティー DETOX
  1. cholesterol M
    【コレステロール】~悪玉?善玉?どう違うの~ コレステロールという言葉は、健康診断の時に限らず…
  2. shutterstock_317212289−1
    【ちょっとだけ本格的。タンドリーチキン】 食欲が落ちやすい季節の食欲アップに、スパイスの効果を…
ページ上部へ戻る