辛~い【花粉症】、シーズン前に知っておくべき自然療法あれこれ

hay fever eyecatch
share onShare on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone

img_cover018%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

辛~い【花粉症】、シーズン前に知っておくべき自然療法あれこれ

花粉症の症状といえば、立て続けに起こるくしゃみ、止まらない鼻水、鼻づまり、目や鼻、耳の中のムズムズ感や痒み等々辛いものが沢山です。頭の中もスッキリせず、集中力もなくなり、仕事や学校など日常生活にも大きく影響を及ぼしてしまいます。そんな時、皆さんはどう対処していますか?

アレルギーの原因

アレルギーは、特定の食品の摂取、特定の動物のフケ、花粉、ホコリ、カビ、胞子などを吸い込んだ時に引き起こされる過度の免疫反応です。空気や水も汚染され、食品添加物も多くなっている近年、私たちの身体はアレルギー反応を起こしやすくなっており、若い頃は何ともなかったのに、年を取って初めて花粉症になったという方などもおり、花粉症も年々増加しているようです。また、副腎や消化機能が落ちている時もアレルギー反応が出やすくなる傾向があります。

cedar pollen

お薬に頼っていますか?

早く症状を抑えたいという事で一般的に使われる医薬品の抗ヒスタミン薬は、頭痛、めまい、かすみ目、便秘などの副作用があり、緑内障、前立腺肥大症、排尿トラブルの症状を悪化してしまるリスクがあります。
またステロイドは抗ヒスタミン薬より副作用がひどく、高血圧、胃や腸からの出血、筋肉の成長が乏しくなるなど危険な副作用が伴います。

チンキのコピー

自然療法的アプローチ

 マメなお掃除
カーペットやソファーなどにマメに掃除機をかけたり、ベッドカバー、枕カバーなどベッド周辺のものを最低週一回はお湯で洗濯をするなど、周りからアレルゲンを除去する。

 摂るべき食品は?
・魚類やフラックスシードオイルオメガ-3不飽和脂肪酸は炎症を抑える
・緑黄色野菜
・タケノコ、キャベツ、ビーツ、ニンジン
・玉ねぎ、ニンニク、ショウガ、ワサビ
・水を沢山飲む:水分が十分にあると、鼻の粘膜を排出しやすくなる。

onion and garlic

 避けるべき食品は?
・アルコール、カフェイン、乳製品、チョコレート
・バナナ、柑橘系フルーツ
・ピーナッツ
・赤味の肉
・砂糖
・小麦

 サプリ
ケルセチン/ヘスペリジン:バイオフラボノイドは自然の抗ヒスタミン薬、アレルギー仲介物質の分泌を抑制
ビタミンC抗ヒスタミンバイオフラボノイドの効果を促進
ネットル:抗炎症、抗アレルギー
オメガ-3:抗炎症

 ハーブ

nettle

ネットル:抗炎症、抗アレルギー
レッドクローバー:抗アレルギー
当帰(トウキ/ドンクアイ):抗ヒスタミン、抗炎症
アイブライト:粘膜の詰りや分泌を軽減、くしゃみや目の痒みなどに効果的
・ギンコー:バイオフラボノイドの働きにより抗酸化と抗炎症
ミルクシスル:抗炎症、抗アレルギー、肝臓の働きもサポート
・ヤロー:粘膜の詰りや分泌を軽減

70925410■メディカルハーブティ Allergy (アレルギー)
抗酸化、抗アレルギー作用とヒスタミンをブロックしてアレルギー症状を軽減します。また飲み続けることでアレルギーの症状を出にくくしてくれます。皮膚や目のかゆみ、鼻水、鼻詰まり、くしゃみや喉の痛みなど各種アレルギー症状が出ている時や、花粉症シーズン前に。ハニーブッシュ、ネトルなど7種類のハーブをブレンド。
https://shizenryouhou.com/shop/products/detail/55

 

 ホメオパシー

homeopathy girl

ヨーロッパでは確立しているホメオパシー医療は、極限まで希釈されたレメディーという物質が使われます。化学的に作用するのではなく、生命エネルギーに働きかけ人間の自然治癒力を引き出す医療で、アレルギー治療にホメオパシーが効果的であるという数多くの研究があります。適切なレメディーは素早い症状改善が見られ、危険な副作用もないので、小さいお子さんから高齢者、妊娠中の方まで使用できます。
・アルセンアルブ
・アリウムケパ
・アルンド
・ユーフラシア
・サバディラ
・サルファー
などが花粉症の症状に有効なレメディーです。

「花粉症」についての詳細はDr.Ozawaのブログ「Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと」で説明していますので、是非お読みくださいね。

http://ameblo.jp/dr-oz/entry-10405359383.html

Dr.Oz自然療法専門医のひとりごと

http://ameblo.jp/dr-oz/

オメガ3DHA EPA

【ケルセチン】~痛み、アレルギー、そして心臓にも!多くの病気の始まりである炎症を抑える。~

なぜ体調がすぐれないのか?それは【枕が原因!?】かもしれない!

【キャラウェイ】~花粉症やアレルギーからくる咳に効く!過敏性腸炎を持つ方にも~

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

Misako

MisakoMAGAZINE 編集責任者

投稿者プロフィール

父の教えにより子供の頃からマクロビを実践。薬の怖さ、予防医学や食生活の大切さを叩き込まれる。現在はLAでマクロビをベースにヨガと瞑想を行い、体と心の健康をさらに高める毎日を送っています。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. shutterstock_edamame

    2015-2-25

    枝豆が大豆より栄養豊富って知っていましたか?

    【枝豆が大豆より栄養豊富って知っていましたか?】 日本ではビールやお酒のおつまみとして枝豆はと…
  2. shutterstock_kava

    2015-2-24

    カバ 【Kava】

    カバ【Kava】~宗教的な儀式にも使われる神秘的なハーブ~ 南の島々に住む地元住民が熱帯植物の…
  3. shutterstock_baby sunbathing

    2015-2-23

    【最近「ビタミンDの重要性」が話題になっています!】 その2

    【最近「ビタミンDの重要性」が話題になっています!】 その2 今回は前回その1の続きで、レポー…
  1. Lemons M
    レモンをもっと活用しましょう! ビタミンCやフラボノイド(抗酸化物質)が豊富なレモンは、心臓病…
  2. Sunday Yoga
    股関節を大事にする4つのポーズ 股関節は骨盤と大腿骨をつなぎ、身体のバランスや歩行などに大変重…
ページ上部へ戻る